縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2012年2月14日

二月十一日 
めでたい建国記念なら、国じゅう、お祭り騒ぎがふさわしいのでは。

二月十一日が、なんの祝日か、わかっていない人がほとんどだろう。なぜ休みなのかわからないまま、ひっそりと過ごした一日だった。この日は、れっきとした「建国記念の日」であるのに。

kenkoku1.JPG


敗戦までは、紀元節といった。神武天皇が即位した日にちなみ、といっても、史実ではなく神話にもとづいて?きめられた。
ぼくら小学生は、講堂に集められ、軍服に身を固めた天皇皇后のセピア色の写真に最敬礼し、「雲にそびゆる高千穂の」と奉祝歌(ユーチューブで聞ける)を斉唱し、校長の奉読する教育勅語に頭を垂れ、はだしで直立不動で聞いた。鼻水がつめたい床にたれてもいいから、頭をさげ続けねばならないといわれた。あのような式典を経験した人も、いまでは少なくなったろう。
明治6年制定された紀元節は、敗戦でGHQによりいったん廃止され、昭和42年に政令により復活、祝日とされた。

当時のような式典は、こりごりだ。もう誰も受け付けまい。
だが、国の誕生を、底抜けに明るくにぎやかに祝う祭りは、あってもいいと思う。右も左もなく。七月四日のアメリカ独立記念日、七月十四日の巴里祭のように。

毎年、その日は、祭りだ。記念日は、もっと陽気な季節にうつしたらよい。
世界に冠たる日本の花火技術の粋をつくして花火を打ち上げる。世界のあちこちから集まってもらい、にぎやかに祝い楽しむ日にしたいものだ。

時は、すべてを洗い流してくれる。敗戦でうしろめたい皇国史観の残像も、あと数十年たてば、色あせて立ち消えになるだろう。戦時中は、戦意高揚の大役を担わされた神社も、いまや若い女性たちの観光ホットスポットに変貌してきた。
大阪でいまだにもめている国歌斉唱も国旗掲揚も、不幸にも70年も前の、あのころの悲惨な記憶を引きずってきた。


kenkoku2.JPG

テレビでみる外国の都市の街並みは、カフェでも洋品店でも、あちこちに国旗がかざってある。べつに祭日でなくても。
国旗は、町や店を活気づける。人をひきつける。
国旗はナショナリズムの象徴として掲揚するだけではない。町並みをおしゃれに元気にする街角のアクセサリーのはたらきをする。

あらためて日本のイメージを誇り高くグローバルにひろめるのに、国旗も国歌も必要だ。かつて日の丸の小旗は、出征兵士を送るとき、皇族たちの巡行を出迎えるとき、ちぎれるように打ち振られた。しかし、時代は、もう21世紀だ。

日の丸は、これから日本がメシを食べるのになくてはならぬ登録商標だ。老舗ののれんなのだ。世界からリスペクトされねばならない。汗水たらして何世紀もかけて築いた国民の知的資産なのだ。メイドインジャパンの品質は、尊敬されている。末永くあとの世代に引き継ぐブランドなのである。
もう21世紀。次の段階へ進んではどうだろう。
「日の丸」の国旗は、グラフイック的にみれば、世界でも最高傑作のデザインだ。あのようなシンプルなデザインは、他国に類をみない。

kenkoku3.JPG


いまの国歌は、試合前の演奏では、ノリにくい。いざ戦わんという気分からはちょっとずれている、なんとかならんかな、と密かに思うのはオンチのぼくだけだろうか。
もっと軽快なメロディーの第二国歌もほしい。
みなが思わず口ずさみたくなる愛される国歌だ。
スポーツやイベントの始まる前など、観衆のみんなが声を張り上げて歌いたくなるようなのがいい。
そんな国歌なら、いまもめている「国歌起立斉唱」も、誰もボイコットせず、全員歌う輪にはいれるのではないか。教会でゴスペルソングが、みなからだをゆすって手を打って歌われるように。

投稿者 nansai : 2012年2月14日 11:58