縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年1月27日

一月二十五日 オバマ大統領のスピーチは、まねできないのはなぜか

似顔絵は、しろうと絵師のぼくにとって、なかなか難しく手に負えない技術である。オバマ大統領は特徴はつかまえやすいはずだが、なぜか似てこない。彗星のように現れたかれは、リンカーンのように若くして伝説上の偉人となった。いまやカリスマとなったかれを、ゆがめたり誇張したりしてカリカチュアライズするのが、憚られるほどになった。

09012701.jpg

毎日新聞夕刊のコラムは切り出す。
「それに比べて、と私たちのリーダーを引き合いに出すのはやめよう。」と。
うーむ、そのとおりだろう。

新大統領の就任演説に沸くアメリカは、政治にまだ大きな力と希望があり、一方でそれほど病も深い。オバマは、建国の歴史、社会の葛藤、世界との交わりを語り、将来への団結と責任を説く。
だから、オバマ大統領の演説の表面をまねてもはじまらないと、「近時片々」子はいうのだ。

言葉に力があることをオバマは、選挙中のスピーチで立証した。
さらにインターネット、特にユーチューブで、24時間、増幅されてうねりのように伝わった。新聞を読まず、これまで政治に無関心だった若者層が乗ってきた。危機を乗り切るには、これまでの黒人指導者のように差別撤廃をさけぶのではなく、人種を超えたユナイトを説いた。

オバマの演説の力に驚いた日本のマスコミは、かれを支えるスピーチライターの存在に気づいた。あるワイドショーでは、笑いながら、こんな無責任な提案が出た。わが首相も、スピーチライターを雇えばいいじゃないか、と。

アメリカ歴代の大統領は、お抱えのスピーチライターと草稿を練るならわしだ。
オバマ自身、演説がたくみなだけでなく天性のスピーチライターだ。まる投げにはしない。2004年政界へ躍り出たときの、鳥肌の立つようなスピーチは自分で書いた。
今度ホワイトハウス入りする27歳の片腕の天才スピーチライターを、オバマは自分の「マインドリーダー」と呼んでいる。18ヶ月の選挙運動中の過酷な連日深夜3時までの日程のなかでスキルを身につけた。かれが、大統領の考えを話し合い取材し、二人で4、5回、キャッチボールして練り上げるという。それから最終草稿に仕上げる前に、数週間かけて、3人のスピーチライターチームは、歴史家、スピーチライターにインタビューし、危機の歴史を調べ、過去の就任演説をチェックしたとメディアは伝えている。
ただ「スピーチライターを雇えばよい」では、あのような演説は生み出せないのだ。

ホワイトハウスには、選挙運動中ネットで集めた支持者1400万人のリストがあるそうだ。ITの力により、民意と直接つなげる話し合い回路を持った新しい政治がはじまるかもしれない。
アメリカの自由と平等をめぐる歴史の振動は、津波のように寄せては返すすさまじさだ。民主主義とは言いながら、建国の建前どおりの、けっしてきれいごとの国ではない。

厳しい国情の打開に、みなに責任を求める新大統領の演説の内容は、語りつくされ、演説集が世界中で出版されている。

「それに比べて」とぼやいては、いけないのだろうか。
アメリカにくらべて長い歴史を持つわが国だが、気がつくと国の向かう方向の原点として、オバマが引き合いに出すような建国の精神や英雄がこの国に見当たらないのに、ぼくは憮然としている。
もう神話時代には帰れない。「八紘一宇」も「国体の本義」も「教育勅語」も、もうごめんだが、22世紀にむかって国のすすむべき理想をどう掲げたらよいのだろうか。
来月には、出自のはっきりしない「建国の日」が祝日として訪れてくる。

投稿者 nansai : 2009年1月27日 17:06