縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年7月 4日

ご近所のよしみで、Tシャツの絵をたのまれたが、さて。

08070401.jpg

同じ町内にあるボタン問屋ビルの一階が、こじんまりした画廊だ。ふだんは、ファッション系の小物などが展示されている。
この夏も恒例の「Tシャツ展」が催される。場違いな「マウスで描く絵」のシャツも若い人の作品?にまぜて、出品したいとのことだ。

で、マイドキュメントにかねて死蔵のアイデアをひっくりかえして、思いつきのオリジナル薬味を少々ふりかけてみた。珍味ゲテモノバージョンとしては、異色作じゃろう。

たとえば、この見返り美人ねこは、シャツの背中にプリントしたらどうだろう。

08070402.jpg

夏が来れば、恐竜たちも、立ち上がって腰を振り踊るのだ。

08070403.jpg

08070404.jpg


家にモデルの駄ネコ(源氏名をブータンという)がいるせいか、どうしても、ついネコの絵を描いてしまう。ネコの伸びをするすがたはかっこいいが、ぼくのデッサン力ではとても及ばない。
以下は、ネコだらけ。

08070405.jpg

08070406.jpg

08070407.jpg

08070408.jpg

08070409.jpg

これは、意欲の新作だ。白ねこが虹ねこに。ぬりえボディペインティングするねこ。
あ、そうそう、悪乗りで、黄色と黒のタイガース模様もおもしろいかな。トラキチねこも描いてみるとするか。

08070410.jpg

続いて、トラキチ専用は、優勝決定ニコニコバージョン。

08070411.jpg

08070412.jpg

08070413.jpg

08070414.jpg

つぎは、まだあっためているマル秘のアイデアを、こっそりと。
いま京阪電車が売り出し中の「八軒家船着場」は、新線開通まで、まだ人気が閑散としている。
八軒家船着場の「ゆるキャラ」候補として、ぼくなりに、二頭身の河童をかんがえている。

ここだけのハナシだが、大川には、いつのころからか、数十匹の河童、「がたろ」とも名乗るが、生息している。かれらは、人目をしのんで、音を立てず深夜だけ泳ぐ。

08070415.jpg

08070416.jpg

大川の河童たちは、年に一度、遊泳大会を開く。デンマークからお興しいれしてきたアンデルセンの人魚姫像が、天保山のサントリーミュージアムの水辺に放置されている。河童たちは、大川を下って、人形姫にキッスする。一番は、どの河童か。

かれらは、河童のくせに水中眼鏡をかけている。
おしなべて、泳ぎが下手で遅いので、淀屋橋河畔のミズノさんに特注して、いま大評判の英国製に劣らぬ水着を着せてやりたい。
もちろん、競泳の際は、水の抵抗をさけるために、甲羅を取り外せるようにせねばならない。などなど、極秘のうちに思案中だ。

投稿者 nansai : 2008年7月 4日 15:30