縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年11月18日

2009年賀状は、猛牛の鼻息で恐慌退散だ。

ジングルベルがきこえてくるのに、暗く重苦しいニュースが多い。世界を覆う金融不安で、海外のテレビニュースやネットを見ると、各国の消費不況、失業の深刻さがわかる。

nansai081118-1.jpg

国内は、首相の漢字能力とか、給付金のくばりかたとか、まだ、どこか間が抜けているのだが。

でも、数週間後に、新年はやってくる。
本屋の店先は、もう年賀状の手本が山積みだ。おめでとうという気分には、程遠いけれども。
さて、来年の干支は、丑である。
希望に満ちてとはいかないまでも、ウシにちなんで、ぼくも年賀状のアイデアをぼつぼつ考え出すことに。

ウシもいろいろだが、英語で雄牛BULLは、もともと強気のシンボルだ。瀕死のウオール街のはずれに3200キロのブロンズ彫刻があるらしい。

nansai081118-2.jpg

で、ウシの鼻息に託してでも、世界恐慌退散を祈ろうと、世界中が自信喪失してどん底のいま、
世直しに雄牛を何とか描いて料理しようと思いついた。
枯れた墨絵の牛もいいが、ここはスペインの闘牛でなけばならぬ。トロという。日本にはいない猛々しさだ。

nansai081118-3.jpg

ところで、究極の雄牛は、なんといってもピカソだ。
力強い名作がいろいろある。
「贋作ピカソ尽くし」をこころみる。謹写しつつ、ありがたくヒントをいただくことにした。
これは、有名なゲルニカから。色は勝手に塗ってしまった。

nansai081118-4.jpg

キャラクターさえきまれば、年賀状のアイデアは湯水のごとくだ。

nansai081118-5.jpg

何だ、パクリじゃないかというなかれ。
かの琳派の「風神雷神」のごとく、後世に伝えるテーマを押し頂いて、ぼくが年賀状に「本歌取り」させていただくのだ。いずれも、勝手にひねり着色した贋作ではあるが、オリジナルなのだ。

nansai081118-7.jpg

描いているうちに、調子がでてきて、ピカソが乗り移ってきたぞ。
ピカソもマウスで描いたら、眼を輝かして新境地を発見したことだろう。

nansai081118-8.jpg

みっともないが悪乗りして、この際、雅号?を、光鼠、つまりピカソに改めて、鼻息荒く、
CHANGEとはどうだ。

nansai081118-7-2.jpg

と、せっかく勢いよくぶち上げたものの後期高齢者の年賀状は、年々辞退者がふえ、出す先がくしの歯をひくようにへってゆくのだ。

投稿者 nansai : 2008年11月18日 14:50