縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年3月17日

三月十六日 泥の川から、カーネルおじさん無事生還。呪いは解けたぞ。

09031701.jpg

なーんにもいいことのない関西で、久々の明るいニュースだ。カーネルサンダースの呪いが解け、真弓新監督ひきいる阪神タイガースの日本一、疑いなし!と、新聞が書き立てた。
24年前の阪神タイガース優勝時、ファンに道頓堀川に投げ込まれたカーネルサンダース人形が川底のヘドロの泥の中から、両手首とめがねがないまま、発見され引き上げられたからだ。
タイガースは18年間、日本一になれず「カーネル サンダースの呪い」とも言われた。
まもなく全身がみつかり「これで呪いが解けた。ことしは優勝だ。」と、きびしい世の中に、ほんのほっこりした話題で、まずはめでたい。

09031702.jpg

23年前、わけもわからずヘドロの道頓堀川に投げ込まれたサンダースおじさんとしては、救出されて、久しぶりで太陽を浴び、まるで浦島太郎状態だろう。周りの状況は一変している。置かれていたケンタッキーの道頓堀店は、もうない。

大リーグのひそみにならい、ずいぶん前に一部マスコミがつくりあげ、ほんとうは、だれもあまり気にしていなかった呪いだが、人形が大阪市から持ち主に返還され、早くもどこに置くかで議論が起きているらしい。
昨年の「食い倒れ人形」騒ぎといい、関西人には、格好の話題だ。かつての救い主ランディバース選手に生き写しというカーネルサンダース。当然、ケンタッキーフライドチキンの甲子園店に飾ることになるのか。

09031703.jpg

ところがどっこい、アメリカKFC本社のえらいさんは、何を思ったか、大リーグのシカゴカブス(福留選手が在籍)に手紙を出していたそうな。
タイガースと同じく優勝から遠ざかっているのがカブスだ。ことしの開幕日に、「日本からサンダース人形を運んできて、シカゴのリグレー球場に押し出してはどうでしょうか。呪いが解けるかもしれません。」と申し出たのだ。大きなお世話と思うのだが。

優勝から遠ざかっているといっても、カブスのは半端ではない。なんと101年だ。1900年のワールドシリーズで敗退していらい、じつに一世紀だ。
カブスの優勝を阻んだのは、「ヤギの呪い」だとファンは信じているそうだ。
本拠地リグレー球場にいつもヤギを連れて観戦していた熱烈ファンがいた。ある年のワールドシリーズに、かれはヤギとともに締めだされた。ヤギが臭いというのが理由だった。激怒したかれは、「「二度とこの球場でワールドシリーズがおこなわれることはないだろう」と、不吉な予言を残して球場をあとにした。それから一世紀。呪いは解けていない。

カーネルおじさん像は、フライドチキンの本場アメリカにはない。日本の発明なのだ。
はたして、これでヤギの呪いが解けるのかねえ。
せっかくの申し出にも、カブス球団は、ン?という感じらしい。そうだろう。

投稿者 nansai : 2009年3月17日 14:42