縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年7月31日

七月三十一日 「ブラックスワン」を読み始めたら(カンケイないか?)

ありえないなんてコトは、ありえない。よくわからんが、不確実性とリスクの本質を描いたミリオンセラーを読み始めた。人間の頭脳と思考の限界と、その根本的な欠陥を解き明かすと、腰巻のコピーにある。おもしろそうだ。
白鳥が黒いはずはない。黒い白鳥はオーストラリアで発見されるまで誰も信じなかった。何事も予測できない。強い衝撃を受ける。もっともらしい説明がでっちあげられる。先のことは予測できない。でも失敗を恐れるなが、結論のようだ。

09073101.jpg

昨夜は、想定外の事故だった。こんなことがおこってよいものか。
うちの臆病な家猫が、探し回っても、家のなかにいないのに気づいた。暗くなって外へ出てしまったらしい。
うろうろ回りを探して木陰にうずくまっているところをやっと発見、いやがるやつを玄関に抱いて入ろうとしたら、野獣のような叫び声を発して狂ったように突如暴れだした。
不意をつかれ、鋭い爪でひっかれたぼくは腰をひねって石畳に転倒した。ああ、いてえ。プロレスのバックドロップ状態で、したたかに腰を打ってしばらくは声も出ない。
手からぽたぽた出血しながら暴れる脱走犯を取り押さえたのに、家族からはねぎらいのことばもない。猫の嫌がる抱き方をしたからだと冷たいコメント。

引っかき傷より、打った腰が心配だ。この腰のひねりようでは、週末予定していた炎天下のゴルフは涙を呑んで辞退せざるを得ない。石川遼にあやかりたかったのに残念。

あとからの判定で、ネコは、ぼくが玄関のドアを開けた時に脱走した、という裁定がくだった。悪いのは、気付かないぼくで、罰せられて当然だという。証人は当のネコだけ。事実誤認だ。つめでひっかかれ、腰を痛めたぼくは、おおいに不服だが、当家には上級栽はない。

投稿者 nansai : 2009年7月31日 14:05