信頼関係が大事!友人・知人に借りるときの注意点

友人, お金借りる 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

財布を落としたり、飲み会のお金が足りなかったりしたときに頼りになるのが、友人や知人だよね。

 

困ったときはお互い様と気軽に貸してくれることも多いけど、これが信頼関係の崩壊に繋がることも…。

 

ここでは信頼関係を壊すことなく友人・知人に借りる方法を紹介しているよ。

飲み会があるのに手持ちのお金がなく、そんなときに限って銀行のATMがメンテナンス中でお金を下ろせないというようなことがありますよね。

そういうときにクレジットカードのキャッシングは利息が高くカードローンは審査落ちする可能性もあるので使いづらいですよね。

そういう場合に頼りになるのが、いつも一緒にいる友人や知人です。

知り合いですので審査はありませんし、信頼関係があれば二つ返事でお金を貸してくれます。

ただし、友人・知人に借りるという場合には、気をつけなくてはいけないポイントがあります。

ここでは友人・知人に借りるときに知っておくべきことや、注意点などを詳しくご紹介していきます。

知り合いからの借金は、思わぬことから関係にヒビが入ることもありますので、しっかりと内容を理解しておきましょう。

友人から借りる方法以外を知りたい人は、勤務先から借りる方法も知っておくと良いかもしれません。

従業員貸付制度を活用しよう!勤務先からお金を借りる方法
会社が従業員貸付制度を導入している場合、従業員は低金利で勤務先からお金を借りることができます。ただし使用用途に制限があるなど、自由度が低いといったデメリットもあります。ここではそんな従業員貸付制度を使ってお金を借りる方法について詳しく説明しています。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

どこからもお金を借りれない時、友達に頼りたいけど、関係が壊れたら困るなぁ。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

関係が壊れて、悪い噂が流れてしまうと、本当に一人ぼっちになってしまうこともあるからね。

友達を失わないようにお金を借りる方法を解説していくね!

 

このページで分かること

財布を忘れて出社したり、飲み会の費用が思いのほか高くて所持金が足りなかったりしたときには、友人・知人に借りるのが1番です。

金融機関のように審査もありませんし、普段から仲のいい関係であれば、すぐに必要なだけ貸してくれます。

ただしお金を借りることで、借りた側の立場が弱くなってしまい、平等な関係でいられなくなります

お笑い芸人のカンニング竹山さんも、お金を借りていた頃は友人に土下座して借りていたそうです。

本当に必要なときは身内とか知り合いに直接会って土下座して、返済計画をきちんと立てて借りる。

引用元:AERA「「借金で死ぬな!」カンニング竹山が失敗から学んだ正しい解決方法

そうならないためにも、高額な借入れをしないことと、借りたらすぐに返すことが重要になります。

また、少しまとまったお金を借りるときには、借りた金額や返済日に食い違いが起きないようにするために、親しい仲でも借用書を作っておく必要があります。

友人・知人に借りる前に知っておくべきこと

友人・知人に借りる前に知っておくべきこと

友人・知人に借りるときに、気をつけなくてはいけないのは「信頼関係」です。

これが全てだと考えても構いません。

お金を借りるということは、大なり小なり信頼関係のバランスが崩れてしまいます。

このため、ちょっとしたことで築き上げてきた信頼関係は簡単に崩壊します。

そうならないために、友人・知人に借りるときに、どのような心構えで借りればいいのか、借りる前に知っておくべきことを最初にお伝えします。

友人・知人から借りられるのは2〜4万円

友人・知人から借りられるのは2〜4万円

まずはいくらまで借りられるかという点ですが、信頼関係のバランスを保ちたいなら1万円までで、多少バランスが崩れても大丈夫な関係を築けているのであれば、2万〜4万円が相場だと考えてください。

それ以上の金額は相手に負担をかけてしまいますので、他の方法で調達することをおすすめします。

お金が必要な理由を正直に話す

お金が必要な理由を正直に話す

信頼関係を守るためには、お金が必要な理由を正直に話してください

嘘の理由でお金を借りて、それがバレてしまったら、それだけで関係は崩れてしまいます。

嘘というのはいずれバレてしまうものであり、そのときの損失は計り知れません。

「正直に話せないけど、お金は借りたい」というのは、身勝手な考え方です。

どうしても正直に話せない理由でお金が必要なときは、友人・知人から借りるのは止めておきましょう。

利息は払うつもりでいること

利息は払うつもりでいること

親しき仲にも礼儀ありと言いますように、友人や知人からお金を借りるときにも、礼儀として利息を払うつもりでいてください

実際には相手に利息の支払いを断られることがほとんどですが、それは友人や知人の好意であって、自分で決めることではありません。

提示する金利はそれほど高くする必要はなく年1〜5%程度で構いません

利息の支払いを断られたら、返済時に食事を御馳走したり、菓子折りを用意したりして、感謝の気持ちを相手の負担にならない範囲内で示すようにしましょう。

親しい友人でも借用書を作成しておく

親しい友人でも借用書を作成しておく

飲み会の費用を借りるくらいなら借用書がなくても構いませんが、1万円を超える金額を借りたときには必ず借用書を作成しておきましょう

パソコンなどで清書する必要はなく、1枚の紙に下記の内容を記載してください。

  1. 「借用証書」の文字
  2. 借用書を作成した日付
  3. 借りた金額
  4. 自分の住所・氏名
  5. 友人・知人の名前
  6. 返済期日

少なくともこれだけ記載しておき、お互いの署名があれば法的な効力が発生します

ただし、大事なのは法的な効力ではなく、お互いの認識を共有することに意味があります。

いくら借りたのか、いつ返すのかを書類にして残しておくことで、思い違いによるトラブルを回避できます。

返済期日は絶対に守る

あたり前のことですが、返済期日は絶対に守るようにしましょう

どんな理由があっても遅延はNGです。

期日までに返済をしないということは、約束を守らなかったということになります。

そうなると、今後の付き合いの中で「あの人は約束を守らない人」という印象を持たれてしまいます。

それでも返済できないときには、できるだけ早めに伝えるようにしましょう。

そのときにはまず謝罪し、いつまでに返済できるかを伝えるようにしましょう。

いきなり言い訳をする人がいますが、これは印象を悪くするだけですので止めておきましょう。

また、返済期日前でも返せるなら完済してください。

返済期日まで引っ張ると、貸してくれた人は本当に返済してもらえるのか不安になって待つことになります。

出来る限り返済期日の前日までに返すつもりでいてください。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

返済計画をきってり立てて、誠意を見せることが大事だよ。

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

いくら仲が良くても、友達にお金を貸したい人なんてそういないもんね。

友人・知人に借りるときのメリット・デメリット

友人・知人に借りるときのメリット・デメリット

友人・知人にお金を借りるためには、信頼関係を意識することが大切だと分かってもらえたかと思います。

信頼関係があれば借りやすくなりますし、借りたら今度は信頼関係を崩さないように心がけることが大切です。

それを踏まえた上で、友人・知人に借りるときにどのようなメリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

友人・知人に借りるときのメリット

友人・知人に借りるときのメリット

  • 金融機関のような厳しい審査がない
  • その場で借りることができる

友人や知人からお金を借りるときの最大のメリットは、金融機関のような審査がないことです。

過去に金融事故を起こしてブラックリストに載っていると、銀行や消費者金融では1円も借りることができませんが、友人や知人ならそんなことは関係ありません。

ただし繰り返しお伝えしているように、信頼関係がないと借りることができません。

ある意味、これまでの言動を審査されているようなものですので、人によっては金融機関で審査を受けるよりも借りるのが難しいかもしれません。

貸してもらえるかどうかを、その場ですぐに判断してもらえるというのもメリットのひとつとして挙げられます。

金融機関の場合には審査に時間がかかり、ドキドキしながら待つことになりますが、個人間なら即答してもらえるので、断られてもすぐに切り替えができます。

貸してもらえるとなったら、その場ですぐに借りられるというメリットもあります。

このようにスピード感を持って対応してもらえるのが個人間融資のいいところです。

友人・知人に借りるときのデメリット

友人・知人に借りるときのデメリット

  • 返済できなかったときに失うものが大きい
  • 立場が弱くなる
  • お金に困っていることが仲間内で噂になることがある

デメリットはやはり、返済できなかったときに失うものが大きいということです。

笑って許してくれる人もいますが、ほとんどのケースでしこりが残ります。

関係が継続できればまだいいほうで、そこから疎遠になる可能性があります。

友情はお金で買うことはできませんが、お金で失うことがあるということを忘れないようにしましょう。

また、相手に貸しを作ることになりますので、期日までに完済をしても立場が弱くなってしまいます。

お互いがそういうことを気にしない関係ならいいのですが、微妙な力関係が発生することが多く、

いつも相手に気を使うことになるというデメリットもあります。

借りた相手によっては、借金したことを周りの人に話してしまう可能性があります。

そこから噂に尾ひれが付いて、悪い噂として広まっていくこともあります。

そうならないためにも、できるだけ口の固い人に借りるようにしてください

友人・知人に借りるときの注意点

友人・知人に借りるときには、いくつかの注意点があります。

どのような点に気をつければいいのか見ていきましょう。

完済するまでは派手に遊ばないようにする

完済するまでは派手に遊ばない

お金を借りたら、完済するまでは遊びを控えて、日々の生活の中で質素倹約を心がけましょう

最近はSNSなどによって、遊んでいるのが筒抜けになってしまうことがあります。

自分が写真をアップしなくても、共通の友人が遊んだときの写真を載せることもあります。

貸した側にしてみれば、お金を借りておいて遊んでいるのはどういうことだと、不審に感じることになります。

そうならないようにするためにも、完済するまでは節度ある行動を心掛けてください

何度も繰り返して借りないこと

何度も繰り返して借りないこと

基本的に友人や知人からお金を借りることができるのは、1回だけだと考えてください

何度も借りようとすると、どんなに仲のいい友人でも煙たがられてしまいます。

自然と距離を置かれることになりますので、相手に嫌われないためにも、1回限りの借入れのつもりでいてください。

もちろん、完済していないのに借りるというのもNGです。

これは、お金にルーズな人だという印象を与えてしまいます。

また、別の人からなら再度借りてもいいかというと、そういうわけではありません。

グループ内で多数の人に借りるとなると、それも信用を失うことになります

実際に借りなくても、貸して欲しいと相談して回るだけでも「最近、あの人がおかしい」と噂になります。

友人・知人に借りるのは、返せるあてがあるけど緊急時にお金が必要になったときだけだと考えてください。

そういうことは1年に1回あるかないかですよね。

慢性的に生活費が不足していて、お金を借りたいという場合には、友人・知人以外から借りるようにしましょう。

まとめ:できるだけ友人・知人からは借りない

できるだけ友人・知人からは借りない

友人・知人から借りるとなると、どうしても借りた人の立場が弱くなり、これまで保ってきた人間関係のバランスが崩れてしまいます。

1万円以下の金額を借りて、次に会ったときに返すというのであれば、それほど問題ありませんが、それも何度も繰り返していると、相手に嫌がられてしまいます。

そういうことを避けるために、基本的には友人や知人からは借りないのが理想です。

どうしても仕方ないときには、相手に負担をかけない額を心掛けて、借りた後はできるだけ速やかに返済してください。

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

お金に困っていても、まずは、友だちに借りなくて良い方法を探してみるね!

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

そうだね!

「DO借金」では、友人に借りる以外にも、様々なお金の工面の仕方を紹介しているから、参考にするといいよ。

審査なしでお金を借りる方法|カードローンにサヨナラ。DO借金
銀行や消費者金融などでお金を借りるときには審査があり、融資を断られてしまう人もいます。とはいえ、お金を借りる方法は金融機関だけではなく、他にも様々な借り方があります。ここではそんな、金融機関以外からお金を借りる方法についてご紹介しています。

 

タイトルとURLをコピーしました