縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年11月25日

十一月二十五日(水)

「ショー」でもいい。税金の行方が、これだけ注目されたら、もうへんな事業は立ちあげられない。族議員さん方、どうする?


国の予算の無駄を洗い出すとして始まった「事業仕分け」の評判がよい。
いらない支出、急がない事業を見分けて予算を削ろうとする。
必殺仕切り人たちが、舌鋒鋭く、切り込んで質問を浴びせる。答える官庁側がもたもたすると、人民裁判とか、公開処刑みたいだと、非難するむきもあるが、やんやの喝采である。

09112501.jpg

ムダ指摘の仕分け作業を一堂に集めテレビやネットに全面的に公開した。これは、画期的で評価できる。闘牛のように観衆、つまり納税者が熱狂する最高のパフォーマンスとなった。

ニュースでもワイドショーでもよく取り上げられるから、ぼくのように政治にうとかった人間でも、政治が身近かでよく見えるようになった。
「事業仕分け」とは、耳慣れない用語だが、われわれが払った税金がどのように使われるのか、予算編成の過程が一般公開されるのは、はじめてのこころみである。仕切り人は、民主党の国会議員と自治体職員、エコノミストら民間の有識者ら。役所の担当者と議論しながら、一つ一つ事業の必然性を吟味する。

霞が関の無駄の基準が、一般の常識に照らして、いかにあまいかがわかる。ひいては行政の刷新につながるかもしれないのだ。
これまでは、ぼくら普通の『国民』は、予算に計上される事業には、無知、無関心だった。国会を通過しようが、強行採決しようが、あきらめ気味で知らん顔だった。

09112502.jpg

帰らぬ繰り言だが、このような手法をもっと前から導入してほしかった。
狭いこの国に97の空港をつくったり、列島のすみずみまで、新幹線を引き、オリンピックを誘致しようと巨費を投じたり、各地で繰り広げられるへんな事業をぽかんと見送っていた。
事前に投資予算の費用対効果を正しく見積もれば、大阪の財政はこんなに追いつめられていなかったろう。関西空港も泉佐野市も夕張市も、あんなことにはならなかった。議会や監査のための役所が機能していなかった。族議員が暗躍した積年の政官業のもたれあいにつっこめずチェックできなかった。
「事業仕分け」という手法は、2004年に、カナダ政府の財政難を救ったと聞く。

この快挙は、民主党の発明で専売特許かと思っていたら、なんと違った。すでに2002年に民間のNPOシンクタンクが提案し、地方自治体で、成果をあげていたのだ。

小泉内閣でも総理の指示で200年には「与党財政改革・事業仕分けに関するプロジェクト)が発足していたらしい。政権交代以前の八月までに、6省、36自治体で、合計49回実施されていたそうだ。自民党も、七月に、国の事業仕分けを実現させるとして、河野太郎氏が中心となり「無駄遣い撲滅チーム」が、反対を押し切って文科省「政策棚卸し」を行ったというが、話題にならなかったという。

不勉強なぼくは、このような理想に燃える英知を結集したシンクタンクが、中立の立場から、なんのひももつけず、霞が関の外部に誕生していたとは知らなかった。
そのシンクタンクは、「構想日本」。
政策を立案し、変革者を支援するなど、活動7原則にもとづき、元大蔵官僚の加藤秀樹氏に率いられている。
事業仕分けは、当日までの準備、報道関係、一般市民への傍聴呼びかけを行う。当日はコーディネータとして議論を運営する。しかも、交通費など実費以外はすべて自弁というから、頭が下がる。
政策シンクタンク「構想日本」のホームページをみて、その志の高さとネットワークの発展性に敬意を表したい。

いうてせんないことながら、なぜ、これまで、国として、地方として、もっと早く事業の見直しするメカニズムは機能しなかったのか。
もし、事業の見直しが、きっちり行われていたら、どうだったろうか。田中角栄のノーハウ、政官業の癒着による、道路、橋、空港、新幹線が日本列島をはいずりまわり、大阪南港にも、関空周辺にも、あのように箱モノが林立することはなかったのに。

投稿者 nansai : 17:13

2009年11月19日

十一月十九日 
不景気だ。が、とりあえず平和な日々である。

よほどしんどそうな老人にみえたのだろう。
先週、夕方満員のJR京都線の電車で、かばんをかかえてぼんやり吊革にぶらさがっていたら、ジャージーを着た女子中学生がたち上がって、どうぞ、といってくれた。優先席でもないのに。

09111901.jpg

年齢に不足はないが、めったにないことで恐縮した。「ありがとう」と小さくつぶやいて腰を下ろす。すぐがさごそ夕刊をひろげたりせずに、瞑目。なんとなくほのぼのとしたいい気分になった。しみじみ思うに、席はゆずられると、うれしいものだ。年をとると、思いやりは、微量でもよく効く。いつも乗っている地下鉄では、まずこんなシーンはない。二駅目で彼女は降りて行った。

ほとんど毎晩のことだ。暗くなって家路をたどる坂道の脇のミカンの木の下で、一匹の捨て猫がすわりこんで鳴いている。
コンビニの横に、ミカン畑があるのだ。子猫に毛の生えたサイズ。金網越しにみると、低いかぼそい声で、鳴き続ける。昼間はあちこち移動はしているらしいが。
おなかすいているのかなあ。

09111902.jpg

だいぶ前からで、気になっていた。うちの駄猫は訪れた人に「おおきゅうなったなあ。まるでたぬきみたいや」といわれているのに。

先夜も、かぼそい鳴き声につい後ろ髪をひかれそうな気分になって、コンビニまで舞い戻って、105円の小さなちくわを買ってなげてやった。
すぐ飛びつくかとみていると、食べ物にむしゃぶりつく前に、どうしたことか、ぼくの足元にすり寄ってくる。すぐに食べたいが、ひとのあとについてゆこうとするチエもあるのだ。うろうろしたあげく、ちくわのほうに行った。
む、む、む、小さなうめき声をあげて一生懸命かぶりついて食う。

ペットを捨てる人が多いのに、考えさせられる。

09111903.jpg

投稿者 nansai : 14:07

2009年11月12日

十一月十二日 栄光の背番号7番の退団

初冬の日差しを受けて甲子園球場では、トライアウトが行われ、阪神のユニホームを着て、わが今岡誠選手が参加した。戦力外通告を受けた選手らを対象とする、12球団入団テストである。

091112.jpg

アスリートとしての「定年」退職者の採用試験ともいえる。昔の名前は通用しない、厳しい現実がテストされる。
かつて、ドラフト一位で阪神入団、首位打者、打点王を獲得した35歳の今岡が、プライドをかなぐりすてて、トライアウトに挑んだ。
ただただ好きな野球を続けたい、その一心からだ。スポーツ紙によっては、一面のトップで報じた。

天才今岡選手の華麗なホームページを見てみよう。
06年に右手の手術して以来、逸材のあのバッティングが戻ってくることはなかった。しろうとにはわからないが、右手のばね指で、天性の微妙なバットコントロールに狂いを生じたのか。ここ数年、やきもきしつつ復活を期待していたぼくとしては、残念だ。

だが、プロは、あくまで結果だ。打てて、なんぼだ。
ひざの手術後外野を守れないマツイ選手は、今年契約が終わるが、ワールドシリーズで打ちまくり底力を見せつけて、ヤンキースタジアムの花道に立った。

松井秀喜選手と同い年の、今岡の打撃技術が、あのように急速に衰えたのはなぜなのか。阪神では徒労に終わったが、環境の変化で、復活は望めないのか。

一方、40歳を超えた楽天の山崎武史選手のしたたかな活躍ぶりはどうだろう。ぎっしり書き込まれたネットをみて、かれの波乱万丈ぶりに驚かされる。
指導者とそりがあわず、中日からオリックスに移籍、戦力外通告、引退を考えたが楽天と契約、野村監督に認められるまで、逆境にほんろうされつつも。今日の結果を出した。
スポーツ紙では、獲得に色気を示している球団として、西武と広島の名があがっている。どうなるか。

こんご、今岡は、指導者の道を歩むか、山崎選手のように職人の道をつらぬくか、好漢(もちろん本人と会ったこともないのだが)の自重を祈る。

投稿者 nansai : 14:56

2009年11月 9日

十一月九日 ゴジラ天晴れ。日本の誉れ。

9年ぶりに、ニューヨークヤンキースが、ようやくワールドシリーズで優勝した。地元ニューヨークデイリー紙は報じた。
「今夜が最後のピンストライプのユニフォームだったのかもしれないマツイが、6打点をあげ、歴史を刻んだ」。

091109.jpg

なんと、松井秀喜選手が、最優秀選手に選ばれたのだ。シリーズ記録タイの6打点はすごい。パワーだけではない、過去のデータにもとづく頭脳プレーの結果だろう。考えて、瞬時に投手の配球が読めている。
シリーズMVPは、体力に劣る日本人打者としては、信じられない不滅の名誉だ。あえて春さきのWBC日本代表チームには参加しなかったが、国民栄誉賞ものだろう。でもこの好成績をもってしても、かれの花道になるかもしれないという。楽天の野村元監督と違って、未練がましく、ぼやきはしないだろうが。

ファンからは、ゴジラの愛称で親しまれたが、故障には勝てず、試合前にはことしで終わる契約がもう更新されることはないと、ドライにニューヨークのメディアは報じていた。来年の球団カレンダーには、かれの写真はのっていないそうだ。

渡米7年目で、もう35歳、手首を痛め、手術したひざからは、しばしば水を抜かねばならない。年俸14億円は、外野を守れないのに、チームには高すぎる買い物だと、揶揄されていた。

大リーグでの高額報酬の一流選手の出入り、入れ替えは、はげしい。MVPをとったマツイ自身は、契約継続に色気を示している。ヤンキースもニューヨークのファンも好きだとも。
勝てば、官軍。となるかどうか。
パレードの沿道をうめつくすファンからは、シリーズタイトル奪還に貢献したマツイに嵐の賞賛だが、若返りを図らねばならぬクールな球団は、日本人のようには情にほだされない。選手の価値は、コンピュータが計算する。
さて、どう出てくるか。ヤンキース。

少年の頃、熱心な阪神ファンだったときく松井選手の晩年は、広い甲子園球場が似合うと思うのだが。

投稿者 nansai : 13:31