縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年2月10日

二月十日

北大江公園一帯は、戦国末期の古戦場だった。ここで信長軍と顕如軍が激突した。「本能寺の変」の十二年前。


09021001.jpg


この石碑は、公園内のどこにも、もちろん存在しない。南無阿弥陀仏。ノミのかわりにマウスを操って、ぼくがバーチャルに建立したものだ。南無阿弥陀仏。
灯台下暗しとは、このことである。目と鼻の先の小さな公園が、石山合戦の古戦場だった。
北大江公園から坐摩神社行宮へかけての一帯は、400年前の戦国時代の砦の跡だったのだ。石碑ひとつ建てられていないのは、どうしたことか。

なにしろ元亀天正の頃、大阪城を秀吉が築く前の話だ。
ここらあたりは「楼の岸」と呼ばれ、砦が築かれていた。「楼」とは、物見やぐらのことである。
石山合戦では、信長、本願寺をあわせると、かなりの数の砦や出城が築かれた。「楼の岸」は、そんな多くの砦のうちのひとつである。

大川から見上げれば、ここは上町台地の北端の要害の地で、元亀元年、顕如率いる石山本願寺と織田信長軍が激突した。
天下統一をうかがう信長を、武田、上杉、毛利、本願寺と、織田包囲網が形成され、各地で戦いを挑んできた。
元亀元年八月、信長軍は、三次三人衆軍と「野田城・福島城」の戦いで対決した。このとき、信長は命じて「楼の岸」に砦を築かせた。敵の長期篭城に備えてのことだ。

09021002.jpg

九月十一日、両城へ攻撃開始。この戦いで、日本で始めての鉄砲を用いた攻防がくりひろげられた。射撃は傭兵の雑賀・根来鉄砲衆が、敵味方に入り乱れて撃ち合った。鉄砲衆は、技能練達のスペシャリスト集団だ。今で言う期間限定の「派遣」兵で、伝来したばかりの鉄砲を携えて戦国大名の戦闘を請負い加勢した。
信長公記は、このときの様子を「御敵見方の鉄砲誠に天地も響くばかり」と記している。
ところが、九月十二日になって、突然,早鐘が打ち鳴らされ、本願寺顕如軍が戦線に参加した。
このまま、敗色濃い三次勢が信長に降れば、次はすぐ近くの本願寺の明け渡しを迫るに違いないと、顕如は危惧したのだ。
顕如みずからが、鎧を着て、信長本陣に襲い掛かり、楼の岸砦には鉄砲を撃ちかけた。中立を装っていた本願寺軍の参戦で、攻守はたちまちにところを変えた。こうして、その後十一年にわたる石山合戦の長い長い戦いが始ったのだ。

09021002.jpg

この砦は、各地の敵に転戦せねばならぬ信長群が引き上げると、封鎖された本願寺への重要な物資揚陸基地となった。ここは、難波津、渡辺津と、古来よりの良港で、海からの救援物資をここから陸揚げしたのだ。封鎖を突破しようとする 毛利水軍と、それを阻止しようとする織田水軍の 海戦がいまも語り草になっている。

やがて、天正七年、石山本願寺はついに信長に屈服し、顕如と教如は、親子対立のまま前後して大阪の地を去ることになる。
本願寺津村別院のウエブサイトには、つぎのように記してある。
「織田信長公との長い争いにより、本願寺は、生みそだててくれた大阪をはなれねばならなくなり、そこで、大阪の門徒は、この地での「お念仏」の灯りをまもるために、天満に近い「楼の岸」に新しい坊舎を建立しました。」と。
のちに、現在の津村の地に移るのだが、当時の坊舎の位置は、石町坐摩神社行宮のあたりではないかと推測するむきもある。
五木寛之氏の著書「宗教都市・大阪前衛都市・京都」にも、「楼の岸」の地名がみえている。

にわか地元史家のぼくは不勉強で知らなかったが、「楼の岸」は知る人ぞ知るで、詳しく研究している先達のサイトも数多くあるようだ。教えられるところが多い。
ぼくは、何の気なしにぶらぶらサーチしていて、たまたま、ネット上でこの地名と初めて出会った。参考文献にも出合えた。
公園は、毎日近道して横切っているのに。


長編時代小説「楼岸夢一定」は、直木賞作家の佐藤雅美が、蜂須賀彦左衛門正勝の生涯を描いている。
正勝は、「小六」の名で親しまれている。

09021003.jpg

天正四年、この地で、51歳のかれは門徒一揆の大軍に先陣を切って突っ込んだ。気がついたら敵の首を一番多くあげ、「楼岸一番の槍」と褒めたたえられる鬼神のごとき働きを信長の馬前で見せて、陣羽織を拝領した。

小六は、晩年ここに屋敷を立てて住み、病の床から、過ぎし日々を回顧する。楼岸の小六の屋敷は、淀川を借景として建てられている。
「久しぶりで淀川を眺めてみたい」と、小六はからだをおこした。
大阪築城に当たり、淀川の両岸に植えさせた木々が青々と色づいてきて、目にまぶしい。
そこへ、突如「うおー」と刀槍を合わせる何万もの雄たけびが、小六の耳朶によみがえった。

小説の題名の「夢一定」は、信長の好んだ小唄「死のうは一定 しのび草にはなにをしょぞ 一定かたりおこすよの」から来ている。
「一定」とは、「確かにそれと決まっていること」と字引にある。

投稿者 nansai : 2009年2月10日 11:13