縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年1月15日

一月十四日 物忘れと創造性との微妙な関係について

物忘れが激しい。
家では、しょっちゅう、めがねをさがし回っている。
どこにおいたか。大体所定の場所に置き忘れているのだが、さいきんでは、おでこにのせたまま探しまわっている自分に気づいて、がくぜんとすることがある。

09011501.jpg

友人に言わせると、自業自得。めがね歴の浅いぼくははずしていることが多いから、置き忘れたり、扱いがぞんざいなのだ。

このような物忘れは救いがたいが、「ほら、なんといったけなあ、あれ。」といったたぐいの、度忘れというのはきわめて人間的な感覚で、コンピューターやロボットには今のところ決して起こらないそうだ。
ある学者の説では、この度忘れの状態と創造性とひらめきを要求している脳の状態が非情によく似ているらしい。以上は、新進気鋭の脳科学者茂木健一郎氏の本にのっていた。

創造性は、「体験×意欲+準備」だということだ。この意欲とは、度忘れしたことを一生懸命思い出そうとしている状態らしい。
「年齢を重ねるほど、創造性の元になる記憶は豊富になるのですから、年寄ったら、むしろ創造性がたかまってよいはず」と、若い脳科学者はうれしいことをいってくれる。
「経験をたくさん積んだお年寄りが本気で意欲をだすことが、一番すごい」と、岡本太郎や手塚治虫をひいて、茂木博士は断定するのだ。後期高齢者のぼくが言うのではない。最新の理論に裏付けられた俊英の脳科学者のお説なのだ。

09011502.jpg

だが、いいアイデアを思いつくには、当然、これだけでは不十分。ひらめきを得る準備が必要と続き、くわしくは「脳を活化す仕事術」(茂木賢一郎 PHP研究所)を読破するしかない。

投稿者 nansai : 2009年1月15日 15:05