縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年7月25日

七月 わが輩はライオンである。

nansai080725-1.jpg

また、天神祭りだ。今夜は、宵宮か。むちゃくちゃ暑いな。
わが輩は、ライオンである。もう60年間も、難波橋のこの橋柱に座っている。体重は花崗岩で18トン。全部で4頭。で、この橋は通称「ライオン橋」とよばれてきた。ふるくは浪速橋とも。
歴史は古い。木製の橋が一本、豊臣時代からかけられていた。

祭りの喧騒をよそに、目を閉じてタイムマシーンにのってみよう。
ここは、土佐堀川と堂島川にわかれるところで、昔は眺めもよく涼しかった。信じがたいことだが、夕涼みの名所だったのだ。橋のたもとには、茶店が出て、氷水、ぜんざい、夏でも甘酒を売っていた。

nansai080725-2L.jpg

橋のかいわいは、諸藩の蔵屋敷が軒を連ね、それを取り巻く問屋街が繁栄をきわめていた。川幅はいまよりひろく、船が通れるように太鼓橋のように、桁下を高く、かなり反ったつくりになっていたという。

大阪の夏は、うだるように暑い。平成のいまは、あまりの暑さに、夕涼みが楽しめなくなった。何でや?大阪府環境白書にくわしい。

むかし、人々は、大川端に集まり、この橋の周辺は絶好の夕涼みの場だった。遊山船があつまり、橋の上は夕涼みや花火見物の人々でいっぱいだったさまが、当時の図会でわかる。
むかしもいまも格差社会だ。
落語の「遊山船」や「船弁慶」では、橋の上下の掛け合いが面白く語られている。

nansai080725-3L.jpg

川にはたくさんの船がうかんでいる。
「えらいこっちゃ、大水が出て、家が仰山流れてきた。」
「違うがな、あれは大屋形やがな」と、長屋の連中のやりとり。
金持ちは、屋形船を浮かべて、芸者をあげ、一ぱいやりながら、涼をたのしみ、貧乏人は、橋の上からうらやましげに指をくわえて見下ろすだけだ。屋形船の障子の開け閉めから、中の様子、ごちそうや、乗っている芸妓が気になるのだ。

江戸時代は、空気が澄んでいたとみえ、橋の上から、兵庫県三田市の有馬富士がみえたそうな。この橋は、東西の眺望がよく、橋の上から16の橋が見え評判だったと記録にある。

nansai080725-4L.jpg


投稿者 nansai : 2008年7月25日 13:57