縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2012年5月25日

五月二十四日 あの夏まで無名だった飼いイヌ。
事件のたたりは不滅、というから、アメリカはおかしい。こわい。

シェイマスという名のアイリッシュセッターとかれの飼い主が引き起こした「事件」が、いまだに物議をかもしている。
inu4.JPG

当時36歳の飼い主は、ボストンとカナダまで、ステーションワゴンに6人の家族と荷物を満載して走った。道中、シェイマスは、かごにいれられて、12時間ワゴンの屋根の上に。途中で子供たちが後部の窓に茶色い液体が垂れて流れているのに気付いて騒ぎだした。シェイマスは下痢をしていたのだ。飼い主は、給油所に立ち寄り、イヌにホースの水をぶっかけ汚れを洗い流し、そのまま、なにごともなかったようにハイウエイを走り続けた。この事件?は、1980年の夏、かれこれ30年前の話だ。主人公シェイマスはとっくに亡くなっている。
inu2.JPG

ふつうの家族なら、新聞にのるような事件?ではない
シェイマスの飼い主は、なんと若かりし日のミット・ロムニーだった。今回の共和党の大統領候補(当確)だ。大富豪でモルモン教徒というのが、保守派でも支持のわかれる人物。

アメリカは6千万匹をほこる愛犬大国だ。愛犬家からみれば、有名人のくせに、なんちゅうことをする、許せん。この飼い主のふるまいは、残酷きわまりなく拷問そのものだというわけだ。なぜ人でなしを刑務所にいれないのだという過激な声も。

この事件?はいつあかるみにでたのか。2007年の選挙期間中にボストンの地元紙にすっぱぬかれている。いきさつは、ウイキペディアにくわしい。
選挙戦では、この手の個人攻撃は、いかにもアメリカらしく、ユーモラスでもあり、笑えぬ部分もありで、おどろかされるが、利害関係のまったくない日本の野次馬としては勉強になる。

inu3.JPG

さっそく、「ロムニー候補に反対するイヌたち」というサイトがたちあがり、キャンペーンのTシャツやステッカーなどがネットで売られている。のりにのって、本も来月売り出されアマゾンで買える。ようやるわという感じだ。ぼくがマウスで描いたシェイマス像は、まるで似ていないと思う。

「事件」は、くりかえし、むしかえされて、動物保護団体からはごうごうたる非難のアラシがまきおこっている。マスメディアも取り上げた。「ニューヨーカー」誌の表紙にもなった。どこまでまじめなのか、なんとなくおかしい。
インタビューにも当のロムニー候補はどこ吹く風だが、夫人の「シェイマスは風を楽しんでいたのよ」のひとことが愛犬家の怒りに火に油ををそそいだとか。

選挙の足の引っ張り合いにはもってこいの話題で、まず共和党の仲間うちで、二回の選挙に利用され、ライバル候補者たちが飛びついた。選挙戦での誹謗、中傷は半端ではない。選挙コマーシャルビデオも放映された。
つぎは、本番の選挙戦の火ぶたが切られる。オバマ大統領陣営も、ちくちくと、動き始め、共和党筋からはオバマは少年のころイヌの肉を食ったという反撃も。
いやはや、ごくろうなことである。両陣営の健闘を祈ろう。イヌも食うまいが。

ぼくはシェイマスもアメリカの選挙のことも、最近訪れたこともないし、あっちのことは何も知らずに書いている。
ある日の朝日か毎日にのった小さな記事に興味をひかれて、ネットをひらいてみたら、「ドッグ オン ザ カールーフ」のストーリーは、執念深く追跡するマスコミに取り上げられていた。膨大な情報量である。ロムニー候補の人格を疑わせるもの、弁護するもの、いろいろだ。ネットに残された資料を追うだけでさまざまなことが見えてくるのに、いまさらながらデジタルの情報集積能力に驚いた。

四半世紀も前の過去の記事もすぐ探せるネットのアーカイブ力は、あらためてすごいと思った。わが国では、人のうわさも75日、水に流すし、新聞社はサーバーの維持費を節約してか、過去の資料がでてこない。小沢サンが過去なにをしたか、消費税についてどういったのか、皆忘れている。

投稿者 nansai : 2012年5月25日 11:24