縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年6月 5日

09060501.jpg

六月一日 500年前の硝煙立ち込める古戦場が、すぐ前の公園だったとは、知らなかった。

09060502.jpg

ここら一帯は、今から500年前、楼の岸と呼ばれ、砦が築かれていた。石山合戦で、織田信長軍の本願寺包囲戦の舞台だった。包囲は、十二年に及んだ。秀吉の大阪城の築かれる前だ。

「楼岸 夢一定 蜂須賀小六」)は、直木賞作家佐藤雅美の時代小説だ。「ろうのきし ゆめいちじょう」。
09060503.jpg

秀吉につかえ、戦国乱世の過酷な抗争をしたたかに生き抜いた蜂須賀小六正勝という人物を主人公に据えた。小六は、墨俣一夜城の築城で名を知られている。
石山合戦では、「楼の岸」で戦って名を上げ、晩年はこの地に屋敷を構え、寺を建てた。

楼の岸とは、大川のほとりの砦の位置からきた地名である。大阪市中央区京橋三丁目あたりだ。
なんと、うちの事務所の北側すぐ目の前の北大江公園付近が、その砦の跡と知って驚いた。
1570年石山合戦当時、土塁の上に櫓を建てた砦が、上町台地の突端に築かれた。楼とは、やぐらである。

09060504.jpg

この上から敵軍を監視し、鉄砲を楯のかげから撃ちかける。
戦国時代の城の攻防は、こうした砦を建てて、持久戦に持ち込む戦法が盛んに行われた。鉄砲櫓は、双葉社から刊行されている「信長戦記」などに、コンピューターグラフィックでいきいきと見事に復元されている。綿密な資料にもとずく、CG作家成瀬京司氏の力作である。信長戦記など、成瀬CG作品を載せたムックは、アマゾンで入手できる。

09060506.jpg

次の川辺の写真は、対岸の大川北岸から、「楼の岸」跡を望んだところ。

09060507.jpg

ここ「楼の岸」は、12年間も、信長軍に包囲され篭城を余儀なくされた石山本願寺一揆勢への西国からの援助物資の陸揚げ地でもあった。

天正4年、この砦をめぐって、本願寺顕如軍と織田信長軍の鉄砲傭兵隊の間で激しい銃撃戦が展開された。
5月、ここ楼岸砦から門徒一万ばかりが数千の鉄砲を手に押し寄せてきた。51歳の蜂須賀小六は、先陣を切って門徒勢につっこみ、つぎからつぎへ槍をくりだしつき伏せた。敵の首を一番多く上げ、「楼岸一番の首」とたたえられ、信長の目に留まり、褒美にと陣羽織をぬいで恩賞にあづかった。

09060508.jpg

この時代、本格的に鉄砲を集団で使用したのは、三段撃ちで名高い「長篠の戦い」といわれているが、5年さかのぼるこの地の銃撃戦が本邦最初ではないかとの説もあるそうだ。

織田、豊臣と、はげしい有為転変の世を生き延び、晩年、小六正勝は、大阪城外の楼の岸に屋敷を構え、淀川を借景とした。御殿山屋敷という。

佐藤雅美「楼の岸 夢一定」は、死期の迫った小六が蜂須賀家の将来を案じつつ息を引き取る、つぎのシーンで終わる。

大阪城築城にあたり、淀川の両岸に植えた木々が青々と色づいて、目にまぶしい
「体を起こしてくれぬか。久しぶりに淀川を眺めてみたい。」
と突如、「うおー」と刀槍をあわせる何万もの雄たけびが耳朶によみがえった。
「死のうは一定、しのび草にはなにをしょぞ。一定かたり おこすよの」は、信長の気に入りの小唄だった。
小六は繰り返した。
「死のうは一定‥」

死ぬのはなりゆきで、ぜひもない。一定語りとは、誰かが語り継いでくれようか。

蜂須賀小六正勝は生前に寺院の建立を思い立ち、美濃国の安住寺が兵乱のため退廃しているのを大阪に移して、楼の岸に再建した。いまの八軒家あたりだろう。
その安住寺は、その後慶長9年大阪の陣で焼失、天王寺へ移されたという。
本願寺は、秀吉の時代に、京都に移るが、残された大阪の門徒は、ここ楼の岸に念仏をあげる坊舎を建てた。のちの津村別院である。


投稿者 nansai : 2009年6月 5日 16:21