SNSや掲示板は犯罪の巣窟!個人間融資で借りるべきではない理由

個人間融資 審査なしでお金を借りる
ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

インターネットの掲示板やSNSなどで手軽に資金調達できる個人間融資だけど、お金を貸してくれる人のほとんどが闇金業者で、その他のケースでも犯罪に巻き込まれる可能性が高いお金の借り方だよ。

 

ここではそんな個人間融資で借りる危険性について紹介するよ。

お金を借りるといえば、銀行や消費者金融が一般的ですが、金融機関で借りる場合には厳しい審査があり、融資を断られることがあります。

 

過去に滞納などの金融事故を起こしている場合には、ブラックリストに載った状態になり、どの金融機関も融資をしてくれません。

銀行や消費者金融などから借りられない人の間で注目されているのが、SNSや掲示板を使った個人間融資です。

審査もありませんし、金融ブラックでもお金を借りることができるため、敷居の低さもあって、若者を中心に利用者も増えています。

ところが、この個人間融資を使ってトラブルに巻き込まれるケースも増えつつあり、現状では安全とはいえないお金の借り方になっています。

ここでは、個人間融資の利用方法と合わせて、どのようなトラブルが発生しているのかについてご紹介していきます。

闇金の恐ろしさについて知りたい方はこちらのページに詳しく解説しています。

高金利だけじゃない!闇金から借りるリスクと対処法
金融ブラックの状態になった人にとって、審査なしで融資をしてくれる闇金はとてもありがたい存在のように思えますが、実際にはリスクばかりが大きく、とても利用をおすすめできない存在です。ここではそんな闇金から借りるリスクについて詳しくご紹介しています。
ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

Twitterでお金に困ってることをつぶやいたら、親切な人が貸してくれるって言ってくれたんだ~。

SNSにも優しい人がいるんだね!

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

ええ!?それって知らない人でしょ!?

 

絶対に知らない人からお金を借りちゃだめだよ!!

個人間融資の恐ろしさについてこれから説明するね!

このページで分かること

無審査で手軽に借りられるということで、若者を中心に利用者の多い個人間融資ですが、以前はお金に困っている人に対して親切に融資をしてくれる人がいましたが、現在はそのほとんどが闇金業者になっています。

個人間融資
SNSなどを通じて見知らぬ人同士が知り合い、金銭の貸し借りをすることをうたうもの。個人間融資であっても、反復継続の意思をもって金銭の貸付けを行う場合には、貸金業の登録を受ける必要がある。個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利の貸付けが行われるほか、個人情報が悪用され、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性がある。

引用元:金融庁「違法な金融業者にご注意!

その結果、法外な利息を払わされるだけでなく、生活が破綻するまでお金を搾り取られる人が増えています。

それだけでなく、銀行口座や携帯電話を言われるがまま提供して犯罪に巻き込まれたり個人情報を売却されて、勝手にお金を借りられたりするなど、たくさんのトラブルが待ち受けています

個人間融資で借りるというのは自らトラブルの中に入っていくようなものですので、絶対に利用しないというスタンスが求められます。

個人間融資で借りる方法

個人間融資で借りる方法

個人間融資は大きく分けて2つの方法があります。

  • インターネット掲示板を使った個人間融資
  • SNSを使った個人間融資

いずれも共通しているのは、知らない人にお金を借りたり、知らない人にお金を貸したりするということです。

知らない人にお金を貸してくれるような人がいるの?と思うかもしれませんが、きちんと利息をつければ利益になるの、意外と多くの人が融資を行っています。

例えば個人間融資掲示板で、「飲み会のお金がどうしても必要なので1万円貸してください」と書き込むと、融資をしたい人がコメントを返してくれます。

金利や返済期日などはお互いで交渉して決めます。

もちろん、お金を貸したい人が書き込むこともあります。

SNSの場合はTwitterを使うことが多く、借りたい人も貸したい人も「#個人間融資」というタグをつけて投稿します。

それを見た人が返信をして、掲示板と同じようにそこからは個人間で交渉をするというのが一般的です。

とてもシンプルでお手軽なのが、個人間融資の特徴になります。

ただし、手軽さとは裏腹に、個人間融資はとても危険なお金の借り方になります。

実際に多くの人がトラブルに巻き込まれており、現状ではSNSも掲示板もお金の借入れ先としては不適切な場所になっています。

なぜ個人間融資が危険なのか、その理由について次章で詳しく説明します。

個人間融資で融資を行っている人のほとんどが闇金業者

ほとんどが闇金業者

個人にお金を貸してくれる親切な人もいるとお伝えしましたが、それは個人間融資がこれほど注目される前のことで、最近は借りておいて返済しないという人も増えてきたため、デメリットが大きいということから個人で融資を行ってくれる人はほとんどいません。

個人で融資を行ってくれる人が減った代わりに増えたのが、個人のふりをした闇金業者です。

闇金業者はご存知のとおり、高利貸しを行っていますので、個人間融資でも違法な金利でお金を貸し付けます。

借りる側はお金に困っているので「それでもいいから」と借りてしまいます。

借りてすぐに返済できればいいのですが、返済できないときには「利息だけ払ってくれればいい」と言って返済期日を伸ばしてくれます。

とても親切なように思えますが、金利がかなり高いため、これを数回繰り返すと、利息総額が簡単に元本を超えてしまいます

闇金業者の狙いはそこにあるので、完済しようとしても、何かと理由をつけて完済させないように誘導してきます。

そして、いつまでも利息を払い続けることになり、最終的には破綻することになります。

これが個人間融資を使ってはいけない理由ですが、実はこの他にもまだ個人間融資ならではのトラブルがあります。

どのようなトラブルが起きやすいのか次章でチェックしておきましょう。

個人間融資でよくあるトラブル

個人間融資でよくあるトラブル

個人間融資で多いのは闇金業者との取り引きによるトラブルですが、それ以外にも下記のようなトラブルが発生しています。

これだけでも、十分に個人間融資を避けようと思うかもしれませんが、よくあるトラブルについてそれぞれ詳しく解説します。

銀行口座や携帯電話を要求される

銀行口座や携帯電話を要求される

個人間融資では利息ではなく、銀行口座や携帯電話の提供を求められることもあります。

銀行口座は簡単に作れますし、携帯電話も新規加入の場合にはそれほど高額ではないので気軽に応じてしまいそうですが、銀行口座や携帯電話を提供することは法律で禁じられています

提供した銀行口座や携帯電話は、オレオレ詐欺などの犯罪に使われることになります。

犯罪が発覚し、銀行口座や携帯電話を提供したことがバレた場合には、共犯者とされてしまうこともあります。

アフィリエイトサイトへの登録をさせられる

アフィリエイトサイトへの登録

利息ではなく、アフィリエイトサイトへの登録を依頼されることもあります。

例えばアフィリエイトリンク経由で婚活サイトに登録をすることで、お金を貸した人には1万円程度の広告費が入ります。

これを利息代わりとしてもらえます。

利息が発生しないならいいじゃないかと思うかもしれませんが、このようなケースでは登録だけさせておいて、実際には融資をしてくれないということがよくあります。

損をするわけではありませんが、時間を無駄にすることになります。

個人情報を売却される

 

個人情報を売却される

 

個人間融資では融資する側が、名前や住所、電話番号などの個人情報の提供を求めてきます。

場合によっては運転免許証のコピーなども必要になります。

貸したお金を持ち逃げされると困るので当然のことですが、この個人情報を売られてしまうことがあります。

売られた個人情報は闇金業者などが購入しますので、それから何度も闇金業者から電話がかかってくることになります。

それくらいならまだいいほうで、渡した個人情報を使ってお金を借りられてしまうこともあります。

知らないところでお金を借りられてしまい、借金の返済を求められることもあります。

お金を騙し取られる

お金を騙し取られる

よくあるトラブルとしては「手数料」や「保証金」としてお金を要求されるといったものもあります。

お金を借りるのにお金を払うのはおかしいと思いながらも、それが当然のように言われると信じて振込んでしまうということがあります。

もちろん、このお金は戻ってきません

振り込みをした途端に連絡が取れなくなり、そのときになってお金を騙し取られたことに気づきます

ちなみに、このようなときの振込先や連絡用電話に、上記でご紹介した銀行口座や携帯電話が使われます。

肉体関係をせまられる

肉体関係をせまられる

女性が個人間融資で借りるときによくあるトラブルとして、「利息は体で払って欲しい」と頼まれることがあります。

最初は「裸の写真を送ってほしい」というようなところから始まり、要求が徐々にエスカレートしていき、最終的には性的な関係を求められます

そのうえお金を貸してもらえないというようなことも実際に起きていますので、女性はかなりのリスクを負うことになります。

個人間融資でトラブルになったときには警察と弁護士を頼る

警察と弁護士を頼る

ここまでの説明で分かってもらえたかと思いますが、個人間融資はかなりリスクが高く危険なお金の借り方です。

でも「自分だけは大丈夫」と思って利用して、結局トラブルに巻き込まれてしまうことがよくあります。

違法な“個人間融資”アカウントは、こうして被害者を騙す為に「自作自演」を行いターゲットを信用させることも少なくない。被害者に別のアカウントで接触し「被害者を救済する」などと言い、さらなる現金を要求してくる例もある。

引用元:NEWSポストセブン「SNSでの「個人間融資」に騙された被害者たちの証言

もしすでに詐欺などの被害にあっているのであれば、警察に相談してください

銀行口座や携帯電話を提供していた場合、自分も責任を問われるのではないかと不安になるかもしれませんが、被害を広めないうちに解決させるのが重要です。

もし闇金業者などに引っ掛かったのであれば、弁護士に相談して解決してもらいましょう。

弁護士費用がかかりますが、闇金業者が相手だった場合、自分で解決することはほぼ不可能です。

できるだけ早く、借金問題に詳しい弁護士に相談してください。

まとめ:知らない人との個人間融資はしないこと

知らない人との個人間融資はしない

手軽にお金を借りられるということで、掲示板やSNSを使った個人間融資を利用する人が増えていますが、それに比例してトラブルになってしまう人も増えています。

ただし、現在は融資をしてくれる人のほとんどが闇金業者で、法外な利息を請求されてしまいます。

それだけでなく、銀行口座や携帯電話を要求され、そこから犯罪に巻き込まれることもありますので、個人間融資で借りるのはおすすめできません。

友人や親などの知っている人との個人間融資ならまだいいのですが、掲示板やSNSを使っての個人間融資は利用しないようにしましょう。

ハネジロちゃん
ハネジロちゃん

確かにネット掲示板やSNSだと顔もわからない人が声をかけてくるから怖いね。

ドゥードゥーちゃん
ドゥードゥーちゃん

個人間融資に手を出すくらいなら、友人や知人に土下座して頼み込む方がマシだよ!

甘い言葉に惑わされないでね。

信頼関係が大事!友人・知人に借りるときの注意点
財布を落としたり、飲み会のお金が足りなかったりしたときに頼りになるのが、友人や知人です。困ったときはお互い様と気軽に貸してくれることも多いのですが、これが信頼関係の崩壊に繋がることもあります。ここでは信頼関係を壊すことなく友人・知人に借りる方法をご紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました