縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年10月30日

十月三十日 「水都、わが町」を考える。どの町に、ぼくは、住んでいるのか。

北大江公園、恒例「たそがれコンサート」秋の大イベントは、めでたく終了した。ぼくの不出来なチラシがあちこちの店先に張られて、ま、無事すみました。

09103001.jpg

この付近は、楽器関係の工房が多く、出入りするミュージシャンも多い。プロの演奏家のみなさんが、ボランティアで、客寄せチンドン屋から、やさしい解説付き名演奏など、大車輪の活躍だった。
チェロの無伴奏の協奏曲はちんぷんかんぷんだったが、弾く弓は、馬の尻尾の毛だと教えてもらった。
それも、オスの尻尾の毛でないといけない。後ろ足の付け根のしっぽへの尿のかかり具合がオスとメスで違うそうで、なるほどとなっとくした。
フルートとハープの演奏も、オンチのぼくにもやさしくわかるような日本の歌だ。「見あげてごらん、空の星を」も演奏され、がらにもなく、思わず空をみあげると、ここはビルの谷間で、真っ暗なせまい空に星はひとつもみえなかったのは残念。

隣のイタ飯食堂もおおはりきりで、店の前で焼く、もうもうと煙を上げるサンマやイカのバーベキューの匂いが、演奏会場まで流れてきた。
当店何よりの快挙は、店のトイレを公園の観客に開放したことだ。

09103002.jpg

その太っ腹な英断に感謝して、オーナーシェフの肖像画をそそくさと描いて、ここに贈呈することにした。本人は、不揃いな歯並びが不満げなのだが。

ところで、自治体が後押ししている「町づくり」とはなんだろう。「わが町」は、織田作之助の名作だが、あの小説にでてくる「がたろ横丁」のような町は、大阪市内に残っているのだろうか。どこそこの神社の氏子も神輿をかつぐ若い衆の数がたりないときく。

09103003.jpg

八軒屋界隈。この町内の住民は、あたらしく建ったマンション住まいがふえている。住民の大多数は、郊外やよその町から、ここのオフイスや店に通勤する、ぼくのような「通い」の住民だ。マッチ箱のような公園の四方が、マンションと当社のようなオフイスビルに囲まれているからだ。
戦災で焼けたこともあって、ほとんどの住民が新参者だろう。町づくりといっても、どだい、イタリアの田舎の町のように、教会があって、広場があってといった「コミュニティ」の態をなしていないのはしかたがない。

09103004.jpg

ぼくは大阪で生まれて地方で育った。また、大阪に来て、半世紀以上たつのに、ぼくはどこのコミュニティに属しているのかわからずにいる。
多感な時期を過ごした田舎に帰っても、浦島太郎だし、今住んでいる郊外の家の近所に、ぼくの居場所はない。
つきあいといえば、長年、会社と仕事を通じて知り合った仲間(むかしの得意先も)とのそれだ。
しかし、この北大江公園界隈もなんだか、いつのまにか、渡来してきたぼくが「帰化」してしまったおもむきもある。ぼく個人は、区税をはらってはいないよそものだ。三代続いた家はほとんどないそうだ。みな戦後集まってきたよそものだし、親しく付き合っているわけでもないが、公園の一角に、ビルを借りて、ぼくも30年以上根をおろしているから、住民には違いない。

09103005.jpg

ぼくの顔はしられていないが、ぼくの下手な絵がメディアになっているみたいでもある。不思議な渡来住民である。

09103006.jpg

投稿者 nansai : 2009年10月30日 17:19