従業員貸付制度を活用しよう!勤務先からお金を借りる方法

会社, お金借りる 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

会社が従業員貸付制度を導入している場合、従業員は低金利で勤務先からお金を借りることができるんだよ。

 

ただし使用用途に制限があるなど、自由度が低いといったデメリットもあるんだ。

 

ここではそんな従業員貸付制度を使ってお金を借りる方法について詳しく説明していくよ。

交通事故で入院費用や、地震などの天災によって自宅の修復費用といった想定外の出費が発生したけど手元にお金がない。

そういうときには、銀行や消費者金融などからお金を借りるのが一般的ですが、金融機関から借りる場合には審査があり、融資を断られることもあります。

しかも金利が高く、高額な利息を払わなくてはいけなくなるというデメリットもあります。

できるだけ低金利で、審査もなく借りたいという人におすすめなのが、勤務先からお金を借りることができる従業員貸付制度という方法です。

あまり耳にしたことのない制度かもしれませんが、最近は福利厚生の一環として導入している企業も増えていますので、自分が知らないだけで、すでに導入されているかもしれません。

そこで、ここでは従業員貸付制度を使って、勤務先からお金を借りる方法についてご紹介していきます。

会社からお金を借りることに抵抗がある人は、クレジットカード現金化も検討してみてくださいね。

クレジットカード現金化を安心して使うコツは業者選びにあり
サイフにお金ない、残高もゼロ…急な金欠におすすめなのがクレジットカード現金化です。消費者金融や銀行だと審査があり、時間もかかってしまいますが、クレジットカード現金化なら審査もなくスピード入金!初めての現金化でも安心して利用できる優良店を紹介します。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

会社がお金を貸してくれるんだね!

それって、どこの会社でも貸してくれるの?ぼくでも借りれるの?

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

勤務先からお金を借りることができるのは、会社によって違うんだ。

どうすればお金を借りられるか解説するね!

このページで分かること

事故や病気、出産、災害といった非常時に従業員貸付制度といって、勤務先からお金を借りることができる制度を導入している会社が増えています。

会社によっては「従業員貸付制度」「社員貸付制度」もしくは「社内貸付制度」などと名称が少しずつ違っていますが、制度の目的は同じです。従業員がお金の問題でトラブルを抱えることなく安心して働けるよう、会社がお金を貸し付ける制度です。

引用元:マイナビニュース「会社からお金を借りられる「社内貸付制度」って何?

金融機関で借りるよりも低金利で、金融機関のような審査がないので、ブラックリストに載っている人でも借りることができます

ただし、用途が非常時の出費に限られており、旅行や車の購入などには使うことができないケースがほとんどです。

それでも会社によっては住宅購入資金として借りられることもあり、勤務先の規模によって内容が大きく違うといった特徴があります。

ただし、融資までに時間がかかることが多く、急いでお金が必要な場合にはカードローンなどと組み合わせて借入れする必要があります。

従業員貸付制度の基礎知識

従業員貸付制度の基礎知識

昭和の時代には、従業員が社長に頼み込んで、給料を前払いしてもらうということが普通にありました。

従業員は家族も同然ということで、会社側も給料を前払いしてくれていました。

このような風習は今でも小さな会社で残っていますが、時代の流れとともに消えつつあります。

ただし、時代が変わっても、従業員がお金の心配をしなくなるわけではありません

まとまったお金が必要になって、闇金業者などからお金を借りた結果、金銭トラブルになるようなこともあります。

そうなると、返済に追われて仕事になりませんし、会社にも迷惑がかかります。

そのような金銭トラブルを回避したり、福利厚生を充実させたりするために、多くの会社が導入しているのが従業員貸付制度です。

従業員貸付制度で勤務先からお金を借りるための条件

お金を借りるための条件

  • 勤務先に従業員貸付制度があること
  • 勤務先に所属している正社員であること

従業員貸付制度を利用してお金を借りるには、まず勤務先がこの制度を導入していることが大前提となります。

この制度は法律で決められているものではなく、あくまでも会社側のサービスとして提供しているものですので、勤務先によっては導入していないケースもあります。

また、ほとんどの会社では正社員のみ利用できるようになっています。

会社によっては「勤続年数5年以上の正社員」と制限をつけていることもあります。

従業員貸付制度で借りたお金の使用用途

従業員貸付制度で借りたお金の使用用途

カードローンなどで借りたお金は、使用用途が自由になっていますが、従業員貸付制度で借りたお金は自由に使うことができません。

申請をするときに、どのように使うのかを申告することになりますが、基本的には意図しない支出によって、業務に支障をきたす可能性があるとき利用できます。

  • 事故や病気
  • 自然災害や火災
  • 盗難
  • 出産
  • 身内に不幸があったとき

具体的には、上記のようなケースで発生する使用用途で利用でき、旅行や車の購入といったどうしても必要なお金とはいえないような出費の場合には利用できません

従業員貸付制度で借りられる金額

従業員貸付制度で借りられる金額

この制度を利用したときに、いくらまで借りられるかは勤務先によって違います

会社のお金を借りるわけですから、それなりに会社規模が大きくないと準備できる金額にも限度があるためです。

中小企業の場合には30万〜100万円程度のことが多く、大手企業では1000万円以上に設定していることもあります。

また、勤続年数で貸付金限度額を決めている会社もあります。

このように勤務先ごとで借りられる金額に違いがありますので、従業員貸付制度規定をチェックするか、勤務先の担当者に確認してみましょう。

従業員貸付制度で借りるときの金利

従業員貸付制度で借りるときの金利

従業員貸付制度を使って借りるメリットは、金融機関で借りるよりも低金利で借りられるという点にあります。

金利も会社ごとに違いますが、年2〜4%程度にしている会社が多く、銀行や消費者金融などのカードローンで借りるよりも低金利になっています。

会社はお金を貸して儲けたいわけではなく、本当なら無利子でもいいとことですが、会社が従業員にお金を貸すときの標準金利を国が制定しており、それ以下の金利で貸した場合には利息の差額が給料となり課税対象になってしまいます

そうなると給与計算なども複雑になるため、どの会社も国が定めた金利よりもやや高めの金利を設定して貸付を行っています。

従業員貸付制度の返済期限と返済方法

従業員貸付制度の返済期限と返済方法

従業員貸付制度で借りたお金の返済期限も、会社ごとに違います。

一般的には1〜5年以内の返済となっており、規定の範囲内であれば自分の都合に合わせて返済期限を決めることができます。

返済方法も会社ごとに異なります

1年に1回現金払いとしている会社もあれば、毎月給料から天引きされる会社もあります。

また、完済する前に転職をする場合などは、離職時に一括返済を求められるケースがほとんどです。

従業員貸付制度は前借りや前払いとどう違う?

従業員貸付制度は前借りや前払いとどう違う?

勤務先からお金を借りる方法として従業員貸付制度をご紹介しましたが、他にも下記のような方法で借りられることもあります。

  • 前払い
  • 前借り

「従業員貸付制度とどう違うの?」「前借りと前払いって同じでは?」という疑問があると思いますので、それぞれの借り方と従業員貸付制度との違いについて説明します。

前払いと従業員貸付制度の違い

前払いと従業員貸付制度の違い

すでに働いた労働に対する賃金を、給料日前に払ってもらうことを「前払い」と言います。

前払いは労働基準法で規定されており、出産、疾病、災害などの非常時に従業員から請求があった場合には会社が支払いに応じなくてはいけません。

ただし、受け取れるのはすでに働いた分だけです。

少し分かりづらいので、具体的な例を示します。

締日:月末
月収:30万円

このような条件で、4月15日まで働いたときには4月1日から15日まで働いた賃金として15万円を前払いしてもらうことができます。

ただし、会社の都合もありますので、必ずしも15万円借りられるわけではありません。
上限として働いた分だけ先に払ってもらえるのだと考えてください。

もちろん、次の給料日には前借りした金額を差し引かれます。

従業員貸付制度は時間をかけて返済していきますが、前払いは次の給料日に天引きされる形になるため、計画的に利用しないと翌月の生活が苦しくなります

従業員貸付制度との違いとしては次のような点も挙げられます。

  • 利息が発生しない
  • パートやアルバイトでも利用できる

使用用途は従業員貸付制度とほぼ同じで、病気や事故、災害、出産などの費用が必要になったときに利用できます。

そういう意味で前払いと従業員貸付制度はとても似ていますが、前払いはイレギュラーな支払いになるため、会社側にしてみればあまり使われたくありません

このため、勤務先に従業員貸付制度がある場合にはそちらを利用し、従業員貸付制度がない場合に前払いしてもらうといった使い分けをしましょう。

前借りと従業員貸付制度の違い

前借りと従業員貸付制度の違い

前借りは前払いと同じ意味で使われることもありますが、言葉の意味としては、まだ働いていない分の給料を支払うケースも「前借り」に該当します。

前借りの中でも、働いた分だけを払うことが「前払い」に該当すると覚えておきましょう。

働いていない分の給料ですので、会社は前借りを認める必要はありません。

それなりの規模の会社になると、前借りさせてもらえないケースのほうが多く、認められた場合でも借用書などを作成する必要があります。

ただし基本的な考え方は従業員貸付制度と同じです。

従業員貸付制度は制度化されていて、借りやすくなっていますが、前借りは制度化されていないため、金利などの借入条件を交渉しなくてはいけません。

とはいえ、社長のさじ加減ひとつで決まることもありますので、小さな会社で信頼関係がある場合には、柔軟に貸付をしてもらえるなどのメリットもあります。

まとめ:すぐにお金が必要なケースではカードローンと組み合わせて使おう

カードローンと組み合わせて使おう

従業員貸付制度を利用してお金を借りると、金融機関から借りるよりも低金利で融資を受けることができます。

さらに審査もありませんので、ブラックリストに載っている人でも利用できるといったメリットがあります。

ただし、利用できるのは非常時に限られます

借りられる金額もそれほど多くありません。

しかも大きい会社の場合、融資までに2〜3週間もかかることがあります。

今すぐにお金が必要だと言うケースでは間に合わないということもあります。

そういう場合には、まずはカードローンなどで借りておき、利息が少ないうちに従業員貸付制度で借りたお金で完済するといった使い方をおすすめします。

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

とりあえず、会社に従業員貸付制度があるか聞いてみることにするよ!

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

もし勤務先が従業員貸付制度を行っていたとしても、今後の昇進や評価に関わってくるから、慎重に判断してね。

タイトルとURLをコピーしました