縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年1月13日

一月十日 他人事ではないガザは、どうなる?

ガザの戦闘は、市民を巻き添えにした一方的な殺戮になるだろう。圧倒的な火力の差があるからだ。
こどもたちなど無辜の死傷者をこれ以上出さないためには、戦力優位側の一方的停戦しかない。
イスラエルの建国から六十年たつが、もう21世紀なのだ。

09011301.jpg

あれほど優れた民族が、非ユダヤ人との共存を拒否し排斥し抑圧する国家であってはならず、なぜ20世紀の残虐な戦争の愚をくりかえすのか。

原理主義同士のがちんこ勝負だから、大義も正義も、双方、言いつのればきりがない。ただ、これ以上無辜の人々を巻き込んで死なせてはいけないと思う。
昭和二十年の沖縄殲滅戦が思い出される。掃蕩戦に巻き込まれて、せまい島内で逃げ場のなかった20万人もの一般人の犠牲を出した。悪夢をみるようだ。


イスラエル側は、無差別ではなく、隠されている武器や輸送トンネルなど、目標をピンポイントに絞って攻撃しているという。が、巻き添えになる一般人(子供が多い)の死傷者は増える一方だ。
戦力で優位に立つと、兵士たちは、劣勢の敵(一般人をまきこんで)に対して、なぜ、こうも残虐になれるのか。

戦場でなぜ殺戮が起こるか。
おぞましい戦争の歴史をふりかえると、今に始まったことでなく、そこに一定のパターンがくりかえしみえてくる。

一般市民と戦闘員(正規兵にせよ、テロリスト、ゲリラ、レジスタンスにせよ)が、ある区域に追い詰められ、混在して見分けがつかない状態で起きる。
一方的に兵力に格差があるとき、一般人と戦闘員の見境なく、殺戮が起こる。
たとえば、作戦中に味方が殺された場合だ。報復が正当化され、殺戮の名分、言い訳となる。

それがいまガザで起きている。日支事変、沖縄戦、ベトナム戦争、イラク戦争。世界のあらゆる戦場で、それは起きた。
報復を大義が支援すると、感情が燃え上がり抑制がきかず、おそろしいことになる。
9・11がそうだった。
太平洋戦争でも、米軍の無差別爆撃、原爆攻撃の大義は、真珠湾攻撃など、日本の卑劣な行為への報復だ、謝る必要はないと、現在も当時のパイロットたちが証言している。

このような戦闘の大義名分は、当然根深く双方にある。
いまこの手の戦争の武器は、メディアである。
携帯、ユーチューブやフェースブック、テレビを駆使して、それぞれの正義、自軍の戦闘の正当性を世界に向かって主張する宣伝戦争でもある。ネットの力は大きい。とくに、ユーチューブの動画は、24時間、戦闘の模様を伝えている。
双方の言い分はつきることがない。イスラエル側は、ネット上の文字で、パレスチナ側は映像で訴えているとBBCは伝えている。爆撃でけがをしたこどもたちの血だらけの映像が伝える現実のほうが正確で説得力がある、とぼくの目には見える。

撃ちかた、止め。とにかく戦闘は止めねばならない。

だが、戦闘は終息しても、問題は解決しない。
ガザ紛争の根っこには、パレスチナの貧困がある。救いがたい若者の失業がある。高く厚い塀でへだてたイスラエルとの経済格差がある。
国を興す産業がなく、家族を養う仕事がなく、かろうじて国際援助で食ってゆく。そんな状態が長続きしてよいはずがない。なすすべのない若者たちは、どこへゆくのか。

ガザの話題が、いつの間にか、日本の若者労働のことになってしまった。

投稿者 nansai : 2009年1月13日 16:52