縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2012年11月 5日

十一月五日
ばーさん、じーさん、おめでとうございます。ついに電子出版へ。7年間こつこつ撮り書き綴った2人3脚の料理写真ブログ。すごいことです。

syoseki.JPG

主婦たちに人気のブログ「ばーさんがじーさんに 作る食卓」が、このたび電子書籍化された。うれしいことだ。これからの電子出版のさきがけになるだろう。

じーさんのためにばーさんのつくる、カロリー計算の制限付きの食事をおいしくとアイデアと愛情いっぱいの献立を、じーさんがカメラで撮り、ばーさんの日々のストーリーを口述して綴られたブログである。
電子書籍化されると、紙の本なら400ページのボリュームだとか。ブログに掲載された写真、文章におさめられ、料理本には不可欠の索引がついている。この内容はむしろ電子版にぴったりだ。作者夫妻の好意により、電子版第一巻は無料である。

このブログは、すでにクロワッサン誌に紹介され、出版もされて、世代を超えて数多くの愛読者、ファンに支持されているが、このような共感を呼ぶ心温まるストーリーが、どんどん電子出版されるだろう。
スマホやタブレット、パソコンがあれば、電子版は、台所や食卓やこたつの上で、通勤の車中で、旅先で、海外でも、どこにでも持ち歩け、読める。書店で棚をさがさなくても、あっという間にダウンロードして読める時代がきた。
要するに、内容しだいだ。知りたい、読みたい、参照したい、という読者の願いがあれば、紙の本もスマホもタブレットもない。「ばーさんがじーさんに」(電子版)はいつまでもダウンロードされ続けるだろう。今の返本制度では、書店の棚には、長くおいてもらえないから。

作者ご夫妻は、昔から存じ上げている。仕事仲間と言うよりは、恩人のひとりだった。写真でみると、いまは隠れ里に隠棲する仙人のような風貌にお見受けするが、若き日のじーさんは、腕利きの天才アーチストで、博覧強記のアイデアマンだった。

電子化は、二人のフリー編集者がたちあげた電子出版社の第一号版となるという。大組織の出版社でなくても、すぐれたコンテンツさえあれば、すぐに電子出版の手続きに入り、印刷、在庫、流通の必要な出版ほどリスクをおわずに、世に問うことができるのだ。
だれもが出版者になれる。ダウンロードでベストセラーの時代が来た。

投稿者 nansai : 2012年11月 5日 15:38