縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2009年12月21日

十二月二十一日 おいでやす。
郵政非公認、歳末賀状アイデア市。

09122101.jpg

公園下の古本屋さんで「枕草子」の文庫本を買う。百円。たったの。
帯のコピーに「10代のうちに読んでおきたいこの一冊」とある。
ぱらぱらとめくっていると、
「ただ過ぎに過ぐるもの」(第245段)とあり、
「帆かけたる舟、人の齢、春、夏、秋、冬。」とみえる。
あっという間に過ぎるものは、年齢か。
いわれてみれば、清少納言のころの一千年前と変わらない。平成のいまも、年を取る速度は、同じなのだ。

年末になると、「喪中につき」と、知人友人からの賀状辞退が舞い込んでくる。
高齢長寿の時代だが、年々、年賀状を出す先がへってきているのだ。

今年郵便局から売り出される年賀はがきは、36億通。文具店や書店でも、賀状のデザイン見本が、わんさとならべられている。みな干支のトラがあしらわれている。ぼくのアイデアも似たようなものだ。
だが、ありきたりのは避けたいぼくのは、アイデアがひとりよがりなので、何の意味かわからないとよくいわれる。がっかりもし、説明責任?めんどくさいのだが。冒頭の絵は、山水画風に、山中に暦日なし、寝ぼけトラの寝正月、のつもりである。
つぎに、まず、無難、ありきたりのをいくつか。


09122102.jpg

ありきたりだが、招き猫もじり。猫変じてトラになると。

09122103.jpg

こちらは、なんとか勝ちたいトラキチむけ。
甲子園は大入り間違いなし。

09122104.jpg

怒ったぞ。ぜひとも、巨人を倒したい。

09122105.jpg

09122106.jpg

笑うトラの横顔が、みそ。これはこれで、いいできなのだ。

09122107.jpg

これも笑うトラ。開運招きトラなのだ。ウオーとトラの咆哮とオメデトウをくっつけたのは、品がないな。駄洒落が過ぎた。

09122108.jpg

09122109.jpg

09122110.jpg


カンフーで必殺の飛び蹴り一発。デフレ退散だ。

09122111.jpg

ゴルフボールも、トラトラトラ

09122112.jpg

09122401.jpg

投稿者 nansai : 2009年12月21日 15:11