縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年2月16日

二月十四日 ある雌ペンギンのバレンタインデー

未曾有のきびしい時代に、どうでもいいニュースだが、ときに、つい顔がほころんでしまうような話題が、世界に配信されている。ユーチューブで、ネットで。たとえば、オーストラリアの山火事でやけどしたコアラのサムだとか。

このペンギンのロキシーは、ロンドン動物園の住人だ。雌なのに、縁遠くまだ独身である。4歳の妙齢だ。

09021601.jpg

彼女は、ペンギンのなかでも、絶滅を危惧されているイワトビペンギン種である。
だが、バレンタインデーには、山ほどの愛をプレゼントされているらしい。檻には、小さな郵便受けが置かれている。ファンから寄せられたカードがこぼれ落ちそうだ。
SNSのマイスペースに、自身のホームページも持っている。

彼女は、前の動物園では仲間と折り合いが悪く、ここに移って一年。飼育係氏によれば、ほかのペンギンたちはみな相手がいるが、ロキシーは意に介さない。彼女はプールをひとりじめにして、きままにすごしているのだそうな。
そんなにもカードが集まる人気の秘密は、若くて独身の彼女は、ロンドン動物園で一番人気のある養子だからなのだ。

海外の動物園は、どこも資金難だろうが、アイデアにあふれている。動物の養子縁組制度がおもしろい。

09021602.jpg

だれでもロキシーを養女にできる。動物園は、養い親を募集して、養育費を出してもらうのだ。
ロンドン動物園のウエブサイトをのぞいてみると、ロキシーの養子縁組をすすめている。愉快なのは、バレンタインデーの贈り物に、里親権?をすすめている。申し込みもメールでも受け付けるそうだ。ロキシーの里親になって!

投稿者 nansai : 2009年2月16日 13:10