縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年7月24日

この暑さ、何とかならんのか?

nansai080724-2.jpg

猛暑に立ち向かうのに、日本古来の打ち水の習慣が見直されてきたようだ。
ヒートアイランドよ、さらば!地球の温度が二度さがるとかで、地球温暖化に対抗しようという市民運動?が全国的に呼びかけられ展開されてきた。

ならばと、大阪では、市も乗り出してきた。打ち水から一歩進んで、近くの八軒家浜船着場で、市の水道局のミスト(霧)散布作戦が始った。

え、これはなんじゃろ。
船の着く川べりに、物干し竿みたいなわくがたてられ、パイプの穴から、けむりのようなものが噴出しているではないか。看板の説明では、圧力を加えた水道水をパイプのアナから散布して、人工的に霧を発生させるのだそうな。

nansai080724-1.jpg

へえ、効果があるのかいな。
ものずきなぼくは、朝、誰もいない大川の岸で、しばらく、様子をみていた。
こりゃあかんわ。
日がかんかん照って、川風が吹く水辺では、人工霧は、文字通りあっという間に雲散霧消してしまうから、気温がさがるわけがない。
気温30度以上、湿度70%未満の条件で、霧を発生させる設計らしい。水をさすわけではないが、残念ながら、アイデア倒れか。
大川端のような開けた場所では、ぼくは、ちょっと無理とみたが、市長さんも、水道局長さんも、現場で確かめてほしい。



投稿者 nansai : 2008年7月24日 15:24