縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年11月25日

十一月二十五日(水)

「ショー」でもいい。税金の行方が、これだけ注目されたら、もうへんな事業は立ちあげられない。族議員さん方、どうする?


国の予算の無駄を洗い出すとして始まった「事業仕分け」の評判がよい。
いらない支出、急がない事業を見分けて予算を削ろうとする。
必殺仕切り人たちが、舌鋒鋭く、切り込んで質問を浴びせる。答える官庁側がもたもたすると、人民裁判とか、公開処刑みたいだと、非難するむきもあるが、やんやの喝采である。

09112501.jpg

ムダ指摘の仕分け作業を一堂に集めテレビやネットに全面的に公開した。これは、画期的で評価できる。闘牛のように観衆、つまり納税者が熱狂する最高のパフォーマンスとなった。

ニュースでもワイドショーでもよく取り上げられるから、ぼくのように政治にうとかった人間でも、政治が身近かでよく見えるようになった。
「事業仕分け」とは、耳慣れない用語だが、われわれが払った税金がどのように使われるのか、予算編成の過程が一般公開されるのは、はじめてのこころみである。仕切り人は、民主党の国会議員と自治体職員、エコノミストら民間の有識者ら。役所の担当者と議論しながら、一つ一つ事業の必然性を吟味する。

霞が関の無駄の基準が、一般の常識に照らして、いかにあまいかがわかる。ひいては行政の刷新につながるかもしれないのだ。
これまでは、ぼくら普通の『国民』は、予算に計上される事業には、無知、無関心だった。国会を通過しようが、強行採決しようが、あきらめ気味で知らん顔だった。

09112502.jpg

帰らぬ繰り言だが、このような手法をもっと前から導入してほしかった。
狭いこの国に97の空港をつくったり、列島のすみずみまで、新幹線を引き、オリンピックを誘致しようと巨費を投じたり、各地で繰り広げられるへんな事業をぽかんと見送っていた。
事前に投資予算の費用対効果を正しく見積もれば、大阪の財政はこんなに追いつめられていなかったろう。関西空港も泉佐野市も夕張市も、あんなことにはならなかった。議会や監査のための役所が機能していなかった。族議員が暗躍した積年の政官業のもたれあいにつっこめずチェックできなかった。
「事業仕分け」という手法は、2004年に、カナダ政府の財政難を救ったと聞く。

この快挙は、民主党の発明で専売特許かと思っていたら、なんと違った。すでに2002年に民間のNPOシンクタンクが提案し、地方自治体で、成果をあげていたのだ。

小泉内閣でも総理の指示で200年には「与党財政改革・事業仕分けに関するプロジェクト)が発足していたらしい。政権交代以前の八月までに、6省、36自治体で、合計49回実施されていたそうだ。自民党も、七月に、国の事業仕分けを実現させるとして、河野太郎氏が中心となり「無駄遣い撲滅チーム」が、反対を押し切って文科省「政策棚卸し」を行ったというが、話題にならなかったという。

不勉強なぼくは、このような理想に燃える英知を結集したシンクタンクが、中立の立場から、なんのひももつけず、霞が関の外部に誕生していたとは知らなかった。
そのシンクタンクは、「構想日本」。
政策を立案し、変革者を支援するなど、活動7原則にもとづき、元大蔵官僚の加藤秀樹氏に率いられている。
事業仕分けは、当日までの準備、報道関係、一般市民への傍聴呼びかけを行う。当日はコーディネータとして議論を運営する。しかも、交通費など実費以外はすべて自弁というから、頭が下がる。
政策シンクタンク「構想日本」のホームページをみて、その志の高さとネットワークの発展性に敬意を表したい。

いうてせんないことながら、なぜ、これまで、国として、地方として、もっと早く事業の見直しするメカニズムは機能しなかったのか。
もし、事業の見直しが、きっちり行われていたら、どうだったろうか。田中角栄のノーハウ、政官業の癒着による、道路、橋、空港、新幹線が日本列島をはいずりまわり、大阪南港にも、関空周辺にも、あのように箱モノが林立することはなかったのに。

投稿者 nansai : 2009年11月25日 17:13