縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年8月26日

八月二十六日 あれはなんやろ?

八軒家浜に、アヒルが
ぷかぷか浮かんでいるぞ。

09082601.jpg

天満橋のほとりの「川の駅」沿いに、でかい黄色いアヒルのおもちゃが、ぷかぷかと浮かんでいた。赤ちゃんがお風呂で遊ぶおもちゃのアヒルだ。木曜日の午後気づいた。
夏の日差しに照り返す黄色が、川面にあざやかに映っている。ゴム製の巨大なアヒルの子は、じっと動かない。
水都再生とはいうものの、殺風景なコンクリートで固めた岸辺と、アヒルのとぼけたバカでかさが奇妙に、いい感じで調和していた。まったく場違いで、まったく大阪らしくないところが、ユーモラスでうれしい。
なのに、事前のPR不足か。見物客がいない。目ざとく見つけた人たちが携帯で撮影しているだけ。

09082602.jpg

ネットで調べてみたら、この途方もないアイデアはオランダ製だった。やっぱりな。
オランダの作家ホフマン氏のインスタレーションらしい。かれは、すでにベルギー、フランス、ブラジルで、公共空間で巨大な作品を展示する活動を行ってきたという。
このアヒルの子は、「水都大阪2009」と「日本オランダ修好400年」を記念して登場した。大阪とオランダは、適塾で教えられた蘭学でつながるのかな。

翌日、しっかり写真を撮ろうと、カメラをぶらさげていってみた。
ありゃ、どうしたことか、被写体は影も形もない。
まさか週末をひかえて、もう店じまいということはないだろう。眼を皿にして探したが、黄色いアヒルは、消えた。

川の道駅のガイドさんにきいてみたら、空気が抜けるる不具合でぺちゃんこになったらしい。目下修理中とのこと。川面から忽然と消えたはずだ。

空気を入れなおして、また、元気な顔をみせてほしいものだ。
あれはすごかったでえ。などと、都市伝説として、誰も見たことのない幻のアヒルにならんように。

世界のいろんな川で、この巨大アヒルの仲間が浮べられているという。大阪の次は、インドときいた。
物騒な世の中、いま、ベルギーの運河に浮いているアヒル君には災難がふりかかった。テロ攻撃?を加えたやつがいて、風船にでかい穴をあけたそうだ。嵐でやられて、ようやく帰ってきたばかりなのに。
ラジオオランダのネットによれば、おそろしいことだ、とても残念だ、と作者が大阪からコメントしていた。

このインスタレーションは、契約期間が過ぎればまもなく撤去される。
水都の住人であるぼくも、このどでかい、かわいいアイデアに敬意を表して、思い出に残るTシャツのデザインを思いついた。

09082603.jpg

ひょっとして、大川端に着水した幻のアヒル人形となるかもしれない。オランダからアイデアが飛んできたのだから、話題になるよと、お隣のイタ飯レストランの大将に見せた。

09082604.jpg

オランダへ向かって空高く舞い上がるアヒルなんかいいじゃないか、どう?水都2009記念のTシャツにしても、クッキーの箱に張ってもいいし。
ぴんと来ず、無反応。
おもろいアイデアなんだけどなあ。

それにしても、オランダ生まれのアヒルの子は、空気を満タンにして再び元気のいい姿をみせてくれるのだろうか。
大人は気付かずとおりすぎても、子どもたちは興奮してはしりまわっていたそうだ。

09082605.jpg

投稿者 nansai : 2009年8月26日 14:45