縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年7月15日

かぼちゃ爆弾、大阪に投下。

08071501.jpg

63年前の夏、大阪に落とされた「かぼちゃ爆弾」とは、原爆模擬爆弾のことだ。
昭和二十年七月二十六日、米軍は、大阪を空襲し原爆投下予行演習のため、ずっしりと重い一万ポンドの模擬爆弾を一発、B29から投下した。どこに落とされたかは定かでない。大阪は、すでに大半が焼け野が原だったのに。

八月に迫った世界初の原爆投下を成功させるため、米軍はB29乗員の訓練に余念がなかった。摸擬爆弾の丸い形も色も、かぼちゃに似ていて「パンプキン爆弾」と呼ばれた。
制空権をにぎり成層圏を悠々と飛ぶB29爆撃機に、広島に投下される原爆と同じ重量(セメントを入れた)の爆弾を積み、米軍は日本の各都市への空襲の際にくりかえし落として本番に備えていた。

原爆開発の当初の目標だったナチスドイツが降伏した後、さて、瀕死の日本のどこに原爆を落とすか。
いきさつをネットで調べてみた。

一九四五年五月十二日、ロスアラモスのオッペンハイマー博士のオフイスに、なんと8人もの博士号を持った関係者たちが集まって、会合をもち、非人道的な血の凍るような原爆の効果的投下を議論していた。
極秘の議事録参照。

08071501.jpg

投下目標候補の筆頭にあげられていたのが、意外にも京都だった。
人口百万。直径3マイル以上の大都市で、加えて日本文化の中心であり、住民たちはこの爆弾の重大性を認識するだろう。というのが、理由だった。
京都危うし。
原爆の効果を試したい委員会のメンバーには、古都の歴史とか文化財は、何の意味も持たなかったのだ。

京都以外に、広島、横浜、小倉、新潟の4っの都市があげられていた。皇居への投下も、議題に上った。

この目標選定会議で決められたことは、次のとおり。
投下にあたり日本への最大の心理的効果を重視する、原爆の最初の投下の重大性を国際的に報道し知らしめる。
そのため、爆撃は、日中、晴れた日に実施する。通常爆撃でまだ破壊されていない都市を狙う。そして、爆弾の爆風効果が最大化できる地形を選ぶ。

原爆投下目標地を決める極秘議事録によれば、この博士号を持った専門家グループは、こんな結論を出した。
京都は、住民の知的水準が高いから、原爆の重大性を理解するだろう、広島は地形的に戦果をあげやすい、皇居のある東京は、ほかのどの目標よりは話題性があるが、戦略的にはみるべきものがない。

この委員会では、一般市民への人道への配慮はまったくなく、冷酷無残不遜きわまりない。
その後、政治的配慮など紆余曲折あって、京都はリストからはずされた。しかし、執拗に京都への投下をせまったのは、開発責任者のグローブ将軍だった。
かれは二ヶ月も粘りに粘って主張したが、退けられた。その代わりに長崎がリストアップされた。
東京を除外すべきでないという意見も、広島への投下以降も、あったらしい。

08071502.jpg

13歳のぼくは、当時、投下目標都市小倉に近い下関にいた。中学二年生で、空腹と下痢、ノミとシラミに悩まされながら、本土防衛のため海岸陣地構築に駆り出されていたのだ。といっても、マツ材を立てならべただけの、爆弾一発で吹っ飛ぶ、横穴の機関銃座だったが。
小倉からは、下関は海峡をこえてすぐ眼と鼻の距離だ。
高高度を銀色のB29が飛び、レーダー撹乱のための
キラキラしたアルミ箔を撒き散らす。ぼくらは、口を開けてぽかんと見つめていた。
米軍から見れば、小倉は、兵器工廠があったのと、関門海底トンネルへの核攻撃に興味があったらしい。一切の情報から隔絶されていたぼくらは、知らぬが仏。

昭和二十年、米軍は十一月から南九州上陸作戦を開始する手はずを整えていた。上陸支援のため、xデーまでに7発の原爆が準備される予定だった。中学生のぼくらの掘っていた海辺の木造陣地の運命やいかにだ。

「あの戦争を伝えたい」布川庸子著(かもがわ出版)という、切り絵の美しい薄い文集を書店で求めた。そのなかに2ページだが、「京都への原爆投下計画」が紹介されていた。
詳しい史実が知りたくて、グーグルで検索してみると、60年前の極秘資料などが、でてくるわ、でてくるわ。

08071503.jpg

昭和二十年、ドイツ敗戦後の日本は、世界を敵に回し孤立無援だった。
絶望的な状況下にもかかわらず、ポツダム宣言を「黙殺」し、一億玉砕、国体護持などととなえ本土決戦を呼号した。一方で、ソ連に停戦の仲介の望みを託したが、連合軍には暗号解読され交渉はつつ抜けだった。
ぎりぎり土壇場まで無条件降伏を躊躇した日本は、なんとも非常識な国際政治オンチぶりをみすかされるなかで、悲惨きわまる原爆人体実験の口実をアメリカに与えてしまったのである。

政府は、本土決戦に備えるよう「一億玉砕」と大号令した。「人命優先」、「国民の幸福」など、字引にはなかったのだ。
昭和十九年から二十年のあいだの一年に、日本はおそらく200万人以上を失ったのではないか。
最優先課題は、国体の護持だった。
徹底抗戦し、あのまま戦争を継続したら、日本はどうなっていたか。連合軍からみれば、無差別に原爆を使用する正当な条件がととのってきていた。
世界が見えず降伏を先延ばしした国家指導者たちの責任は大きい。

さて、21世紀、党利党略のみで権力を握り、歴史に学ぶ能力のない指導者たちは、同じ轍を踏んでいるように思える。歴史は、繰り返されるのか。

投稿者 nansai : 2008年7月15日 11:44