縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2010年3月 3日

二月二十九日 セルフ ポートレートかも。

10030301.jpg

お化けのようにみえるが、薔薇は薔薇である。
冬の終わり、わが小庭のすみで、雨風にうたれ寒さに震えながら、けなげにも咲き残っていた。ほとんど枯れてしまった花の真ん中には、まだピンク色が、あざやかとはいえないが、かろうじてみずみずしさをたもっている。桜の花の散り際のいさぎよさとは、また違うところだ。
老残のピンクの花の色気を、しぶといとみるか、おぞましいとみるか。

10030302.jpg

なんだか自画像のような気がして、デジカメのシャッターを押した。
ここまでドライフラワーのようになると、春まではむりとしても、まだまだ長持ちしそうだったが、ある日、帰宅すると、寒肥を入れにきた植木屋さんの手でちょん切られていた。

投稿者 nansai : 2010年3月 3日 15:29