縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年4月27日

四月二十日 クサナギ君のこと。なんぼのもんや。

深夜、ぐでんぐでんに酔っ払った男がひとり。なぜか、だれもいない公園で全裸になって奇声を発した。
通報されて、逮捕され牢屋に入れられた。麻薬を疑われたのか。

09042701.jpg

大騒ぎになった。全裸の酔っ払いが、有名な芸能人だったからである。
NHKがニュースのトップで報道した。芸能界ニュースとワイドショーで食べている民放は、一斉に走り出し、もちろん全局、繰り返し報道した。
酔っ払って裸になった。それがなんぼのもんや。報道も、ええかげんにせい、というのも大人気ない。
こんなご時勢に、新聞もテレビも、もっと報道すべきニュース価値は、ほかに山ほどあるだろうに、と思う。

人を傷つけたわけでもなく、公然わいせつというが、深夜でだれもみていない。立ちしょんべん程度の、軽犯罪?大新聞なら、社会面の最下段へ載せる程度の事件?なのだ。

「お酒を飲みすぎてわけがわからなくなりました。
もっと大人にならなければ」と、処分保留のまま釈放されたクサナギ君は、たどたどしい口調で神妙に記者会見で反省の弁を述べた。人気絶頂で、有能、誠実なかれは、もう三十三才らしい。「大人」とは、いくつ以上の年齢をさすのかな。

この国の「国民」は、芸能人が大好きだからか、騒ぎすぎになる。視聴率がうなぎのぼりになる。人材不足の政党からは、芸能界から、選挙にも担ぎ出される。それこそ、いいかげんにしてほしい。

「怒りではらわたの煮えくり返った」鳩山総務大臣が、またしゃしゃり出た。クサナギ君は「最低の人間」だと決め付けたという。別にクサナギファンでもないぼくだが、テレビでみて、これにはむっとした。

09042702.jpg

失礼だが、自民党閣僚のあんたには、いわせたくない。かつて身内の中川財務大臣の国辱的酩酊事件をかばったやないか。

総務大臣のはらわたは、なんで煮えくり返ったか。
地デジのキャンペーンキャラクタにクサナギ君を起用していたので、作ったポスターなどがパーになってしまうということかららしい。

痛快なのは、鳩山総務大臣の公式ホームページ。ネット上は、正論の嵐のような反撃だ。ぼこぼこにされている。むっとしたのは、ぼくだけではなかったらしい。

反論を隠さず載せているのは正しいのだが。もし鳩山大臣がネットを克明に読んだら、読み物として、血の気が引く内容だ。
もうあんたには投票しない。自民党の盟友、中川財務大臣の国際的「泥酔」をかばったのに、なんちゅうことを言うのだという鋭い指摘もある。びびった大臣は、発言を取り消した。おそまつ。

09042703.jpg

すわ、クスリとかんちがいされたのか。これは、笑えてくるような小ネタだ。
伝えるべきニュースバリューとは、なにか。マスコミは、取り上げるニュースの優先順位を考えるべきだ。矜持というものがあるだろうに。望むのが無理かもしれない。
日本国民の、視聴者の、無邪気な、異常なまでの?芸能人好きに乗じようとする態度は、もういいかげんにしてほしい。

芸能人のこの手の事件?は、後を絶つまい。
ドジの代償として、有名税をどう払ってもらうか。「公然わいせつ罪」?の罰をどうしたものか。

ならば、いま政府が取り上げようとしている「社会奉仕命令」が、効果的で、おもしろい。
クサナギ君は、贖罪?のため、社会のためになる何かの行為をしたらいいのだ。まちがいなく大喝采だ。
罰のかわりの社会奉仕も、公園の掃除やらくがきの消去なんかではもったいない。
交通遺児の教育費援助でも、お年寄りに優先座席を譲ろうとか、飲んだら乗るなとか飲酒運転の防止でも、地デジ普及でもいい。なにか世のためになることに、クサナギ君の知名度で貢献してはどうか。

ポスターに出たり歌ったりメッセージ?ティシャツ(大きなお世話だが、デザインしておいた)売ったりして、その収益や印税を、寄付すれば、かれならすごい金額になるはず。公園にベンチか遊具を寄贈するのもいい案だ。

人気タレントのクサナギ君は、これまでも評判のよい好青年だったというが、社会奉仕のアイデアしだいで、逆境をはねかえし社会に貢献する好感度ナンバーワンになること請け合いだ。無償の社会奉仕で、ついていなかったエラーの後の満塁ホーマーをねらおう。

あの鳩山総務大臣も、昨年法務大臣のとき「社会奉仕命令」の勉強会を持ったという。この際、名誉挽回に、実現提案に賛成してはどうだろうか。

投稿者 nansai : 11:50

2009年4月23日

四月二十日 花、見終わって

042301.jpg

造幣局の「通り抜け」が終わって、花見のシーズンもやっと閉幕である。
芭蕉の句に「さまざまのこと思い出す桜かな」。
さまざまのことが起きている。よくないことのほうが多いかな。
「ただたのめ はなは はらはら あのとおり」
一茶は、観音さまにすがるしかないとつっぱなす。

満開の桜の絵を描こうとしたが、あかん、どうにもぼくの手におえない。
絵に描き劣りするもののひとつに、清少納言は、桜をあげている。枕草子では、絵に描くとつまらなくなるものとして、なでしこ、菖蒲とならんで桜が、槍玉に。
実物の迫力にはかなうはずがない。あきらめた。

09042302.jpg

花見は、人見である。人、人、人。
この年になるまで、花の下の喧騒がいやで、花見をさけてきたが、いささか心境に変化をきたした。

「見納めてあと何回の花見かな」
と、花見には縁のなかったぼくの句。
ことしは、平日の午後、コンパクトデジカメを片手に、満開の桜の名所を、靖国神社と千鳥が淵、大阪城と大川端と、花を見るというより、駆け足で撮ってまわった。

昼間の花見は、大阪は、花にはそぐわぬ地味な服装をした中高年のおっさん、おばはんばかり。みなカメラかケータイで写真をとる。 花の下で飲んで騒ぐ人は皆無だった。大川では、ビニールのシートをしいてお弁当を食べている家族を見かけたが、すぐそばにホームレスのブルーのテントが並んでいる。なぜか同じ色だ。どうもねえ。花見のビニールシートは、ピンクの桜色にしてはどうだろうと余計なことを考えた。
これは「通り抜け」に急ぐ善男男女たち。なにしろ入場無料だからねえ。

09042303.jpg

中国語のアナウンスがひびく大阪城は広すぎて、城内では、桜が目立たない。由緒ありげな「桜門」も立て札は立っていたが、さびしい。
東京の花見は、さすがに若い人も外人も多い。千鳥が淵の桜は美しい。

09042304.jpg

靖国神社のごったがえす境内は、屋台や茶店で、天神祭りのようだ。

09042305.jpg

右翼の街宣車はいなかった。
悠久の大義に生きようとし南海に散った神風特攻隊、密林で植えて戦没した英霊たちは、このくったくのない天下泰平ぶりをどうみているのだろう。

09042306.jpg

投稿者 nansai : 15:47

2009年4月15日

四月十三日月曜日 満員御礼。八軒家寄席

土曜日夕方、先客万来を祈って招き猫君に羽織を着せて高座にあげたポスターがすごい人気で(残念ながらまっかなうそです)狭い店内が大入り満席となった。

09041501.jpg

北大江公園前のイタ飯レストランが、「八軒家寄席」に変身し、高座を急ごしらえでしつらえた。
ぐらぐらするので大丈夫かいなと心配だったが、えらいもんやねえ、たちまちお囃子のパーカッションで、狭い店内が、繁昌亭におとらず、うきうきした気分につつまれた。
やあ、よかったでえ。目の前で聞く真打の落語は迫力あるわと大評判。林家染二師匠の汗拭きながらの大熱演で、本命の「三十石夢の通い路」に「寝床」の二本立てを満喫できた。

染二師匠は、連日天満繁昌亭でトリをつとめる重鎮といってもよいプロ中のプロだが、50名入って満員の、こんな狭い席でも、手を抜かない。りっぱな賞をぎょうさんとっておいでやが、ここのお客が大事といわはるんや。たいしたものやねえ。いっぺんで、さして落語通でないぼくは、サインももらって、フアンになってしまった。

サイドディディシュで演じてもらった大サービスの「寝床」もこれまたよかった。寝床をとられたと、べそかく定吉どんの心境もよくわかるが、下手な浄瑠璃をきかせたいのに、みなに逃げられてしまう大家さんの気持ちに同情の念禁じ得なかった。

09041502.jpg

大家さんの稽古を積んだ、せっかくの自慢の芸を、酒と料理つきでも、なんだかだ理由をつけて、誰も聞いてやろうとしない。でも、気の毒な大家さんは、腹をたてては、ときどきおだてられ、途中で結局みな寝てしまうのだが、ああ、旦那芸というやつは、番頭はんの見え透いたお世辞に弱いのが、あさましい。
そうや、この南斎の落書き絵巻と同じやないか。笑えんわ。他人事ではないわと、わが身につまされた。

投稿者 nansai : 17:22