縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2012年10月29日

十月二十九日 いってらっしゃい。皆既日食観測隊

友人たちが、はるばるオーストラリアまで、生涯忘れられない経験を求めて、皆既日食を見にゆくという。十一月十四日6時38分から2分間のドラマが、その瞬間だ。
日食の魅力に、やみつきになって、追っかけをしている人が、世界中にいるときいた。現地のホテルも満杯らしい。

koara1.JPG

記念のTシャツをつくりたいというから、お安いご用だ、マウスで絵を描いてプレゼントした。
オーストラリアも皆既日食も、ぼくはみたことはないが、ごまんとあるグーグルの写真からイメージを拝借した。西も東もわからないのだが、短絡すれば、オーストラリアといえば、コアラだ。
皆既日食で、空がにわかにかき曇り真っ暗になる。
おびえてお母さんにしがみついているコアラの赤ちゃんを描いてみた。限定6枚のTシャツだが、現地にコアラ親子が棲息しているかどうかは調査不足だ。
皆既日食の間は、コロナと呼ばれる太陽の外層大気がみえるだけ。暗闇に炎の輪がゆらぐ。きれいだろうなあ。
月が通りすぎて太陽が再び姿をあらわす頃になると、コロナ環の頂点に、有名な「ダイヤモンドリング」がかがやくのだそうな。このハイライトは、勉強不足で描きそこねた。

10億年後には、月と地球の距離は今より大きく離れるから、皆既日食は起こらなくなるらしい。見るのならいまのうちだ。以上、ナショナルジオグラフィックから。

当日は雨の降らないことを祈ろう。
まぶしいダイヤモンドリングを、ぼくは、北半球からテレビでウオッチということになる。パナソニックは、太陽電池パネルとリチュームイオン電池で発電、蓄電した電力を使い世界にライブ中継するらしい。

tsyatu.JPG


投稿者 nansai : 2012年10月29日 14:30