縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年12月26日

十二月二十六日

暗い年末だが、マウスで、そそくさと描いてみた。

img-01.jpg

img-02.jpg

img-03.jpg

img-04.jpg

img-05.jpg

img-06.jpg

img-07.jpg

ウエブのうえで、例年のとおり、干支をテーマの南斎描く年賀状の展覧会、(7点しかないが)、開くことにした。

週刊誌を開くと、大物経済評論家のみなさんは、いっせいに超悲観論を展開している。株価急騰するも、景気どん底、失業者街にあふれる。暴風津波警報だ。
ドルは今以上に暴落、投売りされると予測する大前氏。スピリチュアルカウンセラーEさんもくわわり、「一人ひとりが、手綱を締めなおし、再び正しい道、善き選択をしてゆくことがいま何よりも大切です」と、ありがたいおすすめ。こんなことを活字にしてどうするのかな。

年賀状では、悲観、楽観、強気、取り混ぜて描いた。ピカソの闘牛からのぱくりは、われながら、白眉のできであると、自画自賛。ええかげんにせえ。

大前氏は、日本の1500兆円の膨大な個人資産を使って、いまこそ「国家ファンド」を作れという。世界の優良企業が安く買えるのだ。穀物メジャーや鉱山会社、石油会社を買い叩けと勇ましい。100年に一度の危機は、逆にチャンスなのだとか。
で、この手の空気を読んで、年賀状を作ってみた。
といって、切手を貼って出す先もないから、隣のイタリアン料理店マリアンの壁にならべておいてもらった。
同店は、紺の不景気に、ミュージシャンたちに、プロ、アマチュアを問わず、演奏の場を提供して、満員大当たりである。自慢ののどを披露し、楽器を演奏するささやかなスペースが、求められていたのだ。
知らなかったが、この界隈は、知る人ぞ知る楽器ストリートなのである。
近所のビルにはハープやバイオリンの工房や店があり、有名ミューシャンが出入りしているそうだ。

投稿者 nansai : 2008年12月26日 15:52