縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2010年1月30日

一月三十日 土曜日

ごくろうさんでした。同志中野博司君、
お礼をいわせてください。   合掌

ウエブではまだ少数派の縦組みサイトを立ち上げた先駆者が亡くなった。中野博司君。59歳。
日本で初めて、日本文縦書きウエブのかたちに挑戦したメンバーの一人が亡くなった。
ぼくのこの縦組みサイトも、かれが敷いてくれた軌道のうえを、きょうも徐行運転しているのだ。大水都史編集も、縦組みで、着々と進行している。同志中野君の残した功績は大きい。

怒涛のように押し寄せる英語万能のネット時代に、日本文化を美しい日本語で伝え残す独自の縦組みサイト。普及の道半ばで、ぼくよりもはるかに若い中野君がたおれたのは、かえすがえすも、ざんねんである。

文字数の多い日本語で書かれたウエブは、なぜ読みにくいか。英語のような横組み表記に問題がある。日本語の効率的な飛ばし読みに耐える組み方は、横組みだけでは無理である。
かれは、横組みだけでは伝わりにくい日本語文章を、読みやすくしようと、独自の縦組みフォーマットを作り上げたプロジェクトの主要メンバーだった。
無理な注文ばかりつけるデジタル音痴の南斉は、有能なテクニカルアドバイザーを失った。かれは、尊敬すべき真のデジタルおたくだった。
たとえば、この焼香の線香のけむりのゆらぎ、拡大しようか、動画処理しようか、アイデアはつきない人だった。

100130.jpg

めげずに、やりまっせえ。
はばむ壁は高く厚い。でも、こつこつと縦組みのよさを伝える地道な普及啓発の努力を重ねることを、中野博司君の霊前に誓い、こころから、ご冥福を祈りたい。
合掌                八軒家南斉

投稿者 nansai : 2010年1月30日 11:30