車を担保にするのは損!車金融で借りる2つのリスク

車金融 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

車を担保にしてお金を借りることができる車融資は、取り引きでのトラブルも多いんだ。

 

違法行為を行う業者だけでなく闇金業者なども多いから、とてもリスクが高いお金の借り方なんだよ。

 

ここではそんな車融資で借りるリスクについて紹介しているよ。

金融機関のカードローン審査を通らない人でも、自動車を担保にすればお金を借りることができます。
このシステムは「車金融」と呼ばれ、金融ブラックの人たちにとっては、数少ないお金を借りられる方法として重宝されています。

 

ただし、この車金融には2つのリスクが潜んでいます。

それを知らずに利用して、結果的に車を失うことになった人も大勢います。

そうならないために、ここでは車金融で借りることにどのようなリスクが潜んでいるのかを説明していきます。

闇金の恐ろしさについては、以下のページを見てみてください。

高金利だけじゃない!闇金から借りるリスクと対処法
金融ブラックの状態になった人にとって、審査なしで融資をしてくれる闇金はとてもありがたい存在のように思えますが、実際にはリスクばかりが大きく、とても利用をおすすめできない存在です。ここではそんな闇金から借りるリスクについて詳しくご紹介しています。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

車を担保にお金を貸してくれるなんて、普通の貸金業じゃないの?

 

全然危険がなさそうだけどなぁ。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

ブラックリスト入りの人でも借りれるメリットもあるんだけど、デメリットの方が大きいんだ。

 

僕と一緒に車担保融資について見てみよう。

このページで分かること

車を担保にお金を借りることができる車融資ですが、金融ブラックでも利用できるため、金融機関で借りられないという人にとっては、とても助かる存在です。

ただし、返済できなくなったときには車を失うことになるというリスクがあります。さらに、業者の多くが違法行為を行っており、金融機関で借りるよりも悪い条件で融資を受けることになっています。

それだけでなく闇金業者も多いため、法外な利息を請求されるだけでなく、車も売却されて何も残らないというようなリスクも潜んでいます。

確実に安全な業者を利用するのでなければ、トラブルに巻き込まれる可能性がとても高いため、お金の借り方としては、できる限り避けるようにしてください。

知っておくべき車金融の仕組み

まずは、車金融がどのような仕組みになっているかを、正しく理解することから始めましょう。

車融資で借りる流れと融資可能額

車融資で借りる流れと融資可能額

車金融でお金を借りる流れは次のようになっています。

  1. 車を査定してもらう
  2. 契約書を作成し融資を受ける

車融資の仕組みはとてもシンプルで、基本的には質屋でお金を借りるのと変わりません

車がいくらで売れるかを査定してもらい、その査定額の0.7倍程度まで融資を受けることができます

もし車の市場価値が50万円だとしたら、35万円まで借りることができます。

それで納得できた場合には契約をして融資を受けます。

50万円の価値があるなら、50万円貸してくれればいいのにと思うかもしれませんが、車の価値は時間の経過とともに下がっていきますし、何よりも完済までに事故が起こると、車の価値が0円になってしまいます。

そのような可能性も考慮して、査定額の0.7倍程度が上限になっています。

融資を受けた後の車の取り扱い

融資を受けた後の車の取り扱い

車を担保にしてお金を借りるわけですが、このとき車の扱いをどうするかは業者によって違います。

  • 名義変更をせずに業者に預ける
  • 名義変更をしてリースという形で乗り続ける

通常はこのいずれかの方法で融資を受けることになりますが、業者によっては「名義変更をせずに乗り続ける」というケースもあります。

ただし、これは業者にとってリスクがかなり高いので通常の車融資業者は行いません

車を預ける場合には保管代を払い、リースをする場合にはリース代を払います。

債務者の家具一式を買い取る売買契約を結び、売買代金としてお金を渡す。そして、業者がその家財道具一式を債務者にリースする旨のリース契約を結び、家具はそのまま家に置いておいて,リース料として法外な利息を取る。同様な手口として車リース金融もある。

引用元:金融庁「悪質な業者の例

もちろん、これらの費用とは別に利息も払わなくてはいけません

車融資で借りるときの金利

車融資で借りるときの金利

車融資もカードローンなどと同じ金融商品になりますので、法定金利が適用されます。

元本10万円未満 元本10万円以上100万円未満 元本100万円以上
年20%以下 年18%以下 年15%以下

もし融資額が20万円だった場合には、金利は年18%以下になります。

「以下」となっていても、ほとんどのケースで年18%が適用されます。

通常の金融商品の場合には、元本と利息しかお金がかかりませんが、車融資の場合にはこの他にも費用が発生します。

  • 保管代
  • リース代
  • 名義変更手数料

これらの費用がかなり高く、利息とは別に4万円前後かかることもあります

返済できなくなったら回収されて売却

返済できなくなったら回収されて売却

車が担保になっていますので、返済期限までに返すことができなかった場合には、車は回収されて売られてしまいます

業者はその売却した金額で借金の穴埋めをすることになります。
ただし、業者によっては、利息や保管代・リース代を払えば、返済期日を延長してくれることもあります。

車金融に潜んでいる2つのリスク

車金融に潜んでいる2つのリスク

車融資は金融機関から借りられない人にとっては、なくてはならない存在となっていますが、できることなら利用は避けたほうがいいお金の借り方でもあります。

車融資には次の2つのリスクが潜んでいます。

  • 返済できなくなったら車を失う
  • 違法な行為をする車融資業者が多い

返済できなくなったら車を失うというのは、車を担保にしているのですぐに理解できるかと思います。

ただ、そのリスクを軽く見ている人が多く、大きなトラブルになることもあります。

さらに車融資業者の中には違法行為をして稼いでいる業者もいます

この2つのリスクについて、それぞれ詳しく説明していきます。

返済できなくなったら車を失うというリスク

返済できなくなったら車を失うというリスク

借りたお金を返済できなかったら、車を回収されるのは当然のことですし、きちんと理解して利用しているかと思います。

このとき、車の所有権が自分にある場合には問題になりませんが、気をつけなくてはいけなのが、所有権がローン会社に残っているのに担保にしたというケースです。

車を買うのにローンを利用している人も多いかと思いますが、そのローンを完済するまで、名義がローン会社になっていることがあります。

このようなケースでは車融資を利用できないのが普通ですが、業者によってはそれでもお金を貸してくれることがあります。

ただし、この状態で返済できなくなると名義変更ができないため、金融車(いわくつきの車)として市場に出回ります。

名義変更をしていないので、ローン会社経由で自動車税の請求が来ますし、もし勝手に手放したことがバレた場合には、ローン会社に訴えられる可能性もあります

実際にかなりの台数の金融車が中古車市場に出回っていることを考えると、ローンが残っている車を担保にする業者も少なくないことが分かります。

トラブルになりたくないなら、名義が自分になっていない車を使って、車金融で借りるのは絶対にやめておきましょう。

違法な行為をする車融資業者が多いというリスク

違法な行為をする車融資業者が多い

車金融業者の中には、違法行為をして稼いでいる業者が多いというのも、車金融で借りるリスクのひとつに挙げられます。

  • 車検証を業者が預かる
  • 名義変更手数料を取る

この2点がよくある違法行為です。

担保にしている車に乗り続ける場合、逃げられないようにするために、業者は車検証を車の代わりに預かります

筋が通っているように思えますが、車検証は車に乗せておかなければいけないものですので、車検証を業者が預かるという行為そのものが違法です。

もし交通違反などで車検証を携帯していないことがバレると、最高50万円の罰金を支払うことになります。

もちろん払うのは自分自身です。

すでにお伝えしましたが、名義変更をする場合には、ほとんどの業者で名義変更手数料が発生します。

これも正しいように思えますが、利息が発生する融資では、利息とは別に手数料を請求することが認められていません。

このため名義変更手数料がかかること自体が違法行為になります。

業者は違法だと分かっていて請求しているケースもありますが、すでに慣例のようになっていて、当然の権利として請求してくるケースもあります。

いずれにしても、本来は払わなくてもいいお金を払わされることになります。

これ程度ならまだいいほうで、もっと大きなトラブルに巻き込まれることもあります。

次章では車融資でよくあるトラブルについてご紹介します。

車融資でよくあるトラブル

車融資はとてもトラブルが多いお金の借り方で、金融庁も注意を促しています

それでは、実際にどのようなトラブルが発生しているのか、具体的な例を見ていきましょう。

車を預けたら、完済前に業者と連絡が取れなくなった

完済前に業者と連絡が取れなくなった

車を預けてお金を借りたときに、返済の途中で車を持って業者がいなくなってしまうということがよくあります。

連絡先に記載されている電話番号も通じなくなり、車を盗まれたような状態になってしまいます。

もちろん犯罪ですので警察に届け出ることになりますが、相手のことがまったく分からない状態では警察も動くことができず、そのまま泣き寝入りすることになります。

そうならないためにも、きちんと実績のある業者であることを確認して利用する必要があります。

法定金利を遥かに上回る金利で契約させられた

法定金利を遥かに上回る金利

車融資をしている業者の中には闇金業者も紛れていて、そのほとんどが法定金利を遥かに上回る高金利で貸付を行っています。

高金利でもすぐに返済すればいいと思って契約したら、いろいろと理由をつけて完済させてもらえず、いつまでも利息を払わされ続けたりします。

また、闇金業者が融資をする場合には、返済が少しでも滞るとすぐに車を回収されて売られてしまいます。

それだけではなく「車に傷があり、査定額が下がった」として貸した金額の差額分を請求されるといったこともあります。

闇金業者は存在そのものが違法ですので、最初から法律を守って融資をするつもりがありません。

このような業者がたくさん紛れているのが車融資のこわいところです。

高額なリース代や保管代を請求された

高額なリース代や保管代を請求

こちらも闇金業者がよく使う手口ですが、リース代や保管代としてかなり高額な費用を請求してきます。

通常はいずれもそれほど負担にならない程度の金額しかかかりませんが、闇金業者の場合には、5万円以上の費用を請求してくることがあります。

返済できずに返済期間が伸びたら、当然のように保管代やリース代の追加費用も払わなくてはいけなくなります。

お金に困っているからお金を借りているわけですから、数ヶ月で返済できなくなり、最終的には車を売られてしまいます。

まとめ:まともな業者が少ないので利用しないのがベスト

利用しないのがベスト

車融資は金融機関から借りられない人も融資を受けられるというメリットもありますが、正規の業者でも違法行為を行い、しかも闇金業者のような悪徳業者が多数いるため、まともな業者がほとんどない状態です。

確実に信頼できる業者があれば利用しても構いませんが、それでも返済できなくなったときには車を失うことになります。

車を失うだけならいいですが、車のローンが残っている場合には、金融車として市場に出回るため、トラブルに巻き込まれることもあります。

とてもリスクが高いお金の借り方ですので、車融資を利用するくらいなら潔く車を売ってしまうか、別の方法での資金調達を目指しましょう。

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

高額な利子を払わされて車も手放すことになるなら、最初から売ったほうが良さそうだね。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

もし、車を手放したくないなら、他のお金の借り方を検討してみよう。

生命保険を担保にお金を借りることも可能だよ。

契約者貸付制度なら審査なし!生命保険を担保に借りる方法
生命保険のうち終身保険に加入している場合には、契約者貸付制度を利用してお金を借りることができます。金利が低く、無審査で融資を受けることができる魅力的な制度ですが、ここではメリットだけでなくデメリットも含めて、生命保険を担保に借りる方法をご紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました