縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年3月17日

三月十九日 えー、落語「三十石」のポスターがでけました。四月十日午後5時開演でっせ。

09031704.jpg

世は落語ブームであるらしい。
ひょうたんからコマとはこのこと。隣のイタめしレストランに、願ってもない話が舞い込んできた。
ある有名な落語家の知人がたまたま店に立ち寄り、ここで土曜の夜に落語を一席というのもおもろいで、という申し出があったとさ。
渡りに船でオーナーシェフも舞い上がり、とんとん、ハナシがはずみ、演目も、ここ八軒家船着場にちなんで、古典落語の定番「三十石船 恋の通い路」ときては、申し分ない。
はなしの舞台の三十石船は、すぐそこの八軒家船着場と京都伏見を明治の中ごろまで往復していた。

09031705.jpg

演者は、上方落語ではかくれもない天満繁昌亭大賞の林屋染二さん。掃き溜めにツルという感じがしないでもないが、四月十日土曜日決行と相成った由。
さして広くもない店内のテーブルや椅子を片付けて高座をしつらえ、50席の「八軒家寄席」と、大きく出てオープンする。

まったく落語通でないぼくだが、近所のよしみで、頼まれてはしかたがない。
ポスターの図案を、マウスをうごかしてこちょこちょと。染二師匠を三十石舟の船頭に見立てた似顔もあまり似ていないが、ご勘弁を。

09031706.jpg

おりしも春から水都再生のキャンペーンがくりひろげられるようだが、この北大江公園界隈は、にぎわいに乗れず、ひっそりしている。今回の八軒家寄席が成功して定例イベントになるといいな。
林屋染二師匠の熱演がたのしみだ。盛況を祈ろう。
ポスターのPDF版をこちらに。

09031708.jpg

投稿者 nansai : 2009年3月17日 14:48