縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年8月 5日

昭和二十年の日本になにが起きたか?

nansai080805-1.jpg

八月になると、昭和二十年、敗戦の年(終戦ではない)を思い出す。暑い夏だった。
旧制中学二年生のぼくは、本土決戦に備えて関門海峡の海岸で、陣地といえばきこえはいいが、横穴壕を掘っていた。壕内にともされていたアセチレン灯のくさいにおいを思いだす。

ドキュメンタリー「ヒロシマナガサキ」(スティーブン・岡崎監督)の取材陣が、東京の街頭で、若者たちに、昭和二十年の日本になにが起きたかと聞いてまわった。さあと、顔を見合わせるだけで誰も答えられなかった。地震?と聞いた子もいた。戦争が起きていたことも、核爆弾が投下されたことも、教えられていなかったのだ。

63年前、満身創痍の大日本帝国は、二発の原子爆弾の投下でとどめをさされた。
この年は、日本の歴史始まって以来、日本人の生命が最も多く失われた年だ。兵士だけでなく、市民も巻き込んで、その数、おそらく死者200万人以上。たった一年たらずのあいだにである。(ちなみに、イラク戦線の米軍の七月の戦死者は7名。)

この年、200万人の生命が、日本の戦争指導者が、無条件降伏に逡巡したために失われた。
あの悲惨な戦争の実相を、中国、ビルマ、フィリピン、ニューギニア、太平洋の島々で、からくも生き残った兵士たちに取材した貴重なテレビ番組がある。NHKのドキュメンタリー証言記録「兵士たちの戦争」だ。ことしも、8月にまとめて放送される。

かろうじて死を免れ、生き残った兵士たちは、みな90歳近くで、各地方の精鋭師団に所属していた。
若いひ孫のようなNHK地方局女性記者の取材に応じ、戦闘の悲惨な地獄絵を語る際には、日本人独特の不可解な微笑みをうかべながらのオーラルヒストリーだ。

nansai080805-2.jpg

戦争をめぐるあらゆる議論は、このような貴重な証言を、聞いてからはじめるべきだろう。同時代に生き、学徒動員されたぼくだが、戦争の実相にについては、まったく、無知であることを思い知らされた。
敗け戦のいくさばなしは、あまりに悲惨で語られることはない。生き残った元兵士たちも、沈黙したまま墓場へもってゆくつもりが、ひ孫のような記者の取材を受け、ようやく重い口を開いた。稀有な資料となった。

おびただしい数の昭和史が、書店に並んでいるが、このフィルムに記録された兵士たち(市民の声は入っていない)の証言はあまりに重い。後世に語り継がれるだろう。この検定の必要のない第一級の史実こそ、まず歴代の首相も文部科学相も、向き合うべき生きた教科書なのだ。


投稿者 nansai : 2008年8月 5日 14:47