縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2011年11月24日

十一月二十四日 最近、こんなに、ぼくに効いたCMははじめてだ。でも?

昨日、通院先の医院で、肺炎球菌ワクチンの注射を打ってもらった。CMを見て相談して、その場の成り行きで、一か月前に予約。こまごまアンケートに記入させられ、納得のサインの上だが。

cm1.JPG

ある日突然、中尾彬がCMにでかい顔のアップで現れた。自分も肺炎でえらい目にあって死にそうになった、65歳過ぎたら肺炎球菌ワクチンをと、紹介する。
日本人の死因の第4位が肺炎だという。

そういえば、最近肺炎でなくなる老人がふえたな。疑い深いぼくにも、65歳過ぎたらといわれて、どきり、妙に説得力があった。
ちょっと気になったのは、短いCMの画面では、どこが広告をだしているか、赤いマークが小さくてよくわからない。わざとだろう。どうせどこかの製薬会社だろうが。親切な広告だが、仕掛け人がみえない。

へえ、肺炎にワクチンが効くのか、と信頼する通院先のドクターにきいてみた。
「テレビでみたのですが、あんな注射、効果あるのですかねえ?」
いつもは辛口意見の先生が、一も二もなく、ゴーサイン。予約しておきましょうということになって、あれよあれよ。

医院によってばらつきがあるらしいが、注射代金は、保険がかからず、9000円だった。パンフレットもなく、かかりつけの先生を信じて、「肺炎球菌」とは結局なんだかわからないうちに、注射は五年間効き目があるそうだ。よかったのかなあ。どこかに保存するようにと、注射日時シールをもらった。

あとで、グーグルを経てサイトをみたら、ハイエンヨボーコムに延々と「肺炎予防推進プロジェクト」のくわしい(読めばだが)解説がのっていた。覆面で仕掛けた広告主は、MSDという企業らしい。
「65歳過ぎたら肺炎球菌ワクチン」
と、政府広報か公共広告を装っている手口が、ちょっとひっかかった。お役所からのお知らせともとれるからだ。うたがってかかれば、「正義」をよそおった巧妙な勧誘ともとられてもしかたがない。医者の口添え、是認がなければだが。
ぼくは、くわしい解説を読まずじまいで、ドクターを信じて輸入ワクチンを注射してしまったことになる。ネットにアクセスできない65歳以上の人のほとんどの人がそうだろう。ドクターがOKならば、保険がかからなくても、ま、いいか。それほど通院先の懇意な医者への信頼はあついのだが。
中尾彬のCMをユーチューブで探したが、こちらは行方不明。ぼくの関心を見事つかまえたCMは幻だったのか?

投稿者 nansai : 2011年11月24日 15:01