縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2012年4月25日

四月二十五日 ことしも花見にはゆきそびれたが

年年歳歳、どうせ、花相い似たり。花見は,また人見でもある。出不精のぼくは、ことしも、花には失礼した。
129種類のさくらが見られると評判の造幣局のとおりぬけの夜桜を、とも思ったが、あの狭い敷地にえらい人出や。長い長い行列や。交通整理が声をからす。名残りの花の前で写真を撮ろうとする人たちに向かって「立ち止まらないでください」と絶叫する。あの人ごみを覚悟せねばならぬとなると、目と鼻の距離でもつい億劫になる。

hanami.JPG

花見を心待ちにする人は、花より酒。タクシーの運転手さんのはなしでは、このごろは「長屋の花見」のように地面にござをしくのではなく、椅子テーブルで、バーベキューらしい。満開のさくらの花も、もうもうたる焼肉の煙で、むせてへきえきだろう。

落語の「百年目」は、船場の大店の番頭はんの冷や汗物語だ。やり手で超カタブツでとおっている番頭の次兵衛、じつはなかなかの粋な遊び上手。
花の季節、こっそり店を抜け出して、いつもの顔ぶれの遊び仲間と芸者幇間を連れ、高麗橋から桜ノ宮へ屋形船をチャーターして、花見に繰り出そうという趣向だ。
むかしは、高麗橋のかかっていた東横堀川の川幅もひろく、貸切のリムジンタクシーのように大型の屋形船を待たせておいて花見としゃれることができたのだ。

角の駄菓子屋の二階に預けておいた粋な衣装に着替えれば、次兵衛さんもどこからみても大店のだんなさんだ。しかし、こうして自前の銭で遊んでいても、すまじきものは宮仕えとあって、あくまで、番頭は、人目に氣を使わんならん立場。
きょうも大川には、ぎょうさん屋形船がでている。でも、せっかく満開の桜を目の前にして、
「あのなあ、その障子開けといたらあかん。」
「きょうは蒸しますやないか。」
「いやいや、屋形船というものは、道通っている人がどんなやつらが乗っているのかのぞきたがるもんや、ひょっとして知っているもんに顔みられたらたいへんや、」
など番頭氏、氣を使いつつも、大屋形船の船足が遅く、そのうちに酔いがまわり気がゆるんだ。
肌ぬぎになり、はめをはずしているうちに、ほんまに運悪く、会ってはいけない旦那とはちあわせしてしまう、わあ、これはしたり、ここで会ったのが百年目や。酔いもさめはて店に飛んで帰ったが後悔先に立たず、もんもんと寝付けぬ夜。身につまされて、他人事でないというおなじみの名場面である。

ネットでは、文化勲章受賞の米朝師匠の高座がきける。クリックすれば、屋形船に乗ってすっかり花見気分だ。落語マニアでないぼくも、動画がゆっくり味わえるのがありがたい。人間国宝まだ髪が黒々しているころの名演。値打ちものである。

名作「百年目」の舞台は、やはり船場でなければ、と思いませんか。江戸の名人がたばになっても、大店の番頭が主役の上方版のほうに軍配があがる。ネットで、テキストつきで、人間国宝の至芸が味わえるのに、落ちがわからないという質問が多かった。うーん、しかたがないか。時代が違う。

ぼくも挿絵に、当時の屋形船をペイントで描こうとしたが、錦絵を見てもディテールがよくわからない。
花は満開でも、障子を閉めれば、人目がさけられる、花は障子に穴あけてみたらええがな、花のにおいだけかいどいたらよろし、とはせっしょうな。
で、せっかく花見にでかけながら障子を閉め切った、けったいな屋形船をたどたどしくマウスで描いた。おそまつ。

投稿者 nansai : 13:24

2012年4月 9日

四月九日 熱砂を越えて命を救うラクダ診療所?

焼け付くような熱砂の沙漠を、はるばると、ラクダがなにやら重い荷物を運んでいる。

rakuda.JPG

ラクダの背中に積まれているのは、小型の冷蔵庫と電源のソーラーパネルだ。冷蔵を必要とする薬品とかワクチンを、ラクダはケニヤやエチオピアの遠くの村まで運んでいる。いわば、沙漠の自家発電移動診療所なのだ。荷物を背負ってラクダは一日に150キロも歩くことができるそうだ。
ぼくは、このアイデアを、サンケイのコラム『ラクダが問う日本の家電』でみつけた。詳しく知りたくて、ネットで調べたら、ケニアの移動診療ラクダは、三年前から、エコの成功例として、すでにくわしく紹介されていた。

アフリカの照りつける太陽光エネルギーと暑さに強いラクダの組み合わせとは、考えたものだと感心した。でも、コロンブスのたまごで、だれでも思いつきそうなアイデアと思ったら、とんでもない。
NPOやプリンストン大学、カリフォルニアのアートセンターが力を合わせて、砂漠を越えて道なき道を歩いて運ぶラクダに搭載できる軽量機器とこのシステムを2005年に開発した。重い自家発電冷蔵庫をのせる鞍はタケ製。開発予算は数千ドルしかなく、試作にはブロンクス動物園のラクダに協力してもらったそうだ。引き続き寄付をつのっている。

コラムの筆者は、指摘する。
スイスのビジネススクールでは、このラクダ冷蔵庫の発想こそ、大赤字に苦しむ日本の家電企業に欠けているものだという。要素技術の開発には熱心な日本には、軽い冷蔵庫も発電能力の高い太陽光電池を作る技術はある。だが、その延長線上に、ラクダ冷蔵庫は出てこない。アフリカの奥地の貧しい医療状態の解消に役立つ太陽光を利用した薬品冷蔵移動システムなど、世界のすみずみにどんなニーズがあるかには、日本企業は無頓着なのだと手厳しい。

投稿者 nansai : 14:54

2012年4月 2日

三月三十一日
財政危機のイタリアでは、学者首相が緊急登板。
なんと閣内には、政治家がひとりもいないそうだ。

どんなに国が莫大な借金に押しつぶされそうになっていようが、痛みを強いる緊縮策を打ち出そうものなら、すぐデモや暴動の起こるお国柄である。
ここは、各政党も無用の争いをやめ、学者首相の知見に従おうとした。

4月2日.JPG

イタリアのあたらしい学究派の首相が来日した。
あわや債務不履行か、とまで心配された財政危機に急遽登板して、冷静沈着な対応で国民の信認をとりつけ奮闘中のモンティ首相である。タイム誌にも取り上げられ、オバマ大統領も絶賛した。
NHKのインタビューに応じ、政治について語ったことばが、日本人の耳に痛く、国情は違うにしても、深く、うなづかされたことだった。
かれは、学者で、どの政党にも属していない。経済商業専門のボッコーニ大の学長も務めた人物。
だから、有権者のしがらみに縛られず、きびしくても、正しい政策が打ち出せたと、モンティ首相は語った。たいへんだったろう。いまも労働問題は火種がくすぶっているという。
「たとえ痛みを伴う政策でも、将来のために何が必要か具体的に説明するのが、議会や国民の支持につながる」と述べた。

いまイタリアの内閣には、首相をふくめて政治家がひとりもいないそうだ。有識者内閣である。財政破綻にあえぐイタリアは、万策尽きて政治家を除く有識者で内閣を構成した。常識を超えた起死回生の策だ。
首相自ら来春までと人気を区切った暫定政権だから、難題を飛び越えられたといわれている。短期間だから、政党も受け入れた。


一方、日本の国会議員は、政局に血道をあげている。
しがらみにがんじがらめにされた日本の政党は、次の選挙だけが目標で、国全体とか、国の将来を考える政治家はいない。イタリーと違い、まだせっぱつまっていないとの甘い見通しなのか。
選挙は、政策よりも、とにかく数だ、という、田中角栄型政治家があとをたたない。
党内の融和が、国益に優先するのも不思議な現象だ。公益企業や組合など特定の既得権益をまもるのに必死で、国の将来をかえりみるゆとりがない。候補者の公約は、大半は絵空ごとで終わってしまう。

有権者の半分近くは棄権する。政党は、地元や組合、企業の既得権にすり寄り、ばら撒きを公約し、票をかき集めた。口癖のように国民のしあわせとか民意を連発するが、ひたすら、目先の一票しか頭にない政治家たち。
あげくのはて、イタリーもびっくりの膨大な国の負債が積み上がって、年金も農業も原子力発電も、こうして惨憺たる現在の体たらくがある。

学者でクールなモンティ首相は強調した。
目先の人気や政治的なしがらみにとらわれなかったので、財政支出の削減や年金などの構造改革が可能になったと。
就任前と比べて状況は大幅に改善されたという。財政赤字は来年までにゼロにすると言い切る。労働法改正では組合が反発しているようだが、それでも支持率が下がっても55%だからたいしたものだ。

しがらみに縛られた政治家を排除しなければ、正しい政策が日の目を見なかったイタリアの暫定内閣。足の引っ張り合いに明け暮れる日本の政治にも何かを教えてくれる。

投稿者 nansai : 11:28