縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年10月10日

十月九日


八日の株価は、5日続落し、終値は952円安。一日の下落率は、歴代三代目という。
えらいこっちゃ。世界恐慌前夜との説を成す評論家あり、ノーベル賞や野球より、もっと緊急の大事なことがあるやろう、といわれれば、そのとおりだが、

nansai081010-1.jpg

帽子脱ぎ髪をなであげまたかぶる
打たれたときの岡田監督(鳥取県 中村令子)

この歌は、朝日歌壇で見つけた。
このごろ、ぼくも今風の短歌に興味がでてきて、こういうふうにさらっと詠めばいいのだなと感じ入った。作者はダッグアウトの中をよく観察している。テレビの望遠レンズ越しでなければ、オカダ監督のこころのアップは撮れない。
ごくふつうの現代話し言葉を使って、平成のうたがよめるのだ。自然な感じがいい。

そうこうするうちに、昨夜の対巨人戦7連敗で、つかれきったよれよれの阪神は、巨人の若い投手リレーで、ダウンを喫した。意識朦朧の感じだ。
このところ、オカダ監督の帽子を脱ぎ、薄くなった髪をなであげ、無意識にしゃくるようにあごを傾けるジェスチュアが続いた。とうとうマラソンでいえばゴール寸前のトラックでついに追い抜かれた。抜き返す体力はもう残っていないだろう。
スポーツ紙のデイリーは
「陥落。奇跡信じるしかない。」と、141試合目の屈辱と総括している。

nansai081010-2.jpg

「サンスポ」の見出しは、
「何やっとんねん。怒りの虎党」メガホンなげるわ。ユニホーム捨てるわ。大荒れ東京ドーム。
と、情け容赦ない。

13ゲーム差をひっくり返された?
むかしの阪神なら当たり前で、オカダ監督の肺腑をえぐる口汚い野次こそ阪神ファンの本領なのだ。
今岡の守備のへっぴり腰が攻撃されている。
ダンカンはわめく。新井を三塁手にしろと。

金融崩壊で深刻な欧米の海外放送をみると、ノーベル賞で盛り上がっている日本とはだいぶ温度差があるようだ。ほんとに大丈夫なのか。

投稿者 nansai : 2008年10月10日 11:49