売掛金を現金化しよう!ファクタリングでお金を作る方法

ファクタリング 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

売掛金を現金化できるファクタリングは、中小企業の資金調達方法として注目されているよ。

 

仕入れや給料の支払いのために、すぐに現金が必要だというときに適しているファクタリング!

 

ここではその仕組みについて詳しく解説していくね。

事業で運転資金として現金が必要になったとき、金融機関から借りるという方法もありますが、金融機関から借りる場合には、審査を受けなくてはいけません

 

審査には時間がかかりますし、融資を断られる可能性もあります

そういうときに売掛金があるなら、ファクタリングという方法を使って資金調達をすることができます。

ここではそんなファクタリングの仕組みや、どうすればファクタリングでお金を作ることができるのかについて、分かりやすく説明してきます。

ファクタリング以外のお金の借り方については以下のページをご覧くださいね。

審査なしでお金を借りる方法|カードローンにサヨナラ。DO借金
銀行や消費者金融などでお金を借りるときには審査があり、融資を断られてしまう人もいます。とはいえ、お金を借りる方法は金融機関だけではなく、他にも様々な借り方があります。ここではそんな、金融機関以外からお金を借りる方法についてご紹介しています。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

ファクタリングって何?本当にすぐに資金調達できるの?

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

会社経営の資金繰りで悩んでいる人は必見!の、短期間で事業資金を調達できる方法だよ。

詳しく紹介していくね!

このページで分かること

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達方法です。

経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるよう、売掛債権担保融資保証制度を創設し、普及を進めています。売掛債権担保融資保証制度は、売掛債権を担保とした中小企業者の借入について信用保証協会が保証を行うものです。

引用元:中小企業庁「売掛債権の利用促進について

手数料が発生しますが、売掛金が回収できなくなるリスクを回避でき、事業のための資金を短期間で調達できるという特徴があります。

ファクタリングを利用するには審査を受ける必要がありますが、金融機関の融資よりも審査通過率が高く、中小企業の資金調達方法として注目されています。

ただし、ファクタリング会社ごとにサービス内容や手数料に違いがあるため、利用するときには業者選定が重要になります。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、売掛債権に保険をかけて確実に回収できるようにしたり、回収できていない売掛金を売却したりするサービスのことを言います。

前者を保証ファクタリング、後者を買取ファクタリングと呼び、お金を作る場合には買取ファクタリングを利用します。

売掛金はいわゆるツケ払いでの売上金のことで、取引相手の事業が順調なら、約束した期日に確実に現金化できるお金です。

ただし、ほとんどのケースで期日まで入金されることもなく、当然それを使って商品の仕入れや給料の支払いをすることはできません。

買取ファクタリングでは、その売上金をファクタリング会社が買い取りします。

例えば売掛金が100万円あり、それを買い取りしてもらったとします。

  1. ファクタリング会社が100万円の売掛金を80万円で買い取り
  2. 会社に80万円の現金が入る
  3. ファクタリング会社が売掛金の100万円を手にする

自分の会社は20万円損をしていますが、80万円を使って仕入れや支払いができます。

ファクタリング会社は80万円を貸して、20万円の収益を得ているような形になります。

これだけですと、ファクタリング会社が儲けすぎではないかと思うかもしれませんが、売掛金はあくまでも回収できる予定のお金であり、取引先が倒産すると回収できません

ファクタリング会社は楽して収益をあげているように見えますが、同時にリスクも負っています。

反対に自分の会社は20万円損をしているものの、回収できないリスクを回避しています。

これが買取ファクタリングの基本的な流れになります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングでお金を作るときに知っておかなくてはいけないのが、買取ファクタリングにおいて基本となる下記の2種類のファクタリング方法です。

2社間ファクタリングは、自分の会社とファクタリング会社の間だけで契約を結ぶ方法で、3社間ファクタリングは、その2社に取引先も加わって契約を結びます。

それぞれの特徴と、どちらのほうがいいのかについて説明します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの流れは次のようになります。

  1. 自社とファクタリング会社で契約
  2. ファクタリング会社へ売掛金を売却
  3. ファクタリング会社が代金を入金
  4. 自社で取引先から売掛金を回収し、ファクタリング会社へ支払い

ポイントは売掛金を自社で回収するということで、その回収したお金をファクタリング会社に支払う作業が発生します。

取引先にはファクタリングを利用していることが分からないので、自社が資金繰りで困っていることがバレないというメリットがあります。

取引先が倒産して売掛金を回収できなかったら、支払いがどうなるのか心配になるかもしれません。

これは、契約で償還請求権を設定しているかどうかで変わります。

もし償還請求権なしで契約をしていれば支払いは必要ありませんが、償還請求権ありで契約をしていると回収できなくても売掛金分のお金をファクタリング会社に払わなくてはいけません。

契約をスムーズに進めることができるなどのメリットもありますが、ファクタリング会社の手数料が高い(売掛金の5〜30%)というデメリットもあります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは取引先も含めて取引を行います。

  1. 自社とファクタリング会社、取引先の3社で契約
  2. ファクタリング会社へ売掛金を売却
  3. ファクタリング会社が代金を入金
  4. ファクタリング会社が取引先から売掛金を回収

一見すると複雑に思えますが流れは簡単です。

まず契約時に取引先の承諾を得て3社で契約を結びます。

2社間と違うのは、売掛金の回収をファクタリング会社が行うという点です。

ファクタリング会社は売掛金を回収しやすくなるので、2社間と比べると手数料を低く設定しています(5〜10%)。

このため、取引先にファクタリングを利用することを知られてもいいのであれば、3社間ファクタリングのほうがおすすめです。

ただし、3社で契約を結びますので、売却した売掛金の代金が手元に入るまでに時間がかかります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらがいい?

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらがいいかは、お金が必要な状況によって変わります。

  • 他の会社にファクタリングをしていることを知られたくない
  • 手数料が高くてもいいので、すぐに資金調達したい

このような場合には2社間ファクタリングが適しており、そうでないなら手数料が低い3社間ファクタリングに持ち込むのがおすすめです。

ただし取引先との関係性も絡んできますので、安易にどちらがいいのかを決めずに、ファクタリング会社と相談して判断してください

ファクタリングを利用してお金を作る方法

ファクタリングを利用してお金を作る方法

ファクタリングを利用してお金を作る方法はとても簡単です。

  1. ファクタリング会社に相談する
  2. ファクタリングの申込み
  3. 必要書類を提出する
  4. 審査を受ける
  5. 契約する

まずはファクタリング会社に相談に行きましょう。

ファクタリング会社の選び方については、後ほど詳しく説明します。

ファクタリング内容に同意できる場合には、ファクタリングの申込みを行い、必要書類を提出します。

注意したいのは、ファクタリングでも審査があるという点です。

銀行などで融資を受けるよりは審査の基準がかなり低くなっていますが、自社や取引先の経営状況が悪化しているような場合には、審査落ちするすることもあります。

無事審査を通過すれば、契約して売掛金の売却代金を受け取ることができます。

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングですぐに融資を受けたいなら、申込みの段階で書類を揃えておく必要があります。

ファクタリング会社ごとに必要書類に多少の違いがありますが、一般的には下記のような書類が必要となります。

  • 身分証明書
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 印鑑証明書
  • 自社の決算内容を確認できる書類
  • 納税証明書
  • 取引先との過去の取引が確認出来る書類
  • 取引先との基本契約書
  • 売掛債権の内容を確認できる書類
  • ファクタリング契約書

この他にも追加で書類の提出を求められることもあります。

書類不足や書類に不備がある場合にも審査を進められません

必要な書類は速やかに揃えて提出してください。

ファクタリングには審査がある

ファクタリングには審査がある

ファクタリングは審査がないと思っている人もいるようですが、ファクタリング会社は売掛金を回収できないリスクを負っていますので、審査を行います。

審査内容としては、信頼できる会社なのかどうかという点をチェックされます。

  • 取引先と過去に取引実績がある
  • 基本契約書や発注書などの売掛金の成因となる資料が揃っている
  • 取引先がきちんとした会社である
  • 自社の経営状態が安定している
  • 取引先に信用力と支払い能力がある

最も重要なのは取引先の信用と支払い能力です。

この点がしっかりしていれば、回収不能になるリスクが低いため、審査落ちする可能性がかなり下がります。

金融機関での審査とは基準がまったく違いますので、金融機関で融資を断られても気にせずにファクタリングを申し込んでみましょう

ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングをするときに重要なのが、ファクタリング会社の選定です。

ファクタリングは日本で始まったばかりのサービスで、業者ごとにサービス内容に違いがあります。

  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを得意としているかを確認
  • 2社間ファクタリングは償還求償権の有無を確認
  • 売掛金の最小買取金額、最大買取金額の確認
  • 手数料が相場からかけ離れていないこと
  • 運営実績が長い

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのいずれかを希望する場合には、ファクタリング会社がどちらを得意としているかを確認しましょう

2社間ファクタリングを希望する場合には、償還求償権なしで利用できるファクタリング会社を選んでください。

取り扱っている売掛金の金額範囲も確認しておいてください、1000万円の売掛金を買取してもらいたいのに、ファクタリング会社が500万円までしか対応できないというようなことがありますので、金額に見合ったファクタリング会社であることも確認してください。

そして最も気をつけなくてはいけないのが、悪徳業者でないかどうかの確認です。

ファクタリングの偽装
ファクタリング契約や売掛債権売買契約において、譲受人に償還請求権や買戻請求権が付いている場合、売掛先への通知や承諾の必要がない場合や、債権の売り主が譲受人から売掛債権を回収する業務の委託を受け譲受人に支払う仕組みとなっている場合は、ファクタリングを装ったヤミ金融の可能性がある。

引用元:金融庁「違法な金融業者にご注意!

ファクタリング会社の中には詐欺業者も含まれています。

そのような業者に引っかからないようにするために、手数料が相場からかけ離れておらず、運営実績も2年以上ある行者の中から選びましょう

まとめ:ファクタリングを利用するときには複数社に相談する

複数社に相談

ファクタリングでお金を作る方法について解説してきました。

ここまでの説明でファクタリングの概要と、お金を作る方法について把握できたかと思います。

ファクタリングは審査があるものの審査通過率が高く、さらに即日融資を受けることもできる魅力的な資金調達方法です。

ただし、日本ではまだ定着していないサービスですので、ファクタリング会社ごとに手数料やサービス内容に違いがあります。

相談をする場合には1社に絞らずに、最初から2〜3社に相談してみましょう。

その中から信頼できると感じた会社に売掛金を買取してもらいましょう。

手数料の低さだけで選ぶと悪徳業者に引っ掛かる可能性がありますので、注意してください。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

手数料だけで判断しちゃうと返って危ない目に合うかもしれないよ!

充分気をつけて会社を選んでね!

 

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

複数のファクタリング業者に相談して、その上で1社に絞るようにしたいね!

タイトルとURLをコピーしました