年金担保融資を利用しよう!年金を担保に借りる方法

年金, 担保 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

年金を担保にお金を借りることができるのは年金担保貸付だけだよ。

 

会社員や自営業者だった人は福祉医療機構、公務員だった人は日本政策金融公庫から借り入れできるんだ。

 

ここではそんな年金担保貸付について、その特徴や利用方法について解説していくよ。

会社員として働いているうちは金融機関でお金を借りることができますが、年金生活になった途端に、どの金融機関も融資を断ってきます

 

そうはいっても年金生活でも急にお金が必要になることは多々あります。

そういうときは年金を担保にお金を借りることになります。

ただし、通常の金融機関では年金を担保にお金を借りることはできません

年金でお金を借りるには、年金担保貸付という制度を利用して融資を受けることになります。

ここでは、年金担保貸付がどのような制度であるかご紹介し、メリットや注意点について解説します。

市役所でお金を借りる方法が知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

生活福祉資金貸付制度で生活再建を目指そう!市役所で借りる方法
金融機関からお金を借りられない低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯に対するセーフティネットとして、市役所で借りることができる生活福祉資金貸付制度があります。ここでは生活福祉資金貸付制度の対象者や、どのような資金を借りられるのかについて分かりやすく解説しています。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

ぼくのおじいちゃん、年金だけじゃ生活が苦しいみたいなんだ。

 

おじいちゃんも年金を担保にしてお金を借りることができるの?

 

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

年金だけではなかなか生活できないご家庭は結構多いよね。

年金担保融資は年金を受け取っていたらお金を借りられる制度だよ。

詳しく見ていこうね。

このページで分かること

年金を担保に借りることができるのは、2種類の年金担保貸付だけです。

ひとつは会社員や自営業者を対象とした福祉医療機構による年金担保貸付です。

年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、国民年金、厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。

引用元:独立行政法人福祉医療機構「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

もう1つが公務員を対象とした日本政策金融公庫の年金担保貸付です。

恩給や災害補償年金を受けていて、恩給・共済年金担保融資を現在ご利用されていない方

引用元:日本政策金融公庫「恩給・共済年金担保融資

いずれも金利が低く、審査も金融機関のカードローンほど厳しくないという特徴があります。

返済は年金から手引されますので、返済を忘れることはありませんが、無理な返済額を設定すると生活を圧迫することになるため、借入れには注意が必要です。

年金を担保に借りる年金担保貸付の基礎知識

年金担保貸付の基礎知識

まず知っておいてもらいたいのは、原則として年金を担保にお金を融資することは禁止されているということです。

このため、「年金を担保にお金を貸します」と宣伝している金融機関があれば、それは違法行為をしていると考えてください。

正規の金融機関がそのような違法行為をすることは絶対にありませんので、年金を担保にお金を借りることができる金融機関は、ほぼ間違いなく闇金業者だと考えてください。

どんな良い条件を提示されても、そのようなところから借りないようにしてください。

ただし、年金受給者でもお金が必要になることがあるのは国も理解していますので、年金担保貸付という制度によって、年金受給者でもお金を借りられるようになっています。

その年金担保貸付は大きく分けて2つに分類できます。

福祉医療機構による融資 日本政策金融公庫による融資
国民年金・厚生年金・労災年金 共済年金・恩給

受け取っている年金の種類によって、利用できる年金担保貸付制度が違います

会社員や自営業者だった人は福祉医療機構、公務員だった人は日本政策金融公庫と覚えておくといいでしょう。

年金担保貸付は銀行や消費者金融などからお金を借りるのとは違った特徴があります。

どのような特徴があるのか、福祉医療機構と日本政策金融公庫それぞれの特徴について見ていきましょう。

福祉医療機構による年金担保貸付の特徴

福祉医療機構による年金担保貸付

まずは福祉医療機構による年金担保貸付の特徴についてご紹介します。

  • 融資額:10万~200万円(生活必需物品の購入は10万~80万円)
  • 年間受給年金の0.8倍まで借りられる
  • 1回あたりの返済額の15倍以内まで借りられる
  • 定額返済額の上限は1回あたりの年金支給額の1/3以下
  • 年金担保貸付金利:年2.8%(平成30年10月3日現在)
  • 労災年金担保貸付金利:年2.1%(平成30年10月3日現在)
  • 連帯保証人を立てるか信用保証制度の利用が必須
  • 令和4年3月末で申込みできなくなる

融資額が少し複雑になっているので、具体的な例を挙げて説明します。

【1回の年金受給額:30万円(年間180万円)】
融資可能額:180万円×0.8=108万円
定額返済額上限:30万円/3=10万円
定額返済額を5万円にした場合の融資可能額:75万円

1回の年金受給額が30万円の場合、計算上は108万円まで借りることができますが、定額返済額を5万円に設定した場合には、そちらで融資可能額が引き下げられ75万円までしか借りることができません。

また、福祉医療機構でお金を借りる場合には、連帯保証人を立てるか、信用保証制度を利用して保証を受ける必要があります。

もうひとつ覚えておく必要があるのが、福祉医療機構による年金担保貸付は令和4年3月で新規の申込みができなくなるという点です。

それ以降は年金を担保にお金を借りることができなくなりますので注意してください。

福祉医療機構が年金支給機関から直接年金を受け取り、支給額から定額返済額を差し引いた残りが、指定した口座に送金されます。

日本政策金融公庫による年金担保貸付の特徴

日本政策金融公庫による年金担保貸付

次に日本政策金融公庫による年金担保貸付の特徴を見ていきましょう。

こちらは恩給や災害補償年金を受給している場合と、共済年金や共済組合が支給する厚生年金を受給している場合で、融資条件に違いがあります。

恩給や災害補償年金を受給

  • 融資限度額:250万円まで(年金の3年分以内)
  • 金利:年0.51%

共済年金や共済組合が支給する厚生年金を受給

  • 融資限度額:250万円まで(年金の1.6年分以内・生活資金は100万円まで)
  • 金利:年0.71%
  • 生活保護受給中は利用不可
  • 生活保護を受給し、生活保護廃止後5年経過していない場合は利用不可

返済方法が平成31年1月4日から変更になり、現在は定額返済となっています。

年金支給額を日本政策金融公庫が返済金として受け取り、支給額から定額返済額を差し引いた残りが、指定した口座に送金されます。

年金担保貸付のメリットとデメリット

年金担保貸付の概要を把握したところで、どのようなメリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

年金担保貸付のメリット

年金担保貸付のメリット

  • 金融機関よりも金利が低い
  • 無理のない返済額に設定できる
  • 天引き返済なので返済忘れがない

年金を担保に借りる年金担保貸付は、金融機関のカードローンなどと比べると、かなり低金利で融資を受けることができ、返済総額を抑えることができます。

さらに、返済額を自分で決めることができるため、無理のなく完済できます。

返済は天引きの形になるため、返済忘れを防ぐことができ、確実に返済できるというのも高齢者にとっては大きなメリットになります。

年金担保貸付のデメリット

年金担保貸付のデメリット

  • 融資までに時間がかかる
  • 高額な借り入れには利用できない
  • 生活が圧迫される

年金担保貸付のデメリットは、すぐにお金を借りることができないという点です。

申込みから融資まで1ヶ月近くかかることもありますので、今すぐにお金が必要というようなケースでは利用できません。

借り入れできる金額の上限が低いため、高額な買い物などに利用できないといったデメリットもあります。

年金だけで生活している場合には、完済するまでは返済分だけ支給額が減りますので、生活が圧迫されるという問題もあります。

お金を借りたわけですから当然のことですが、生活が苦しくならないように、借り入れするときには、きちんと返済計画を立てておく必要があります。

年金を担保にお金を借りる手順

ここまでの説明で年金を担保に借りる方法を理解できたかと思います。

最後に年金担保貸付を使ってお金を借りる手順をご紹介しておきます。

福祉医療機構から借りる手順

福祉医療機構から借りる手順

  1. 福祉医療機構年金貸付課または取扱金融機関で相談
  2. 取扱金融機関にて申込手続き
  3. 審査(4〜5週間)
  4. 融資決定
  5. 融資実行

福祉医療機構で年金を担保に借りる場合には、まず借入れの相談することから始めます。

年金を受給している金融機関の窓口で相談するのがおすすめですが、ゆうちょ銀行や農協、労働金庫などは取扱対象外となっています。

これらの金融機関で年金を受け取っている場合には、年金受取口座の変更が必要になるので注意してください。

申し込み手続きをすると、その後に審査があります。

審査はそれほど厳しくありませんが、連帯保証人が必要になり、さらには審査期間が4〜5週間もありますので、時間に余裕をもって申込みしてください

日本政策金融公庫から借りる手順

日本政策金融公庫から借りる手順

  1. 日本政策金融公庫の支店で相談
  2. 申込手続き
  3. 審査
  4. 融資決定
  5. 融資実行

日本政策金融公庫から借りる場合には、まず日本政策金融公庫の支店で借入れの相談をします。

こちらも審査がありますが、福祉医療機構から借りる場合と同じように、それほど厳しい審査があるわけではありません

相談の段階で借入条件をきちんと詰めておけば、問題なく融資を受けられます。

ただし、100%審査を通過するわけではありませんので、借りられなかったときのことも考えておきましょう。

まとめ:年金担保貸付は返済計画を立てて借りる

返済計画を立てて借りる

年金を担保にお金を借りることができる年金担保貸付は、収入が年金しかないという人もとって、お金に困ったときにとても頼りになる存在です。

金利が低く、年金から天引きされるので返済忘れもありません

ただし、安易に借り入れをすると年金による収入額が減りますので、生活を圧迫することになります。

借り入れするときには、必ず返済計画を立てて、無理なく返済できることを確認した上で借りるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました