縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2013年6月24日

六月二十四日
いいぞ、マートン! 起死回生のホームランや。(なに?ことしから飛ぶようになったボールのせいだと? うそやろ。)

bouru1.JPG

日本は、全く平和の国だなあ、と思う。笑えてくる。
ようやく沈静化したが、こんな多難な時期でも、突然飛ぶようになった野球のボールで、マスコミは大騒ぎだ。
ことしプロ野球でホームランが増えたのは、統一球になって飛ばなくなっていたボールが、なぜか、急に飛ぶようになったからだ。ボールを変えるのなら、密室でこそこそ決めるとは、けしからん。コミッショナーは責任をとれ。
大新聞の社説までが、とりあげた。
「この隠し球はアウトだ」

ウオールストリートジャーナルまでも、つぎのように、皮肉混じりに取り上げている。取り上げ方がおもしろい。
「東京市場が10%急落した夜、NHKは10分も費やして、このベースボールスキャンダルを報じた。」

横浜DeNAのトニーブランコ(32歳)は、四月に14本も本塁打した。日本のプロ野球では、これは、前代未聞の記録だ。おかしい、といぶかる声も聞こえた。
この時点でホームランは、昨年に比べて60%増えていたのだ。

bouru2.JPG

「ことしは、ボールがよく飛ぶ。打球の音と球のあがり具合いが違う。打球の速さも。」
と、四月には楽天のシマ捕手は、朝日新聞に取材されて答えている。
ネットでも「統一球」は廃止されたのか、の声があがっていた。

選手会の質問にも、なぜか、プロ野球機構は、なにも変わっていないと回答。
ひとのいいNHKの無難な報道は、ホームランがよく出ているのは「2011年に導入されたボールに強打者たちがなれてきたせいだ。」

そもそも「統一球」とは?
ぼくは知らなかったが、三年前、日本のプロ野球で、なぜ統一球の採用が決められたのか。ぼくなりに問題を整理すると、こうだ。
ボールの規格は、長い間バラバラで球団の暗黙の裁量にまかされていた。ならば、製造を一社にまとめ、統一しようということになったらしい。
もう一つ。オリンピックやWBCなど國際試合でも、選手がとまどわないような世界統一規格にしよう。ガラパゴス状態から抜け出そうとするのは、それ自体結構なことだ。

で、当時、決められた統一球は、WBCでも通用するように、つまり飛びすぎないように、ボールのコア部分に、あらたに低反発ゴム材を使用したという。統一球は、大リーグの公式球よりも、若干小さく軽い。球の縫い目の盛り上がりも低かった。

ところが、使用すると、予想外の事態が続いた。
ボールが、打っても、飛びがわるいのだ。

bouru3.JPG

たちまちホームランが激減して、僅差を争う投手戦が増えた。まったく気付かなかったが、統計でみると、2011年には本塁打数が前年の1605本から930本に激減した。どういうことか、統一球は、大リーグ使用球より飛ばなかったらしい。

ロースコアの試合は、よほどの野球通でなければ、退屈である。球場に向かう観客も減るだろう。

最初は、飛ばないのは、選手の打撃技術なのか、力不足なのか、変更の関係者には、原因がわからなかったのだろう。首をひねりながら、二シーズンが過ぎた。

認めたくはないが、どうも日本人選手の筋力では、このミズノ製の統一球では、遠くに、早く、飛ばせないことが判明してきた。ぼくの推測だが。

本塁打が出ないと、貧打戦では、観客は興奮しない。動員数が減ってしまう。愕然とした球団経営者側としては、これはいかん、商売にさしつかえると、日本選手が世界で戦う前に、目先の観客動員だ、となったのだろう。たぶん。
なんとかせねばという意見が、おそらくどこかの球団の一部から出されたにちがいない。察しがつく。

そもそも統一規格は、世界に伍して戦える日本野球のためにと、さだめられた。
それが、ホームランがでない、試合が盛り上がらないから、興行成績にひびくから、といって、いまさら統一球を廃止するとはいえない。ひっこみがつかない。世界で戦える日本野球という旗をおろすことになるからだ。
すぐさま統一球を廃止し、以前の飛ぶボールに戻すか、どうか。難しい決断だ。
プロ野球機構の立場からして、いったん制定した統一球を廃止することはむつかしかったのか。事務局がうろたえて独断で再変更できるはずはない。

しかし、背に腹は代えられない。
だから、一部関係者だけが密室で鳩首協議し、なんとかだれにも気づかれぬようボールの反発力を変えて、飛ぶように、メーカーに再設計変更の依頼をしたのだろう。それも極秘裏に。
うやむやのまま既成事実をまず作ろう、いかにもコソクというか、日本的な 御役所風のことのすすめかたではないか。
まずいことに、変更の有無については、製造元にぜったいに外部にもらさぬよう口止めした。

ところが、だれにもわかるまいと思ったのが、野球が職業のプロたちには、死活の問題だ。選手に気づかれて、ばれた。大騒ぎになった。マスコミも食いついてくる。
なぜ、変更を隠そうとしたのか、ふしぎだ。事務局とコミッショナーがつるしあげられた。ぼくには、犯人さがしと責任ととりかたはどうでもいいことだが。

ことし、ぼくら普通のノーテンキな阪神ファンは、大満足だった。優勝候補巨人に肉薄している。知らぬがホトケである。「統一球」も知らないし、ホームランが増えたことも気がつかなかった。
ことしはマートンもよう打つなあ。昨シーズンは、飛ばないボール対策でスイングをこわしてしまい、不振のどん底だった。立ち直って打撃開眼や。さすがだ、すなおに喜んでいた。

そもそも、ボールが飛ぶ飛ばないは、大リーグでも、日本でもかなり昔からの問題だったという。90年代大リーグでもガンガン、ホームランが出たのは、選手が禁止薬物ステロイドに頼ったということもあった。打撃成績は、選手の高額報酬の増減に直結するからだ。

いまさらいうてせんないことなのだが、もともと日本人は、体力にめぐまれているとはいえない。
体格、筋力のハンデキャップがある。
大リーグのハンクアーロンと王貞治を比べて、野球環境の違う本塁打の世界一を競うのには無理がある。

プロスポーツの流れとしては、サッカーのように、国籍にこだわらず、グローバルに人材を求めるようになるだろう。プロ野球も日本の場合は、限られた外人枠の範囲で、人材を求めざるを得ない。

さらに、出場選手の国籍にこだわるオリンピックやフィファ大会となると、まさにひいきのひきたおしの
愛国ゲームだ。スポーツのはずが、応援も国境紛争のように熱がはいる。

一方で、スポーツは、選手、観客を納得させ満足させるハンデのつけ方が重要だ。体力差にハンデを与えることが考慮にいれられればだが。
スポーツの世界は、ゴルフをはじめ、楽しく競うために、性別、年齢のほか、重量別などハンデをつけて、公平な競技条件を設定し無理な勝負を避ける知恵を出してきた。

かつては、甲子園球場にはラッキーゾーンが設けられていた。
高校野球は、育ち盛りの球児の体調を考慮して、ボールもバットも特別の仕様だ。

いうまでもなく、野球に限らず、プロスポーツは、興行というビジネスである。マーケテイングのノーハウを生かしてなんとか観客をひきつけ永続させねばならない。大きな権限を持つアメリカのプロ野球コミッショナーは、それが仕事だということだ。
さて、飛ぶボール、飛ばないボール。高校野球であれ、プロ野球であれ、どっちがいいか。
世界で共通するきまりか、ローカルな観客というコミュニティで受け入れらるきまりか。あくまでも日本の国籍にこだわる愛国型の競技か。
ものさしは、一つではない。
だからといって、なんとなく密室でこそこそ決めるのは、どうかと思うのだが。

投稿者 nansai : 13:59

2013年6月 6日

六月六日 羽根布団と恐竜とのつながりについて

早朝から近くの雑木林でやかましく鳥のさえずる声が聞こえてくる。さえずりは、英語でツイートのはずだが、「ツイッター」は、なぜか「つぶやき」と訳された。つぶやいてください、などとテレビでいわれると、へんな感じだ。日本語の「呟く」は、小さい声でぶつぶつ独り言をいうことだから、他人には聞こえないはず。ま、どうでもいいか。
「鳥インフル 羽毛高騰」
と、今日の朝日夕刊が、なぜかトップで報じていた。日本列島は、梅雨入りで、蒸し暑いのに。
そういえば、この冬も、ねこもしゃくしもダウン衣料の大流行だった。布団や防寒着に使われるダウンの原料は、アヒルやガチョウなどの水鳥の羽毛だ。中国では、鳥の羽毛は食用の副産物だが、これが、鳥インフルエンザの発生で生産量が激減して、価格が1.5倍にはねあがっているらしい。昨冬ダウンで大儲けしたユニクロは、手当てに大変だろう。


mizudori1.JPG


たまたま、「鳥の先祖は、草食系恐竜か?」という記事が同じ新聞にのっていた。とれとれの新発見らしい。新種の化石が、中国遼寧省でみつかったそうだ。この地域は、一億三千年前の火山の大噴火で生物が大量絶滅したが、ポンペイのような状況になって奇跡的に化石が発見されつづけている。恐竜を絶滅させた隕石の大衝突をさかのぼること、7000万年も前だ。

ひるがえって、21世紀。せいぜい70年前の昭和前期の戦争の歴史認識で、いつまでも恨み骨髄の国と済んだことを水に流したい国と、あとにはひけないくらい、目くじら立てて、もめている。
日本の政治家は、アべさんをはじめ歴史認識が足りないと、国際的に眉をひそめさせている。この百年日本の周辺で何が起きたか、敗戦を忘れたのか、史実を学んでいないと、杖ともすがる同盟国アメリカからにも。

それにつけても、地球の歴史は、長いなあ。46億年か。テレビをみていると、学校の教科書で習わなかったことで、はじめていろんなことが説明できることがわかってきた。

あまりに「むかしむかし」で、「歴史認識」とは関係ないだろうが、羽毛つながりでいえば、ガチョウもアヒルも、スズメも鶯も、先祖は、恐竜ということになる。一部の恐竜が体毛に覆われ、羽根が生えて空を飛ぶようになった。羽毛恐竜の化石が、近年中国北部で次々に発見されて、学説が一変し今や常識だ。地球の歴史の流れの上に生物の命の連鎖がある。


mizudori2.JPG


テレビやネットをみるだけで、地球の「歴史認識」は、老いた文科系のぼくの常識を、心地よく完膚なきまでこわしてくれる。ああ、何も学んでこなかったのだなあ。とても興味深い。(勤勉の才能にめぐまれていなかったおかげで、間違った教科書の勉強をさぼって、得をしたとも。いや理解できなかっただけなのだが)

最近ぼくは,本屋で2冊の「教科書」を買った。
新潮文庫の「三十八億年生物進化の旅(池田清彦著)253ページで、たったの460円。
もう一冊は、ベストセラーの「百三十七億年の物語 宇宙がはじまってから今日までの全歴史」クリストファーロイド著 文芸春秋刊 2990円。
おそらく入学試験には出ることのない内容だろう。

すべての恐竜が6500万年前に絶滅したわけではない。ある種は生き延びて、その子孫とぼくらは毎日会っている。鳥だ。
125年前に、古生物学者は、やっとそのつながりに
気付いた。鳥たちが、小型獣脚類の恐竜から進化したのは定説だが、色とりどりの羽毛恐竜の化石が中国遼寧省で続々発見されたのは、そんなにむかしのことではない。90年代にはいってからだ。
このたび一億2500万年前の地層から発見された新種は、体長約2?でくちばしが発達、歯のぎざぎざが食物繊維をかみ切るのに適していた。と、日中共同研究チームが発表した。
ネットには、さまざまの鳥の先祖のカラフルな想像図がのっている。名前はさっぱりおぼえられないが、ペイントで模写してみた。だれも見たことのない想像図だ。


mizudori3.JPG


6500万年前の大隕石の衝突で、ほとんどの恐竜は滅びた。あの大惨事からせっかく生き延びたのに、鳥などの動物たちは、人間の手で絶滅に追いやられようとしている。アホウドリも、その例だ。
19世紀にはもともと1000万羽はいたらしいが、明治のころは、アホウドリを殺戮して羽毛をむしりとって羽根布団を、日本は輸出していた。かわいそうに今は絶滅寸前である。
ヒツジは毛を刈られても殺されないが、人を恐れなかったアホウドリは殺された。翼を広げると2?あって動作が鈍かった。
鳥の種類は一万種。せっかく生き残った恐竜の子孫が、近年絶滅に追いやられつつある。遅れて地球に登場した人間の業は深い。

投稿者 nansai : 13:16