縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年5月27日

五月二十七日(水)

ようやく狼が来なかったことにみな気づいたようだ。

09052701.jpg

日曜日の午後誰もいない万博道路。一人の女性ランナーがマスクをして一心不乱に走っていた。マスクをしてまで走るひとををはじめてみた。ビールスをだれかに感染させる?、誰かから感染させられる?せきやくしゃみのしぶきが飛び散るのを防ぐのがマスクの役目だろうに。
日本人のマスク信仰は根強いものがある。
何だ、普通の「流感」と同じじゃないか。当局は気づくのが遅かったのか。
それは感染者の多く出たアメリカでは、調べて早くからわかっていた。マイルドだし、わが国ではあれほど騒いでほとんどが治り、死者もゼロだ。
そもそも日本でも年間100万人の季節性インフルエンザは発生する。約一万人が合併症でなくなるのだが、ぼくらは、インフルエンザ注射をして、淡々と対応してきた。

アメリカのネットでは、意外なほど扱いが冷静だ。全米で感染者の数はふえ、一部の学校は閉鎖されているが、たいしたことにはならず、死者(合併症がほとんど)の数は少ない。
政府広報の情報量が、具体的で豊かで克明だ。啓蒙のためのパンフレットやポスターがネットでPDF化され、すぐどこでも印刷できる体制だ。

09052702.jpg

説明のイラストも、鼻の頭のむずむずして赤いゆるきゃらを登場させた。とぼけてユーモラス。
当局も、手洗いはしっかりと、せきやくしゃみは手か袖でおさえるように、という広報を繰り広げている。せきもくしゃみもティシューでおさえればよい、あとはくずかごにすてましょう。袖でおさえてもいいというのが、至れり尽くせりというか、ご愛きょうだ。

べつにマスクは特別の場合以外は、強制されていない。日本は、薬局でマスクが売られていないと、買い込もうとしたみんなパニックになった。マスクをしていないと変な目でみられるのは、徳川時代と同じ。

まえまえから、あまり正しく解明されていないらしいのだがスペイン風邪のようなパンデミックが、恐れられてきた。国立感染症研究所は警鐘を鳴らして、きのどくに毎年狼少年だった。地震の予知に似ていた。
ペストやエボラ熱など、恐怖映画の影響があったのか、大臣が深夜テレビで警告するさわぎになった。水際で食い止めねばならぬ作戦は、映画のシーンにはなっても、検疫はどだい不可能で絵空ごとだったのだろう。関西の医療も崩壊寸前となった。
今回の関西を襲った豚インフル騒動は、一人橋本知事がオトコをあげ、張り切りすぎた大臣たちはあほみたいだった。
まるでイソップ物語だが、あとあと小説の絶好のテーマになるだろう。
ニューズウイークは、早くから「オオカミは来なかった」特集をしていた。

投稿者 nansai : 2009年5月27日 16:09