縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年10月24日

山椒魚は、流されて仰天した。大阪人の土石流パワー。


山椒魚は、突然、体が浮きあがったので驚いた。人の波に押されて、そのまま、駅のホームに投げ出された。

nansai081024-1.jpg

遅い夕方の地下鉄ラッシュアワー、山椒魚は、いつもの満員電車の入り口に立つ。次の駅で、乗客がどっと降りるから、必ず座れるはず。
「一歩中へ、おすすみください」と車内アナウンスされるが、ぎゅうぎゅう詰めで身動きできない。つかまるつり皮もバーもない。

次の駅梅田に着いた。
いっせいに出口に進もうとする乗客の流れに逆らって、山椒魚は一歩肩をなかにいれようとした。
それが無用な抵抗で、あっという間に人の波に押し流され、からだがうきあがってしまった。あれは、人ではなく水流だな。土石流のような勢いだ。
突き飛ばされ、ホームでうつぶせに倒れた。幸運にも頭は打たなかったが、左の腰をしたたかに打った。
おそろしい一瞬の人の波は、足早にすぐに消えた。

かっこわるかったが、山椒魚は、なにごともなかったように起き上がって、突き飛ばされた入り口からのこのこ入りなおして、腰をさすりつつ、あいた席に座った。車内のだれも気づいている風はなかった。

年老いた山椒魚は、ちくちくいたむ腰をさすりながら、反省した。
ここは、大阪である。無理は、自業自得である。
人の情けとか、惻隠の情とかに甘えてはならん。すべて自己責任なのだ。あいてて、後悔は先にたたずだ。

なにしろ、ひき逃げもひったくりも放置自転車も、すべて、日本一の「わが町」である。
曽根崎署の横でクルマに跳ねられ三キロも引きずられて亡くなった人もいる。オデッセイ?に乗っていたた犯人は、いまだに捕まっていない。

投稿者 nansai : 12:20

2008年10月23日

阪神まいった!


岡田監督「悲しき胴上げ」
と、サンスポの見出しは容赦ない。
胴上げされて監督が号泣した。「しやない」悲しき退陣、と小見出しが追い討ちをかける。

nansai081023-1.jpg

好投の岩田を引き継いだ藤川が、またしても宿敵ウッヅに、打たれてはいけない本塁打を浴びた。まっすぐは、読まれていたのだ。今年のタイガースは終わった。
頑固なまでの正攻法で、最後もゼロでおわってしもた。最悪の終戦。おわってみれば、「世紀のV逸&二年連続CS第一次敗退」。いかにもタイガースらしい。

茫然自失、ぶんむくれトラキチおっさんの図である。

nansai081023-2.jpg

逃げた魚は大きいが、ふりかえれば、なに、シーズン前の大方の予想通り?いや、それよりましだったなあ。オカダはん、ごくろうさんでした。

新政権になって、春が来て、それからトラキチ好みの長い冬が始るだろう。ことしがんばった主力選手が、後期高齢者ぞろいだからなあ。

海の向こうでは、いよいよワールドシリーズだ。
岩村のいる躍進レイズは、ことし改名した。
毎年、万年どん底で、ついたあだ名がなんと「ドアマット」。踏みつけられてたまるかと奮起した。


投稿者 nansai : 14:53

2008年10月15日

十月十六日

いよいよきょうから
「マウスで描いたBLOG絵を
Tシャツに刷ってみました展」を、
ほんねきの丸善ボタン画廊で。ひっそりと。

nansai081015-1.jpg

もともと、このサイトは、伝統的な日本語の漢字かな混じり文をウエブ上でも読みやすく、と、縦組み編集を進める普及活動の一環である。
読みやすさが受け入れられたのか、数少ない読者の友人たちも、すいすいと話のすじを追って(中身がつまらなくても)飛ばし読みしているようだ。
たしかに読みやすさでは、いい感触を得た。
だが、ひそかにぼくがこだわっているマウスで描く絵には注意を払う人が少ない。これは残念。
せっかくアイデアをひねりだしたのに、気がつかない。ま、しかたがないか。

nansai081015-2.jpg

で、今回、長年描き飛ばしたアーカイブから、絵だけ抜き出して20点ほどTシャツに刷ってみることにした。
「マウスで描いたBLOGの絵をTシャツに刷ってみました展」を、ご近所の丸善ボタンギャラリーの軒先を借りて展示する。(中央区島町一丁目一の二 TEL06-6942-2261)
(丸善ボタンギャラリーのリンク先はGoogleMapに設定しています。ストリート・ビュー機能が使えますので界隈の様子をご覧いただけます)

入り口横に洗濯物のようにハンガーにつるしているから、ガラス越しにすぐのぞける。明日から6日間。
ちょうど近くの「北大江公園」で町おこしイベントがはじまるのにあわせて、通りすがりのご町内の衆にみてもらうことに。

だから、テーマは
KITAOOEH PARKが中心。

nansai081015-3.jpg

nansai081015-5.jpg

Tシャツ生地は意外に高価なので、印刷できなかった原画を雑用紙に刷ってならべることにした。
感謝をこめてマウス供養の意味もある。日本には、古来、筆供養、針供養があるのだから。

宣伝活動は、めんどうくさくなったのと、個展の通知をいただくと義理との板ばさみで当惑することが多いから、葉書も刷らず、このサイトだけである。
原則として、一品刷り。あれこれ手続きがややこしいので、販売しないことに。

nansai081015-6.jpg

nansai081015-7.jpg

nansai081015-8.jpg

nansai081015-9.jpg

投稿者 nansai : 17:41

2008年10月14日

この絵巻の絵をTシャツに刷ってみることに。

大恐慌。瀬戸際の危機も、とりあえず回避できたらしい。何が幸いするかわからない。金融立国の波に乗れずもたついていた日本の傷は浅く、これからどうなるかは、神のみぞ知ると専門家がいう。

nansai081014-1.jpg

さはさりながら、美術の秋。
地球規模の金融さわぎの台風一過、思い立って「マウスで描くBLOG絵をTシャツに、試し刷り展。」をご町内の丸善ボタンギャラリー(06-6942-2261)の一角で開くことに。
(丸善ボタンギャラリーのリンク先はGoogleMapに設定しています。ストリート・ビュー機能が使えますので周辺の様子をご確認いただけます)

おりしも、すぐ近くの北大江公園では、京阪電車新線開通を祝い、まちおこしのコンサートなどイベントが目白おしだ。この「WEBマウス絵の試し刷り展」もその一環である。
北大江公園は、ちっぽけな公園だが、想像力をふくらませると、空想上の動物などストーリーを繰り広げられそう。

島町一丁目の丸善画廊で、十月十六日から二十五日まで。ガラス戸の前の軒先三寸を拝借して、20枚ていど、洗濯物のように、ぶら下げる。見栄えはよくないだろうな。
ターゲットは、ご町内、つまり北大江公園界隈と、島町通りをぶらぶら御通行のかたがた。
宣伝活動は、このブログだけ。葉書などでのお知らせはやめた。個展の案内をよくもらうが、義理で来る人に、もうしわけないと思う。

ぴかぴか新品の白地のTシャツは、、ぼくの絵で汚すにはもったいないほどの結構な値段だ。品質はぴんからきりまで。ぼくの描くマウス画は、20枚程度だから、一番安いシャツ生地にに刷ることにした。
原画?はA3の雑用紙にプリントアウトしてならべておく。

nansai081014-2.jpg

このBLOGの絵は、いつもマウスで描いているのだが、スクリーンの透過光でなく、Tシャツに刷ってみることにした。
このBLOGを読んでいる数少ない友人たちは、話の筋には関心があるらしいが、ぼくの苦心?の絵にはほとんど無関心だ。そりゃそうだろう。ウエブ上では、刺身のツマのような存在だから見過ごされてもしかたがない。
ぼく自身が、絵だけ切り離してみてみたいのだ。

投稿者 nansai : 16:36

2008年10月10日

十月九日


八日の株価は、5日続落し、終値は952円安。一日の下落率は、歴代三代目という。
えらいこっちゃ。世界恐慌前夜との説を成す評論家あり、ノーベル賞や野球より、もっと緊急の大事なことがあるやろう、といわれれば、そのとおりだが、

nansai081010-1.jpg

帽子脱ぎ髪をなであげまたかぶる
打たれたときの岡田監督(鳥取県 中村令子)

この歌は、朝日歌壇で見つけた。
このごろ、ぼくも今風の短歌に興味がでてきて、こういうふうにさらっと詠めばいいのだなと感じ入った。作者はダッグアウトの中をよく観察している。テレビの望遠レンズ越しでなければ、オカダ監督のこころのアップは撮れない。
ごくふつうの現代話し言葉を使って、平成のうたがよめるのだ。自然な感じがいい。

そうこうするうちに、昨夜の対巨人戦7連敗で、つかれきったよれよれの阪神は、巨人の若い投手リレーで、ダウンを喫した。意識朦朧の感じだ。
このところ、オカダ監督の帽子を脱ぎ、薄くなった髪をなであげ、無意識にしゃくるようにあごを傾けるジェスチュアが続いた。とうとうマラソンでいえばゴール寸前のトラックでついに追い抜かれた。抜き返す体力はもう残っていないだろう。
スポーツ紙のデイリーは
「陥落。奇跡信じるしかない。」と、141試合目の屈辱と総括している。

nansai081010-2.jpg

「サンスポ」の見出しは、
「何やっとんねん。怒りの虎党」メガホンなげるわ。ユニホーム捨てるわ。大荒れ東京ドーム。
と、情け容赦ない。

13ゲーム差をひっくり返された?
むかしの阪神なら当たり前で、オカダ監督の肺腑をえぐる口汚い野次こそ阪神ファンの本領なのだ。
今岡の守備のへっぴり腰が攻撃されている。
ダンカンはわめく。新井を三塁手にしろと。

金融崩壊で深刻な欧米の海外放送をみると、ノーベル賞で盛り上がっている日本とはだいぶ温度差があるようだ。ほんとに大丈夫なのか。

投稿者 nansai : 11:49