縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2012年11月13日

十一月十三日 明治の大阪の街では、人力車が最先端の乗り物だった。排ガスゼロ。燃費ゼロだったが。

jinriki6.JPG

人力車には乗ったことがない。こどものころ、お医者さんが往診で乗っていたかすかな記憶がある。

昔の大阪で人力車といえば、「ベンゲットの他あやん」こと、老いた佐渡島他吉が、あとから追いかける幼い孫娘を気遣いながら、梶棒を押し大阪の街を走る、あの場面が浮かぶ。舞台は、人力車がすでに衰退していた昭和15年ごろ戦時中の大阪だ。織田作之助原作「わが町」を森繁久彌をはじめ幾多の名優が、映画に、舞台に、演じた。

明治の始め、掘割の街を人力車と巡航船が往来していたと「大阪市営交通90年のあゆみ」にある。
当時人力車は、文明の利器、時代の先端をゆく交通手段で、日露戦争前の明治35年ごろまで、人々の足になった。
駕籠にかわり西洋馬車をヒントにして発明されたといわれる。
人力車は、木製の車輪に鉄板を巻き、軒を接する狭い街路を疾走した。『ガラガラ』と呼ばれて、石ころ混じりの道を走る。さぞすごい音だったろう。
明治2年に東京に出現、半年後には大阪にお目見えした。明治4年には,高麗橋一丁目に開業した。
鉄道は次々に開通したが、市内を走る大阪市民の日常の足ではなかった。


jinriki2.JPG


人力車は、なぜそれほどの人気を得たか。
それまでの駕籠にくらべて早くて乗り心地がいいと大評判となったそうだ。街の交通の要所や花柳街には人力車の店舗が置かれるようになった。
明治28年には、大阪府下で一万台を突破。最盛期には2万台に達したという。
当時の錦絵をみると、梅田停車場の前はずらりと客待ちの人力車が勢ぞろいしている。今のタクシー乗り場のようだ。


jinriki3.JPG


雇用にも寄与した。
からだが丈夫で自分の足と車さえあれば、すぐに商売になり、燃料もえさ代も運転免許も必要ないとあって、曳き手の車夫も急激に増加した。
来日したアインシュタインは、人力車を用意されたが、非人道的労働なので自分は乗れない、と断ったというエピソードがある。事実だろうか。


日清戦争後の不況のどん底にあった大阪は、明治36年に第5回内国勧業博覧会を開催。後年の万博のように、なんと530万人を誘致した。
大成功だったが、未曾有の観衆をさばかねばならない交通事情は、新しい時代へ向かう。


チャンス到来とばかり、人力車は、せっかく公認を受け、集められた2千人の車夫はいっせいに赤い帽子をかぶったのに、開幕1週間後に、白い船体の巡航船が客を満載して走り出した。
巡航船は、定員30人乗り。石油原動機の音から、ぽんぽん船と呼ばれ、大阪の格子のような堀や川を利用して人気を得た。
通天閣の下あたりにつくと、目の前はもう博覧会場という便利さ。全区間乗っても二銭。乗り心地よく、料金は人力車の半分以下だから、瞬く間に人力車の客を奪った。客を奪われた車夫は怒り、暴動となった。
以降、人力車は急劇に落ち込む。

しかし、そのぽんぽん船も、明治42年から市電がデビューして、開業十年で姿を消した。

まもなく、市バス、地下鉄が大阪の足になるのだが、市場原理とはいえ、なんともすさまじい大阪の交通近代化だった。牛に引かれて地下鉄の車両がはこばれてゆく写真が「大阪市営交通90年のあゆみ」にのせられている。

投稿者 nansai : 15:04

2012年11月 6日

コンテンツライターとは

投稿者 nansai : 13:59

2012年11月 5日

十一月五日
ばーさん、じーさん、おめでとうございます。ついに電子出版へ。7年間こつこつ撮り書き綴った2人3脚の料理写真ブログ。すごいことです。

syoseki.JPG

主婦たちに人気のブログ「ばーさんがじーさんに 作る食卓」が、このたび電子書籍化された。うれしいことだ。これからの電子出版のさきがけになるだろう。

じーさんのためにばーさんのつくる、カロリー計算の制限付きの食事をおいしくとアイデアと愛情いっぱいの献立を、じーさんがカメラで撮り、ばーさんの日々のストーリーを口述して綴られたブログである。
電子書籍化されると、紙の本なら400ページのボリュームだとか。ブログに掲載された写真、文章におさめられ、料理本には不可欠の索引がついている。この内容はむしろ電子版にぴったりだ。作者夫妻の好意により、電子版第一巻は無料である。

このブログは、すでにクロワッサン誌に紹介され、出版もされて、世代を超えて数多くの愛読者、ファンに支持されているが、このような共感を呼ぶ心温まるストーリーが、どんどん電子出版されるだろう。
スマホやタブレット、パソコンがあれば、電子版は、台所や食卓やこたつの上で、通勤の車中で、旅先で、海外でも、どこにでも持ち歩け、読める。書店で棚をさがさなくても、あっという間にダウンロードして読める時代がきた。
要するに、内容しだいだ。知りたい、読みたい、参照したい、という読者の願いがあれば、紙の本もスマホもタブレットもない。「ばーさんがじーさんに」(電子版)はいつまでもダウンロードされ続けるだろう。今の返本制度では、書店の棚には、長くおいてもらえないから。

作者ご夫妻は、昔から存じ上げている。仕事仲間と言うよりは、恩人のひとりだった。写真でみると、いまは隠れ里に隠棲する仙人のような風貌にお見受けするが、若き日のじーさんは、腕利きの天才アーチストで、博覧強記のアイデアマンだった。

電子化は、二人のフリー編集者がたちあげた電子出版社の第一号版となるという。大組織の出版社でなくても、すぐれたコンテンツさえあれば、すぐに電子出版の手続きに入り、印刷、在庫、流通の必要な出版ほどリスクをおわずに、世に問うことができるのだ。
だれもが出版者になれる。ダウンロードでベストセラーの時代が来た。

投稿者 nansai : 15:38

2012年11月 2日

十一月二日 この絵巻、とうとう500本になりました。
日本語の文章は、やはり縦組みでなければ、と願いつつ。

このようなブログの平均寿命は、どのくらいだろう。案外短命ではないかと思う。普通の日記なら、毎年、毎日、書き継ぐのが当たり前だ。几帳面でないと続かない。

mausu1.JPG

無精なぼくが書く絵巻は、おどろいたことに今度で500本目になる。やすみやすみ、とぎれとぎれなので、正確にはちょっとあやしいが。
文章や絵を描くことは、表現によって自分をたしかめる行為だ。ふと気がついたり、つれづれなるままに思うことがあって、文章を縦書きにしマウスで描いた絵を添えて、巻き物のように、画面を横に横にと、書きすすめていった。
それが、いつの間にか、500本に達した。長さ何メートルになるだろうか。天満橋は越えたはずである。

mausu2.JPG

今の世の中と言っても、全世界の同時多発問題が、いっせいに脈絡なく発信されている。国内の問題も、短い新聞やテレビ解説で、一部を知るだけだ。それも、殺人事件や事故報道が優先される。
議論も極端から極端へ対立し、ぼくのような年老いた穏健派は、のまれて立ちすくむだけである。
しかし、かつて戦争という人類の愚挙とその後を歴史として体験した一人として、ああ、この道はいつかきた道だ、また懲りずに同じ事をはじめるのか、と感ずることを自分なりにまとめてみたいときがある。いうてせんないこと。どうにもなるわけでないが。
ちょっと待てよ、その意見はどうも違う、うまくは説明できないのだが、そんなことどもを書き付けておきたい。まったくそのとおりだ、意表をつかれた、わが意を得た、という場合も。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという。
ぼくは賢者の見解を受けいれて、自分の考えに織り込みたい。ぼくは自分の体験を証言者として重んじるが、ネットを探索すれば、いまは愚者も歴史の真実に接することが可能になった。歴史資料がぞくぞく発見されている。
こんな絵巻ではあるが、なにをかくそう、りっぱな大義名分がある。

mausu3.JPG

それは、いま横組み全盛の世のウエブに、日本伝統の縦書き文章をあえて持ち込むことだ。
ウエブのうえでの日本語文章の縦直しだ。現在ネット上で縦組みは、ほとんど見当たらない。
ところが 意外にも、売りだされた最新のタブレットにも、日本語文章の縦組みのレイアウトはおあつらえむき、じつに読みやすい。
日本語の文章が、ウエブ上で縦組みで読めないのはおかしい、とずっと前から、ぼくは怒っていた。横組みにすると、内容が深くても、文字量が多いと読めないと、敬遠されるのを残念におもっていた。

mausu4.JPG

ウェブでも、日本語を縦書きして読もう、文章によっては横書きは、日本語のせっかくの味わい、趣きを殺してしまう。なじまない。飛ばし読みしにくいという致命的な問題があるのに、あまり問題にされないのはおかしい。
先日亡くなった丸谷才一さんも同意見だった。大新聞の横組みの試みは、あれは新聞の本分の読みやすさに背を向けた背信行為だと思うのだが。

ブログを使ってこの縦組みのかたちを構築してくれた方々に感謝したい。本邦初の快挙なのだ。
ぼくとしては、遊園地のお猿の電車の線路を敷いてくれた人たちに、こころからありがとう、をいわねばならない。
中野さん(故人)、倉内さん、杉村さん、スカイアークさん、お世話になりました。
運転手の猿は敷かれた線路をぐるぐると、気楽に気まぐれに運転させてもらっている。
電子出版元年のことしから、読みやすい縦書きが注目されるはず、おもしろくなってほしいものだ。

mausu5.JPG

もうひとつの続けられた動機は、マウスで描く絵だ。
さし絵と文章、そのすりあわせに興味があった。
ストーリーのスジを、あれこれ考えるのは川柳、短歌、俳句とおなじだ。
なにせテーマが思いつきでばらばらなので、追っかける絵が思いつけず、あたふたするのがおもしろい。
やっと思いつくと、手を動かして、まず、マウスでたどたどしく描く。たどたどしくしか描けない。それを長年かかって少し覚えたワザで、塗りつぶしたり、拡大したり、ゆがめたり、色を変えたり。さっと消したり。だんだん絵にみえてくるからふしぎだ。

投稿者 nansai : 10:25