縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2013年5月22日

五月二十二日
さいわいにも、戦争を知らず戦場に赴いたことのない人たちには、いま声をあげて読んでほしい詩集がある。とくに安部総理ほか、政治家諸氏に。

senjyou.JPG

もし私が蛇に生まれていたら
或いは私が限りなく青大将に近い人間であったなら
私は決して中国大陸へ向かう
輸送船になど乗らなかった
だって私は村の小川で泳ぐのは好きだけど
海を越えてよその国へ押し掛けるなんて
大それた気持ちには
一度としてなったことがないもの
井上俊夫「もし私が蛇に生まれていたら」から

五年前になくなった井上俊夫(1922―2008〕は、詩人でエッセイストである。1957年詩集「野にかかる虹」第七回H氏賞を受賞した。日本現代詩人会、日本の詩集2006で先達詩人として顕彰されている。
井上俊夫は、昭和17年に大阪の連隊に満20歳の現役兵として入隊、中支那の前線部隊に送り込まれ、4年間戦った。
詩集のほか、著作に、初めて人を殺す老日本兵の戦争論 2005(岩波現代文庫)

没後、なお、ネット上に彼の遺言とでもいうべきウエブサイト「浪速の詩人工房」(かもがわ出版)が墓碑のように残されている。
詩人は、サイトの冒頭で、いまも呼びかけている。
日中戦争(アジア、太平洋戦争)に従軍体験を持つ男のホームページ。
かの戦争とはなんだったのか。―と、詩とエッセーでもって問い続ける!)

「うわ、おう、うわおう、うらら!」
井上はこの詩を、ときに講演で朗読した。若者たちが従軍体験者の話に、激しく反発するのに、いらだっていたからだ。

この詩集は、戦場を知らない世代への、元日本軍兵士の遺書であり、世代を越えて、ぼくらが相続すべき財産である。そして後世に引き継ぐ責任がある。
これまであまり語られることのなかった中国大陸における日本軍兵士の過酷な実相が、詩人井上俊夫によって、切々と歌い上げられている

ぜひ、この人の詩集をネット上でひもといてほしい。
今生きている日本人のほとんどは、あの戦争を知らず,戦場に赴いた体験がない。本土決戦のための陣地構築には駆り出されたが、ぼくも戦場に立った経験はない。空腹で栄養失調の中学生であっても、15歳になれば、「国民義勇戦闘隊」に組み込まれるはずだったのだが。

投稿者 nansai : 2013年5月22日 14:13