縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2013年12月16日

十二月十六日
ぞろぞろと新旧取り混ぜて、年賀状図案を並べました。東寺の終い弘法市のように。

uma1.JPG

これも馬である。干支にちなんでパソコンで、べっぴんな馬を描いた。チェコの絵本作家(八五歳のおばあさんだが)の展覧会(京都伊勢丹)で刺激を受け、鮮烈な色彩とタッチのヒントをいただいた。

uma2.JPG

東寺縁日の終い弘法市にならって、歳末には、年賀状の図案をここにならべることにしている。
パソコンで描くぼくの賀状図案は、干支の動物たちにちなむパズルだ。
テーマは十二年たつと、また振出しにもどる。また、馬か。いきおい似たようなアイデアになる。またワールドサッカーの選手に登場させることになる。

さあて、十二年前は、どんな年だったのか。

uma3.JPG

uma4.JPG

ここに並べたのは、2002年のリバイバルだ。
アーカイブをひっくりかえしてみると、「さあ来い,新年」と勇ましい。緊迫した世界情勢だったが、サッカーをテーマにした。
二〇〇一年、アメリカで九・十一同時多発テロ。皇室では愛子さんが誕生。年が明けて、サッカーのワールドシリーズが日韓で開催。小泉首相が初の訪朝。

uma5.JPG

ぼくの年配になると、年賀状を出す先が年々減ってくる。それも急速に。
一足先に、「喪中につき」辞退のしらせが来て暗然とすること、しばしばである。「新年初心」などと、胸張るのも、カラ元気じみてしらけてくる。あっけらかんと陽気なクリスマスカードと違うところだ。

で、東寺弘法市の露店よろしく、新旧とりまぜて、アットランラムにならべておく。

uma13.JPG

uma6.JPG

uma14.JPG

uma8.JPG

uma9.JPG

つぎのは、骨董価値がある。年賀状ではなく、全ページの年賀広告。はるかに遠い昭和の御代に本邦初めて?のカラーテレビがデビューしたころにさかのぼる。おめでたいコピーは、謹んでぼくが書いた。
さすがプロのイラストは絶品である。

uma10.JPG

ここ十年、年賀状の売れ行きがはかばかしくないとあってか、郵便配達さんにまで、はがきのノルマがおしつけられているらしい。ノルマを達成のため自腹を切って、金券ショップへ流れることもあるときく。


uma12.JPG


なにせ、はがきサイズの紙きれが一枚50円で売れるのだ。
六億円の宝くじがあんなに人気なのだから、年賀はがきも、出す人にも当たる(ひと工夫いるが、ここが大事)「初夢ダブル◎タカラ舟クジ」はどうだろう。

はがき一枚で日ごろのごぶさたを謝し、あらためて御縁を確かめ、福を分け合っておめでとうと、当たれば、春から縁起がいいのだが。

uma11.JPG

投稿者 nansai : 2013年12月16日 14:24