生活福祉資金貸付制度で生活再建を目指そう!市役所で借りる方法

市役所, 借りる 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

金融機関からお金を借りられない低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯に対するセーフティネットとして、市役所で借りることができる「生活福祉資金貸付制度」があるんだ。

 

ここでは生活福祉資金貸付制度の対象者や、どのような資金を借りられるのかについて分かりやすく解説していくよ。

 

 

銀行や消費者金融などの金融機関は、安定した収入のある人だけを相手にしており、本当にお金に困っている人には融資をしてくれません。

貸したお金が返ってこないと赤字になってしまうので、それは仕方のないことではありますが、そうなると低所得者が困ります。

ギリギリの生活をしていると、子どもに十分な教育を受けさせる余裕もなく、またどうしてもお金が必要になったときに、金融機関で借りられないので闇金業者などを頼ったりして、余計にお金に困るような状況に追いやられてしまいます。

それではいつまで経っても貧困から抜け出せないため、金融機関からお金を借りることが難しい低所得者や高齢者、障害者は必要な資金を市役所で借りることができる、生活福祉資金貸付制度が用意されています

ここでは生活福祉資金貸付制度の概要をご紹介しつつ、市役所で借りるための条件や借り方について解説していきます。

高齢者で年金を受給されている方は、年金を担保にお金を借りることもできますよ。

年金担保融資を利用しよう!年金を担保に借りる方法
年金を担保にお金を借りることができるのは年金担保貸付だけで、会社員や自営業者だった人は福祉医療機構、公務員だった人は日本政策金融公庫から借り入れできます。ここではそんな年金担保貸付について、その特徴や利用方法について解説しています。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

ええ!?市役所がお金を貸してくれるなんてすごいね!

でも、誰でも借りれるわけじゃないんだね。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

あくまで、金融機関等でお金を借りれない人の措置だからね。

低所得者、高齢者、障害者の方はチェックしてみてね。

 

このページで分かること

低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯のように、民間の金融機関から融資を受ける人が難しい人は、生活福祉資金貸付制度を使って資金を市役所で借りることができます。

低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯等世帯単位に、それぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金、たとえば、就職に必要な知識・技術等の習得や高校、大学等への就学、介護サービスを受けるための費用等の貸付けを行います。

引用元:社会福祉法人全国社会福祉協議会「生活福祉資金

金融機関と同じように審査を受けなくてはいけませんが、低金利でお金を借りることができます

お金に困っている人のための制度ですが、利用するには返済能力が求められます。

自立の促進を目的とした制度であるため、単純に「お金が必要だから貸してほしい」だけでは融資を受けられないということを頭に入れておく必要があります。

市役所で借りることができる生活福祉資金貸付制度の概要

それではまず、市役所で借りることができる生活福祉資金貸付制度について、その概要をご紹介してきます。

生活福祉資金貸付制度とは

生活福祉資金貸付制度とは

生活福祉資金貸付制度は、金融機関からお金を借りることが困難な低所得者、高齢者、障害者の生活を金銭的に支えるための制度です。

それぞれの世帯に必要な資金(教育費・技術取得費・介護サービス費等)の貸付を行い、自立の促進を図ることを目的としています。

主体 窓口
都道府県社会福祉協議会 市区町村社会福祉協議会

主体となっているのは都道府県社会福祉協議会ですが、窓口になっているのが市区町村社会福祉協議会です。

正確には市区町村社会福祉協議会は市役所とは別の民間組織ですが、市役所内に設置されていることもあり、ここでは広義の意味で「市役所で借りる」としてご紹介しています。

いざ利用しようとしたときに混乱するかもしれませんので、「市役所で手続きをしても、市役所が貸してくれるわけではない」ということを、頭の片隅に置いておきましょう。

生活福祉資金貸付制度の利用条件

生活福祉資金貸付制度の利用条件

生活福祉資金貸付制度は誰でも利用できるというわけではなく、下記のいずれかに該当する場合のみ利用できます。

低所得者世帯 障害者世帯 高齢者世帯
市町村民税非課税程度の低所得者の属する世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人がいる世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

これらに加えて、下記の利用条件を満たしている必要があります。

  • 生計が安定していて返済の見込みがある
  • 貸付が支援となるとみなされる
  • 他の公的支援制度の利用ができない

重要なのは「返済の見込みがある」という点です。

生活福祉資金貸付制度はあくまでも貸付を行う制度であり、借りたお金は必ず返さなくてはいけません。

このため、金融機関と同様にきちんと返済できるかどうかの審査を受けることになります。

生活福祉資金貸付制度の種類

生活福祉資金貸付制度の種類

生活福祉資金貸付制度で利用できる資金には5つの種類があります。

資金の種類とその資金を利用できる世帯の組み合わせは次のようになります。

総合支援資金 緊急小口資金 福祉資金 教育支援資金 不動産担保型生活資金
低所得者世帯 低所得者世帯 低所得者世帯・障害者世帯・高齢者世帯 低所得者世帯 高齢者世帯

生活福祉資金貸付制度は低所得者世帯だけでなく、障害者世帯や高齢者世帯も利用できますが、例えば総合支援資金を利用できるのは低所得者世帯だけと決まっています。

それぞれの種類について、どのようなときに利用できるのか見ていきましょう。

総合支援資金

総合支援資金

総合支援資金

総合支援資金はリストラなどで失業して、日常生活を送るのが困難になった人を支援するための資金で、下記の3つの種類の資金が用意されています。

生活支援費

生活再建に必要な生活費です。

貸付額(複数世帯) 貸付額(単身世帯) 貸付期間
月額20万円以内 月額15万円以内 初期3ヶ月(最長12ヶ月)
住宅入居費

賃貸契約で発生する敷金や礼金などの経費です。

貸付額
40万円以内
一時生活再建費

公共料金の立て替え・就職するのに必要な支度費・技能を習得するための経費です。

貸付額 連帯保証人 貸付金利率
60万円以内 原則として1名以上必要(なしでも可) 無利子(連帯保証人なし:年1.5%)

緊急小口資金

緊急小口資金

低所得世帯が緊急かつ一時的に、生活が苦しくなったときに貸付してもらえる資金です。
医療費や介護費の支払い、火災などによる被災、リストラ、給料の盗難などの想定外にお金が必要になったときに利用できます

貸付額 連帯保証人 貸付金利率
10万円以内 不要 無利子

福祉資金

福祉資金

低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯のすべての世帯で利用できる、福祉に関する資金です。

障害者用の車の購入や住宅の増改築だけでなく、冠婚葬祭に必要な経費でも、対象であると認めてもらえれば、市役所で借りることができます。

貸付額 連帯保証人 連帯保証人 貸付金利率
580万円以内 不要 原則として1名以上必要(なしでも可) 無利子(連帯保証人なし:年1.5%)

教育支援資金

教育支援資金

低所得世帯に属する人が、高校・高専・短大・大学で就学するのに必要な資金(教育支援費)や、進学するのに用意しなくてはいけない入学金などの資金(教育支度費)を、市役所で借りることができます。

教育支援費
貸付額 連帯保証人 貸付金利率
【高校】月3.5万円以内
【高専】月6万円以内
【短大】月6万円以内
【大学】月6.5万円以内
世帯内で連帯保証人が必要 無利子
教育支度費
貸付額 連帯保証人 貸付金利率
50万円以内 世帯内で連帯保証人が必要 無利子

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は高齢者世帯向けの資金で、現在暮らしている持ち家やマンションなどを担保にしてお金を借りることができます

借りた人が死亡したときや、融資期間終了時に不動産を売却することで借金を返済しますので、価値のある不動産を所持していれば収入がなくても、確実に借りることができます

不動産担保型生活資金
貸付額 連帯保証人 貸付金利率
土地評価額の70%以内・月30万円以内 推定相続人の中から選任 年3%または長期プライムレートの低いほう
要保護世帯向け不動産担保型生活資金
貸付額 連帯保証人 貸付金利率
土地評価額の70%以内(集合住宅は50%)・生活補助額の1.5倍以内 不要 年3%または長期プライムレートの低いほう

市役所で借りるときの手順

市役所で借りるときの手順

どのような人が、どのような資金を借りられるか把握できたかと思いますので、最後に市役所で借りるときの手順について、簡単にまとめておきます。

  1. 市役所(市区町村社会福祉協議会)で相談・申請
  2. 都道府県社会福祉協議会にて審査
  3. 貸付決定通知書もしくは不承認通知書の送付
  4. 貸付金交付
  5. 返済

相談受付や申請窓口は、市区町村社会福祉協議会が担当します。

地域の民生委員や児童委員などでも相談に乗ってもらえることもありますので、普段からお世話になっている人がいる場合には、まずはそちらに相談しましょう。

市区町村社会福祉協議会で申込みをすると、都道府県社会福祉協議会に申込書類が送られて審査を受けることになります。

審査は3週間から1.5ヶ月程度かかり、審査に通過した場合には貸付決定通知書が郵送され、貸付金の交付を受けられるようになります。

注意したいのは、申込みから融資開始まで時間がかかるという点です。

緊急小口資金は緊急性が高いので早めに審査を受けられますが、それでも5日程度かかります。

今すぐにお金が必要というときに利用できませんので、まだお金が必要かどうか分からないという段階でも、まずは相談してみることをおすすめします。

まとめ:返済計画を立てた上で借りるようにする

返済計画を立てた上で借りるように

生活福祉資金貸付制度は、金融機関からお金を借りることができない人のセーフティネットです。
このため、低所得者でも借りやすい制度になっています。

ただし、貸付ですので返済できないと判断されると融資を断られてしまいます

確実に借りたいという場合には、必ず返済計画をきちんと立てておきましょう。

返済計画があるのとないのとでは、審査における信用度がまったく違います。

自分に返済できる能力があることをきちんと示して、相手が貸しやすい状態を整えた上で相談・申込みを行いましょう。

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

返済の見込みがないと市役所でもお金は貸してくれないんだね。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

市役所でも借り入れを断られてしまった人は、友人・知人に頼ってみてもいいかもしれないね。

信頼関係が大事!友人・知人に借りるときの注意点
財布を落としたり、飲み会のお金が足りなかったりしたときに頼りになるのが、友人や知人です。困ったときはお互い様と気軽に貸してくれることも多いのですが、これが信頼関係の崩壊に繋がることもあります。ここでは信頼関係を壊すことなく友人・知人に借りる方法をご紹介しています。

 

タイトルとURLをコピーしました