縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2010年11月10日

十一月十日 え、年金でたら、パチンコ?

「パチンコ熱中のお年寄り急増。
年金つぎこみ、家族借金も」
朝日新聞のネットをあけたら、こんな記事が飛び込んできた。東京の私鉄駅に近いパチンコ店は、白髪の目立つ高齢者で埋まっていたとある。
pengin1.JPG

偶数月の「15日」には、2か月分の国民年金と厚生年金が全国いっせいに支給されるから、パチンコ店は高齢者をあてにしているそうだ。ふうん。
60歳以上のパチンコ競技人口は、200万から300万人、4人に一人が高齢者という統計もある。
さみしさをまぎらわすとか、退屈しのぎが、いつの間にかパチンコ依存症になり、年金をつぎ込み、家族関係が破壊されるとは、おだやかでない。
ぼくの故郷の地方都市でも、田んぼのまんなかのショッピングセンターには豪華なパチンコ殿堂が併設されている。タクシーの運転手さんの話だが、年金支給日には、おばあさんもおとづれて、きょうは何万円もすったというのをきいた。
さみしいし、ほかにすることがないので、高齢者が年金でパチンコに熱中か。この国は、どうなっているのだろう。

若いもんも、だまっていない。グーグルをあけてみた。
「パチンコ屋にいる老人、年金かえせ。」
「パチンコやってる爺婆に年金支給するな」
「年金はいいだろ。生活保護費もらってパチンコするのはけしからん」とか、もろもろの罵詈雑言であふれている。

pengin2.JPG

いまや、不況にもかかわらず、テレビのCMは、朝から晩までパチンコメーカーの提供だ。通勤でぼくの乗っている地下鉄車両も、全身ペイントされて、パチンコメーカーの走る看板だ。

それで、この不況のなか、パチンコ産業は繁栄しているのだろうか。何でも調べられているウェブ百科事典?のウイキメディア「パチンコ」をあけてみてほしい。びっくりするから。
風俗営業としてのパチンコの問題点として、合法性についての疑問、北朝鮮の資金源として、警察との癒着、パチンコ依存症、児童の車内放置、脱税、在日韓国、朝鮮人の関係があげられている。全国のパチンコ店1万7000店オーナーの90%が在日韓国、朝鮮人という。
政治家もからんで、パチンコ関連の議員連盟がある。

終戦直後、半世紀前は、ぼくもパチンコ狂のはしくれだったが、当時は、一台一台、ブリキ製のデザインが違い手作りだった。でこぼこの土間の上にパチンコ台がならんでいて、ちーんじゃらじゃら、出た玉の補充してくれるのは若い女性だった。おーい出ないぞ、とよくさけんだものだ。その前にあえなく討ち死にするのだが。
パチンコ台の絵を描こうとして、さて、困った。パチンコにごぶさたして半世紀、最近の派手に宣伝している機械をみたことがない。グーグルイメージを参照したが、劇画や映画?とおぼしきスターの顔など、意匠がごちゃごちゃ複雑すぎて、ぼくの手には負えない。
あきらめた。

投稿者 nansai : 2010年11月10日 15:21